感想ノート

どうしたって救いなんてないのに、青年はそれを小宮に求めている。そうして、何もかも不正解の糸の端を握らせているのです。なんて生温い残酷さ。

  • 蒼井深可様

    丁寧なコメントをいただいたのに、ああ、私としたことが。
    遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年も貴方の作品を楽しみにしておりますよ。貴方に御多幸あらんことを。

    イトウ先生   2014/01/14 23:40

  • 蒼井深可様

    素敵なレビュー、ありがとうございます。この物語に詩があるとすれば、どんぴしゃりでこれでしょうね。なんだか、ほう、と感嘆の溜息をついてしまいました。

    曖昧なものに名前を付けるのって、とても難しいですよね。そして、その不安定な感情は人間みんなが持っているもの。そのもどかしさや切なさを描けるのが、創作の楽しさでもあります。

    他人の手によって、そうして形にされる。まあでも、困ったことに、チーズも美味しいんですよねえ。

    イトウ先生   2014/01/14 23:37

  • メガネ様

    完読ありがとうございます。
    メガネ様、分かっていらっしゃる。青年には父親しかおらず、なんというか、助けてほしいけれど、助けてほしくないのですよ。もし助けられたとしても、小宮にはどうすることもできない。だけど、どうにかしてほしい。そうして、どの答えを彼が選んでも青年は失望する。考える程、雁字搦め。ないのですよ、ないのです。この物語は生ぬるい。

    まあ、父親を責めないであげてください。といえるのも、私の中では物語が長編だったりするからなのですが、あはは。

    生温い牛乳が好きとな。お主、やりおる。

    イトウ先生   2013/08/25 22:20

  • 楪 小鳥様

    完読とレビュー、ありがとうございます。
    小学生の頃、夏の生温い牛乳が大嫌いであったことを思い出しながら書いた作品です。牛乳の味もよろしくなかったですしね。今の子供達は冷え冷えで美味しいものが飲めるのでしょうが。
    そして、流石というべきか。その“怪しい”という感覚は間違えていませんよ。私の作品では、そういう曖昧な境界線を大切にしています。だって、感情に簡潔な名前をつけるのは難しいでしょう。まあ、私の作品では、恋愛感情がどんな形をして何処へ飛び火するか分かりませんから。想像していただけると嬉しいです。

    イトウ先生   2013/05/19 19:18

  • 高山様

    読んでくださって、尚且つレビューまで、ありがとうございます。
    確かに青春のようではないですね。彼等は“青春”というジャンルでは理想的ではない性格ですもの。私が登場人物に求めるのは、人間くささです。その汚くて、でも捨てきれない、曖昧な生温さを彼等に演じてもらいました。それでいて、人間の生臭さを感じないのは、夢の中であるようにと意識して書いているからかもしれませんが。
    文学、と言っていただけて嬉しいですね。これからも精進していきたいと思います。

    イトウ先生   2013/04/16 20:27

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop