ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 入学式
    • 教室
    • 告白

    今日は高校の入学式。
    友達が出来るか不安だ・・・・。

    早速ぼっちになってしまったらどうしよう。

    まあでも、焦らずに。
    よく思い返してみたら私、中学生と小学生の時友達いなかったし。

    なんかよくわからないけど、私のあだ名『わくわくさん』だったし。

    まあどうでもいいけど。

    「ねぇ、俺と付き合ってよ」

    んだ?このイケメンめ。
    突然私の前に現れやがって。

    「は?って、お前誰?」

    「初対面の人間に向かって『お前』はないだろ?お前、誰に向かって口聞いてんだ?」

    コイツ馬鹿?
    ってかなんなの?

    「なんですか?私になにか用ですか?」

    「いや、特に。『友達になってくれねぇーかな?』って。いや、『友達が無理ならお前の彼氏にでもなってやろうかな?』って」

    彼氏?
    きも。

    「私に話しかけてくるな。どっか行け」

    「へーい・・・」

    言い過ぎたかな?
    まあどうでもいいけど。

    ってか服返せ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ホールドポイント (flea/著)

感想ありがとうございます!

  • 高山さん完読とレヴューありがとうございます!
    シンプルだと言うところを評価してくれてうれしいです。まさにシンプルに書くことを目標にしているのでそこを分かってくれると感動します!
    全く野球を知らない女の子を野球デートに誘って球場で必死に説明しているつもりでかいてたんですけど
    高山さんにも野球の面白さが
    伝わったでしょうか?

    もし伝わっていたらいいなあ…
    と、思います。
    ありがとうございました!

    flea   2013/12/22 15:15

  • お疲れ様です♪ラストは悩んだのではないですか?とてもシンプルなストーリーですし、文章もシンプルにされてますが、そこがこの作品には合うと思います。

    男性作家が、書く良質なスポーツ小説だと思います。

    勝負のシーンや真弓との繋がりの所や仲間達。


    どのシーンも良かったですが、特に勝負のシーンは、ハラハラしました☆

    スポーツや格闘技が個人的に好きだからかも知れないですが、それを上手く表現されてて良かったです。ありがとうございます(^_^ゞ♪

    高山   2013/12/21 15:56

  • 高山さんありがとうございます。
    勝負の場面のお褒めの言葉本当にうれしいです!
    でも勝負の場面は高山さんのプロレス小説の方が上だと思います。まだまだ研究が必要かなとも思っています。

    ラストはもう少しですがお付き合い頂けたら嬉しいです!

    flea   2013/12/11 15:25

  • お久しぶりですね☆更新まで来ました♪勝負の場面ではシンプルに書いてきたのが特に生きたように思います。

    どちらにも勝たせてあげたいしプロになるのが全てではないと思います。特に筒井は欠陥を抱えてますのでね。

    どういう結果になっても良いと思います。

    非常に臨場感が、あって良かったです。

    ラストに近づいて来たように思いますが、楽しみにまた来ますね(^_^ゞ

    高山   2013/12/10 15:12

  • 高山さんありがとうございます!

    物語は佳境ですが、なかなか要アイデアがでてきません!

    ラストはぼんやりとは決めているんですが、書いている内に変わるかもしれません。

    また更新したら読んでくれると嬉しいです!

    flea   2013/11/13 20:34