ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月08日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    いっじわるな君

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    ──幼なじみって難しい。

    近くて遠くて、届きそうで届かない、そんな存在。


    「ゆうちゃ.....優心(ユウシン)くん、」

    ゆうちゃん、と呼びそうになって慌てて口をつぐむ。
    たった今、信号待ちでたまたま一緒になった彼は、いわゆる幼なじみだ。

    長谷川優心。
    さらさらの髪、綺麗な二重の瞳、高い背。

    彼自身の性格は目立つわけじゃないけれど、整った顔立ちと優しい性格で、校内では有名人だったりする。

    「...心結(ミユ)、」

    声をかけられるまで私に気付かなかったのだろう。
    ちょっと戸惑って目を瞬く優心くんは、何だか可愛かった。

    「久しぶり、だよね。元気?」

    私は彼に、もう一度近付きたい。

    勇気を出して声をあげると、彼はふわりと笑って頷いた。

    「心結が元気そうで安心した」

    あったかくて優しい、ゆうちゃんの声。


    ──幼なじみって近くて遠くて難しいけどきっと、また近付ける、よね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

人妻と青年 (イトウ先生/著)

taboo作品に便乗して書いてみました。

  • いぬじゅん様

    わあ、はじめまして。いつもいろいろな作品に素敵なレビューを残されていますよね。これは持論ですが、他人のものを他人に薦められる人の作品には良いものが多いですね。

    にしても本当に、嬉しいお言葉をありがとうございます。ケータイ小説というのは何処かインスタントですから、読み捨てになる確率が高いのですよ。そのなかで作品を何度も読んでいただけるなんて、思ったこともありませんで。ああ、本当に嬉しい!励みになります。

    イトウ先生   2014/04/09 21:25

  • 蒼井深可様

    いえいえ。素敵なレビューですよ。ありがとうございます。例えるとすれば「主題歌」でしょうか。うまくまとめられていて、かつ、内容までもを膨らませてくれる。色んな視点から見られて楽しいです。あなたのレビューを読む度にわくわくします。
    精進せずとも、今の貴方で美しいですよ。

    女性心理といえば。この前、友人に薦められてとあるサイトで診断したところ、わたくし一般的女性脳の持ち主だということが判明いたしました。まあ、オチもなにもありませんが。

    イトウ先生   2014/04/09 21:19

  • はじめまして
    何度か読ませていただいてましたが、感想は初めてになります
    イトウ先生の作品の中で、この作品は特に何度も読んでしまいます
    5ページしかないのに、まるで長編をよんだような気分にいつもなります
    特に、最後のページ
    いつも、ズーンと胸に迫り感動する私がいます

    これからも応援しています
    すばらしい作品をありがとうございました

    いぬじゅん   2014/04/08 07:48

  • 楪 小鳥様

    先生が敬称みたいに見えますものね。なんとややこしいのだろう、と私も最近、改名を視野に悩んでいます。

    貴方の解釈、とても好きですよ。複雑な思考ができるからこそ、完成度の高い作品を書けるのだと思います。小鳥さんの文字によって作品が硬質化して、価値の上がるイメージです。ふわふわをぎゅむぎゅむっと。高級感がでます。
    でもそう思うと恋愛って宗教じみてますよね。免罪符的な制度もありますしね。盲信的な信者がいても仕方ないというか。

    なんか絶対って言葉を見て、全く関係ないのですが、漫画「宇宙兄弟」の作中にあった「お前と俺の心の中に“絶対”があればいい」というニュアンスの台詞が頭の中に浮かびました。軽々しい絶対は非難されますからねえ。でも使いこなせたらかっこいいですね。

    イトウ先生   2014/03/31 19:49

  • 高山様

    完読とレビュー、ありがとうございます。この作品は意図が伝わるかドキドキしながらあげた作品なんですよ。
    たまに「昔のあなたの方が素敵だったわ」とか言う人がいるじゃないですか。それって浮気ではないかと思うんですね。だから、青年の彼と会っていたのも、思い出の中に自分が滑り込んでいくイメージで、と話しても、まあ感じて貰えなきゃ意味ないですよね。失礼。

    ファンメに関しては、前に書き上げて、ボツになったものをあげているんですよ。作品にできそうなものをあげることもあるのですけれど。個人的にお気に入りは“花葬”という話です。青年が少女の死体を花畑に置いて去るというシーンを描写しただけの無声描写なのですけれど。

    イトウ先生   2013/08/25 22:09