ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 体育館
    • やきもち

    「どう?調子は?」
    「あ?海堂先輩」

    倉庫の戸が開かないと美友と芹那は言った。

    「この戸はね、押してダメなら?」
    「火をつける」
    「美友ちゃん?違うでしょ」

    芹那のツッコミに海棠は微笑んだ。

    「いいね君、俺とも仲良くしよ?」
    「うわ?フェロモンだだ漏れ……」

    セクシー海棠にビビる芹那になぜか美友がムスとした。

    「どうぞ?お二人で仲良く」
    「え」
    「おっと?」

    こんな美友は戸を横に押して中に入った。

    「あれ、出られない?海棠先輩、出して!」
    「俺を好きって言って」
    「言わないわ!好きじゃないもん」

    「いいのかな?芹那ちゃんと俺でラブラブ」
    「美友ちゃん?そんな事ないから!」

    「……すきです」
    「誰が」
    「海堂先輩」

    ここで彼が開けた戸から美友が飛び出してきた。

    「すきありー」
    「え」
    「捕まえた!」
    「いいよ。もっと捕まえて?」

    こんな二人を芹那は今日も呆れていた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

美少女にびんじょー(非公式コンテスト) (空波 刻羅/著)

ちっ、ぼやけた写真寄越すとは使えん骨め。一眼レフカメラを渡しておくか「通報されますよ……」

  • のたおさん

    おや。
    わたるんがあのメールの宛先不明だったもんで、首を傾げていましたが……∑(・ω・*)はっ


    よもや、理事長権限を使いわたるんのを、職権乱用で入手したのですね((((;゜Д゜)))


    非公式やったあとに公式だったもので、「空波嘘ついている」と誤解される前に章追加です←


    わたるんもみんなから愛されるようになり、私めだけでなく五十鈴たちも鼻が高い思いですよ。



    阿「理事長がお父さんなんて、やーっ」
    (`ε´)


    こら、阿行っ。そんな本音をっ……げふん、失礼しました。


    ではでは

    空波 刻羅   2013/05/08 09:20

  • 『爆乳は永劫愛されるジャンル』、と…送信…。
    お、メール届いてる届いてる。

    いや、お手数おかけしました。
    というか、何となく書いて頂けるような気がしていた思い上がりな理事長です。
    すみませんねぇ、千ページ以上読み飛ばしさせてしまって(笑)
    でも、わたるんの1位は天神読者全員の総意ですので。
    胸張って幸せになって下さいわたるん。
    でも阿行との結婚はお父さんは認めんぞっ。

    野田 のたお   2013/05/08 01:20

  • のたおさん

    いえいえ、会話文だけなのでそれほど時間かけてないです←


    いやぁ、プロフでやらないとあったので、ついつい緊急招集をかけてしまいました(ノ∀`)


    最近、アルカディアをばるんばるん……げふん、わたるんや、病み病みふゆっきーに、骨ボッコしていなかったので気づけば、非公式でコンテストしてしまいました。

    我が家の美少女コンテスト一位はわたるんです (笑)

    空波 刻羅   2013/05/03 23:23

  • これはどうしたものか…。
    お忙しい中、わざわざ天神シリーズに執筆時間を割いていただいて…。
    えーと…。
    感謝はしておりますが…。
    なんか美少女二十選中止にした人がここに顔出しづらい空気に…(笑)

    野田 のたお   2013/05/03 23:18