ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    ―どんなお菓子でも俺は嬉しいよ!



    今日はバレンタイン。
    お菓子作り苦手だけど、頑張ってチョコブラウニーを作った
    浅見君はモテるから、美味しいお菓子沢山貰ってるんだろうな…
    こんなお菓子食べてくれるかな…どうしよ…

    「遙日!」
    「!浅見君」
    「遙日は誰かにチョコあげた?」
    「あ、あげたい人がいて作ってはいたんだけど…私お菓子作り下手で、みんな凄く美味しいの作ってて…私のなんか貰ってもその人嬉しくないと思うから…」
    「あげたい人いるのか〜ちなみにどんなお菓子でも俺は嬉しいよ!」
    「え?」
    「俺がそのチョコ貰いたかったな〜なんちゃって」
    「私があげたい人は…」
    「ん?」
    「浅見君、だよ」
    「え!?ほんとに!?今すぐ食べるからちょうだい!」
    「あ、味は保証しないよ?」
    「味とか見た目よりも気持ちの方が大切だろ?」
    「!」
    「んー!うま!美味しいよ!遙日!勇気出してくれてありがとな!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 告白

    「先輩、一緒に帰りませんか?」
    部活後、声をかけられた
    私は断る理由もなかったので一緒に帰ることに
    他愛のない会話をして歩いていると、唐突に質問された
    「何の日か知ってます?」
    「バレンタインでしょ?」
    「正解!で、僕の分は?」
    「部活でマネージャーからで渡したでしょ?」
    「個人宛はないんですか?」
    頬を膨らませる姿が、なんだか可愛くて私はつい微笑む
    彼は気に入らなかったのか、私を睨む
    「それにしても義理チョコとか友チョコとか女の子は大変だよ…」
    彼が急に立ち止まる
    「海外では男性から女性に渡すらしいですよ」
    彼はバックから小包を取り出した
    「実は、先輩に用意してたんですよ…」
    「先輩が好きです!付き合ってください」
    真剣な眼差しに、鼓動が早くなる
    「…よろこんで」
    私がそう言うと、抱きしめられる
    「…勇気必要だったんですよ?お返し期待してますね…」
    私は答えるように、抱きしめ返した

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

運命みたいに恋してる。 (岩長咲耶/著)

あの、もしもよかった感想を一言お願い致します。
更新の励み、心の支えになります。
よろしくお願いします。

  • 1107あゆむさま

    素晴らしいレビューと感想を、ありがとうございます!
    こんな古い作品まで読んでくださったんですね!

    1107あゆむさまも、色々と悩んでいらっしゃるのでしょうね……。

    生きていくって、結構つらいです。
    背負っている荷物の種類も、大きさも、重みも、人によって本当にさまざまだし。

    そこらへん、世の中って非常にシビアで、かつ不平等な現実です。

    でも私も親として、自分が信じていることを言わせていただけるなら……

    1107あゆむさまのお母様も、間違いなく、七海のお母さんと同じことを考えています。

    お母様も、おつらい思いをなさっていらっしゃるでしょう。
    それは間違いありません。
    だからこそ、1107あゆむさまの存在が必要なんです。

    人間、つらい時って、救いが欲しいです。
    ただでさえつらいのに、ひとりぼっちじゃとても頑張れない。生きていけない。
    だから支えが欲しいです。励みが欲しいです。

    お母様にとって1107あゆむさまこそが、まさにその支えであり、励みなんです。

    この世に、自分を必要としてくれている存在がある。
    それはもう、世界最強の武器であり、防具であり、必殺技であり、反則レベルのドーピングアイテムです。

    手放せません。なにがあっても1107あゆむさまだけは、絶対に。

    こんな世知辛い、不平等な世界の中でも、1107あゆむさまがいてくれるからこそ、お母様は生きていけるんです。

    何度生まれ変わろうと、それは決して変わらない。決して。

    何度生まれ変わっても、何度でもあなたを産みたいと願い、そのための努力を惜しまず、そして、きっと産むでしょう。

    この世に生まれてきた『1107あゆむ』という存在は、それほど価値ある存在です。

    自信を持ってください。

    岩長咲耶   2016/06/27 13:06

  • すーっごく面白かったです

    この作品電車で読んだんですけど

    七海と同じような家庭環境なので考えてることが一緒で号泣しました

    お母さんもこの作品と同じ気持ちなのかなうわぁぁぁー

    周囲に冷たい目で見られたけど気にしません!

    涙で画面が見えないぜ状態でした

    岩長様の作品ぜーんぶ制覇したいと思ってます!

    これからも頑張ってください!

    桜風舞雪   2016/06/26 17:49

  • さーやん☆さま

    読んで下さって、ありがとうございます。

    これ、古い作品なんですよー。
    だから作品一覧では、いつも下の方でしたから。

    でも、自分としてはお気に入りの作品なんです。
    書いた作品は、どれも大事でお気に入りなんですけどね。

    野いちごで書き始めた、記念すべき最初の作品。
    私の出発点です。

    いやもう、よくぞ発掘してくださいました!

    本当に驚きました!
    しかも気に入って下さって、嬉しいです。ありがとうございます!

    わー、お褒めの言葉もいっぱい。
    恥ずかしいけど、すごく嬉しいですーー。

    執筆、がんばります!

    感想、本当にありがとうございました!

    岩長咲耶   2014/10/01 17:24

  • ちょ、なんですかこれ。
    かんっぺきに私好み。
    なんでこの作品に気づかなかったんだろ…。
    七海ちゃんのキャラ、好きです!!
    はっきりしてて、見ててすっきりします。
    最後も、ハッピーエンドで!!
    よかったなぁ、って思います。
    ただ、地面…ちがう、大地がいつから七海のこと好きになったのか、
    気になりますね!!
    まあ、そこは妄s(((
    結論。
    岩長さまの小説は最高です。
    ( ´ 。•ω•。)っ⌒♡。.大好きです。

    さーやん☆   2014/10/01 00:58

  • ひまわりの花様

    新作、書きますよ♪
    今度はファンタジーを書きます。
    ただ今、うんうん唸りながらプロット作成中。
    徐々に形になりつつあります!

    期待してくれてありがとうね!頑張ります!

    岩長咲耶   2013/01/25 12:06