ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 髪クシャ

    「あーもー!泣くなって。」

    そんな事言われても1度壊れてしまった涙腺はそう簡単に修理できない。

    「ううっ…。イケメンハイスペックさんにはわかんないよ!失恋する痛みなんて…!ううっ…!」

    こんなこと言いたいわけじゃない。でも勝手に口が動くのだ。


    「分かるさ。だって今まで、失恋してんだからさ。」


    「え?」

    驚きすぎて涙なんて止まった。好きな人がいたなんて聞いたこともなかった。


    「俺の好きなやつ、今日失恋したんだって。だから泣いてる今、カッコイイところ見せて俺に惚れてもらおうかなって!」


    それって…。


    彼の顔はいつもの余裕に満ちた顔ではなく、真っ赤に染まっていて、明後日を向いていた。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 同居【お題】
    • 告白

    「神崎さん、俺と付き合ってください!」

    私には恋人がいるの、湊川先生以外は眼中に無いの。

    「ごめんな…「神崎!」

    ん??


    断ろうとした瞬間、私の名前を大きく呼ぶ愛しい声。


    「悪いが、神崎と話があるんだ。
    外してくれるか?」

    先生の言葉通り校門の方へと帰る男子生徒。

    「湊川せんっ……っ…」

    !先生の激しいキスに困惑する私は先生の胸を叩くけどちっとも止める気配がしない。


    「せんっ…せい…っ…!」

    「黙ってろ」


    キスが2分ぐらい続いて、ようやく解放された。


    「南、まだ先の話だけど。
    南が高校卒業したら一緒に住もうか」


    「え?」

    いきなりの出来事に頭が追いつかない。

    「南が他の男に告られてんのもう見てらんねぇから。
    返事はいつでもいい」


    「や……いやっ!
    一緒に住みたい!!」


    この時の先生の嫉妬に可愛いと思ったのは内緒の話。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 頭ぽんぽん

    『いったぁ...』

    う...保健室行こっかな?
    只今、生理で2日目なのです。
    てか、保健室遠すぎ。私のクラスは4階で保健室は1階。死ぬ...

    『わっ!』

    落ちるっ!

    「っと、」

    落ち...なかった?

    「大丈夫か?」
    『琉(りゅう)?ありがと』
    「そんなフラフラしてどこ行くんだよ」
    『あ、保健室に...』
    「危ねえな、ほら」
    『わっ!っぁ...』

    姫抱きされて...

    「騒ぐな、痛いんだろ。」
    『なんで...』
    「何年一緒にいると思ってんだよ。生理痛かなんかだろ?」
    『言わないでよ!恥ずかしい...』
    「ほら、保健室。寝てろよ」

    ポンポン...

    『あ、ありがと//』
    「先生呼んでくるから」
    『ねぇ、もう少し傍に...いて、欲しい...//』
    「ん//」

    そう言って袖を掴んだら、手を握ってくれた。
    お腹の痛さに顔をしかめると、強く握り返してくれる琉のことが...私は...

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

私の中のもう一人の“わたし” ~多重人格者の恋~ (秋風月/著)

一言でもご感想をいただけると嬉しいです。必ずお返事します。

  • Min-Gooさん

    こんにちは。

    これを読んでくださったんですね。ありがとうございます。
    Min-Gooさんのような上手な方にお褒めいただくと、嬉しいですが恐縮してしまいます。
    (^^;)

    私は恋愛ものが一番好きではあるのですが、ミステリーやサスペンス、あるいはオカルトやホラー、SFなんかも結構好きで、映像に限られますがアクションも好きです。
    なので、恋愛ものを書いていてもついそれらの要素を入れたくなるんですね。

    本作は多重人格を取り入れましたが、多重人格と言えば映画『サイコ』が有名ですが、個人的には『レイジングケイン』が強く印象に残っていたりまします。

    野いちごやベリカフェの読者様には引かれてしまった感がありますが、読んでくださった方々には感謝したい気持ちでいっぱいです。


    ただ今新作の執筆にやや集中していて、その合間になりますが、Min-Gooさんの作品『きみ、ふわり。』を読ませていただいています。今44ページまで、だったかな。
    スケベな瀬名君に今まであまり好印象ではなかったんですが、だんだん好感を持ってきました。不思議な美少女の正体というか真意? とても気になっております。
    (^^;)

    秋風月   2013/09/29 11:02

  • 秋風月さん、おはようございます。
    遅ればせながら、完結おめでとうございますm(__)m
    主人公の独特な語りがすごく面白かったです。お話しが明解でさくさくスピーディに展開していくので、飽きることなく一気に読みました。ラブコメもサスペンスも大好物なので、この二つが見事に融合した本作、思う存分楽しませて頂きました。
    玉ちゃん、私も好きです(↓の方に便乗(笑))
    受け身ばっかじゃない主人公が個人的にとても好きなので、未経験だったとは思えない大胆さが、気持ち良かったです(笑)
    ここまで発想がブッ飛んでいると、リアリティとかどうでも良くなりますね。あまり書くとネタバレになってしまうんですが、「え?あなたも?」みたいな…。すみません、意味不明なことを。
    正に誰もが気楽に楽しめるエンターテイメント。
    楽しい一時をありがとうございました(*^_^*)

    Min-Goo   2013/09/29 06:46

  • 椿 紗蓮さん

    はじめまして。

    ではありますが、おお、あの素敵短編『ケータイ小説を書くにあたって』の作者様ですか!?
    改名されたのですね? なるほど……

    この度はこんな拙い作品にご感想とレビューまでいただいて、誠にありがとうございます。
    もったいないレビューで恐縮しています。もちろん修正点などは全くありません。

    紗蓮さんは玉ちゃんにご興味を持たれたのですか?
    それはちょっと意外でした。(^^;)

    私も気にはなっていたのですが、オリジナルの玉ちゃんに関する描写が殆どないですものね。申し訳ありません。

    その後の玉ちゃんですが、犯行についてはいわゆる心神喪失状態ですから罪には問われず、その代わり精神科の治療を受けているものと思います。治ると良いのですが……

    本当にありがとうございました。

    秋風月   2013/09/24 19:23

  • はじめまして、椿紗蓮と申します。

    以前、雨宮光という名前でやっていたときに、秋風月様より素敵なレビューいただいたことがございます。その節はまことにありがとうございました。

    そして今回、こちらの作品にレビューを書かせていただきましたので、よろしければご確認ください。拙い文章でまことに申し訳ないです。

    それから内容についてのちょっとした感想なのですが、私が一番気になったのは玉田さんのその後です!なんだか悪役みたいな感じになってますが、オカマの人格の玉田さん、もっと見てみたかったなぁと思いました(笑)なにより別人格がしたことの責任を取らされる玉田さんが不憫でなりません…。私ももともとの人格の裕美のタイプと一緒で、岩崎さんより玉田さんの方がタイプなので、なんだかずっと彼の方が気になってしまいました^^;もし番外編を書く機会ございましたら、彼についてももっと触れて欲しいなーなんて、思っちゃったりしています。

    素晴らしい作品、まことにありがとうございました。レビューの方、修正してほしい点ございましたら、遠慮なくおっしゃってください。

    椿 紗蓮   2013/09/24 18:32