ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 授業中
    • 教室

    「…Aのところに2x+yを代入して…」


    はあっ…
    今日も相変わらずイケメンだな、鈴木先生。
    彼女とかいるのかな…?
    どんなこがタイプなんだろ…?
    私じゃ釣り合わないよね…
    あー!可愛くなりたい!!


    「…おーい!田中!
    聞いてるか?」

    「ふぇっ?」

    「なんだ!その間の抜けたような声は?
    他ごと考えてただろ?」

    「はい。すみません。」

    「何考えてたんだ?え?言ってみろ。」

    「何でもありません。」

    言えるわけないよ…
    先生のこと考えてました、だなんて。


    「もうすぐテストだからなー!
    分からないことがあった何でも聞けよ!」




    鈴木先生。
    数学の解き方よりも、先生のことが知りたいです。
    先生のこと、私に教えてくれませんか…?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中

    んっ…頭が重い…

    あれ?
    私寝てた?
    ここは保健室…?

    「あ!野村さん!目が覚めた??
    授業中に倒れちゃったのよ、あなた。
    軽い貧血よ。
    私は職員室に行ってくるけど…
    しばらく横になっていなさい。」


    貧血か…

    そういえば、誰が私をここまで運んでくれたんだろ…??


    ガラガラっ
    「やっほー! ゆーこ!
    起きた??」

    「ななみ!」

    「まじでびっくりしたよ!
    授業中にいきなり倒れるんだもん」

    「ごめんごめん」

    「それにしても、あの時の安部には驚いたよ」

    「安部くん?」

    「そうそう!安部!
    倒れたゆーこのことお姫様抱っこして保健室まで猛ダッシュだよ!
    あんた達どういう関係なの??


    あっ!次の授業始まる!
    じゃあね!お大事に!」


    うそ…
    安部くんが私のこと
    お姫様抱っこ…??


    いつも遠くで見てるだけだった憧れの人。

    私に奇跡が起きた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 授業中
    • 保健室

    ―好きだよ
    まさかこんな幸せな事が怒るなんて―


    「ここは…」
    確か休み時間に階段で、立ちくらみがして…

    「あ、体大丈夫?」

    「!?ど、どうして新先輩が?」

    「君が倒れかけたのを見て、保健室まで運んだんだ」

    「運んでくれたんですか!なんかごめんなさい!」

    ―ドサッ

    (先輩がベットに座ってる!!なんかドキドキする)

    「緊張してる?顔真っ赤だよ?可愛いな〜」

    (ほ、ほっぺ触ってる!!)

    「俺ね、実は…」

    (??どうしたんだろ…)

    「君のことが…好きなんだ」

    「え!?」

    「俺と付き合ってくれる?」

    「え!?わ、私ですか?」

    「うん…OKならギュッってして、?」

    ―ギュッ

    「断るわけ…ないじゃないですか。私中学の時からずっと好きで…」

    「それは嬉しいな。俺と同じだね…じゃあ、キス…してもいい、よね?」


    「好きだよ」

    ―チュッ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

あなただけ、見つめてる【恋瞬バトン】 (祠/著)

  • ジウさん

     こちらにも、ありがとうございます♪

     ふふふ、僕のコトを師匠と呼びましたね?

     よ・び・ま・し・た・ね?

     よし!

     我が弟子よ!!

     新たなる文章の着地点を見つけるため!

     何事にも動じない、強い心を得るため!!

     うさぎ跳び千回!(なぜ(笑))

     夕日に向かって走るんだ(止めておいた方が((^_^;)))

     ……って言うことに慣れると、大抵のことに平気になります。

     恋に落ちる瞬間って、本当に色々☆

     両想いになれれば、とても素敵だけど、片思いでも、良いな☆

     誰か。好きになれる人がいるだけで、人生変わるからね☆

       2012/10/02 17:53

  • 祠さん、こんにちは。だいぶ遅れてしまいましたが、ようやく祠さんのお話にたどり着きました。おかけで、朝からなんだか幸せな気持ちになれました。ありがとうございます。

    イケメン橘君とそうではないかもしれないけど、カッコイイと感じてしまう林君。この差はなんなのかしら…つまりは何に惹かれるか?理由のわからないものこそ気になって考えているうちに、始まっているのが恋なのでしょうかね??

    恋に落ちる瞬間ってすごいなー、、、

    いや、それ以前に…どんなことにも動じない、うまく受け流せると言える祠さんが私はうらやましいです。尊敬してしまいます!どうしたらそうなれるんでしょうか!師匠っ!!

    ジウ   2012/09/30 10:18

  • 祠さん、えー、これ、祠さん~!?

    てな、感じで(笑)読ませて頂きました!

    みゆは人を見る目がある子ですね~。
    林くんの気持ちはどうなんだろう?

    林くんサイドがあればいいのに、なんてね♪

    では、次のヤコちゃんの企画も頑張りましょう(*^o^*)

    ありがとうございました!

    泉ヒカル   2012/09/17 00:56

  • つきひと さん

     お久しぶりです~~

     他のお嬢さん方に『いつになく』とコメントをいただくぐらいまれに、爽やか路線で描いてみました。

     最近読みだした有名な少女マンガの影響で。

     当たり前の日常を。

     そんなにめちゃくちゃな出来事がなく

    →人が死んだり、病気したり、ましてや空を自力で飛んでみたりせず。

     描いてみて、それでも『面白い』ものって実は、とっていいんじゃないか、と最近想うようになりました。

     たった千文字ですが、ソレの練習台には丁度良く、ためしてみたのですが……

     わははは→もはや笑うしかない。

     難しいですねぇ。

     小松さんの絵で、大分救われました。

     そして。

     つきひとさんから『続きを読みたい』とコメントをいただき、思わず携帯画面を拝んでしまいました。

     まだまだ、いろんなことを描いていきたいです。

     また、気が向いた時にでも、ぼちぼち。

     僕の物語に付き合っていただけたら、幸せです。

     今回も、どうもありがとうございました♪

       2012/09/05 12:16

  • りゅう* さん

     こちらまで来ていただき、ありがとうございます♪

     僕もりゅう*さんと一緒の企画が出来て、とても嬉しかったです♪

     かなり年をとってしまった今となっては。

     どんな艶っぽいことに出くわしても、まず、たじろぐこともなく。

     大抵の色恋沙汰の場面に出くわしてもカワす自信があるのですが。

     昔は、本当に些細なコトでも、どきどきしてたなぁ、とやっぱり遠い目をしながら描いてみました。

     努力をする人って、僕も好きです。

     人間には、やっぱり才能、って言うモノが存在し。

     ちらっと見るだけで、何でもできてしまうヤツとそうでないモノがいて。

     大抵、何でもできるヤツのがいいコトがあるようです。

     でもね。

     幻想かもしれないけど、やっぱり。

     頑張った人は報われてほしいなぁ、と思って描きました。

     短いけどね(^_-)-☆

     またりゅう*さんと、何かの企画でご一緒出来たら嬉しいです♪

       2012/09/05 11:59