ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    English Class

    ○君がキョロキョロしているのを発見
    口パクで教科書のページを伝える私に気づいたが、伝わらない…
    指で1・2・5としてみる
    ○君は1度頷いて、教科書を広げる
    伝わったみたい!!
    その後、
    彼は後ろを見ずにGoodの手だけを見せてきた
    私は、
    安心と同時に顔が熱くなるのを感じた
    実は少し恥ずかしかった/////

    誰も知らない私だけのちょっとした
    幸せな時間

    例え、あなたにとっての些細なことでも
    私にとっては1日で1番嬉しかった事!

    あなたの行動に意味はありますか?
    特別な意味があったらいいのに…
    と願ってしまう私の気持ちを見透かして欲しい

    開く閉じる

    • 同級生
    • 教室

    いつからこうなっちゃったんだろう。

    自分の席に座り、少し首を横に向ける。
    視界に入ったのは、またあの子と楽しそうに話すキミ。

    私とキミは、学祭で仲良くなって、その日から沢山話すようになった。
    いつの間にか好きになっていて、キミに思わず伝えてしまったこの気持ち。
    キミは、笑って「俺もだよ」って言ってくれたね。
    でも、付き合わなかった。
    付き合った瞬間、終わる日が来るんじゃないかって怖くて。

    そうしていつからか、キミと話すことが減った。
    学祭の頃に私に沢山話しかけてくれたように、今度はあの子にその笑顔を向けているんだね。

    もうキミを忘れようと思う。
    苦しくて辛いこの毎日から早く逃げたくて。

    「茉奈」

    声がした方を見るとキミがいた。

    「泣きそうな顔してるよ。大丈夫?」

    ほら、忘れようとすると、キミが優しさを見せる。


    だから恋って苦しくて、悲しくて、辛い。
    神様は意地悪だ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 寝言

    「むぅ……」



    びくぅううう!!


    「せ、先輩…?」




    「すぅー…すぅー…」


    びっくりした…


    隣で寝ている彼女、みゆ先輩が熱を出した



    「す、すごい汗…」


    先輩の前髪を分けようとおでこに
    手を近づけた瞬間……




    「えへへ…… かいくん、だぁーいすき」





    笑いながら俺の名前を呼ぶ先輩


    驚いて声をかけるも応答なし



    「寝言かよ……」




    いつもはツンツンな先輩が甘えを出すとき
    俺はおかしくなる



    「…先輩。俺は愛してる。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

『短編』甲子園より、愛をこめて (海野かもめ/著)

甲子園球場に行った記念に書いてみました。

感想をいただけると励みになります(*^_^*)

  • 恋。さんへ

    お久しぶりです!
    お返事が遅くなり申し訳ないです(>_<)

    恋。さんも甲子園に応援に行ったことがあるんですね!
    あそこで応援するのって、ワクワクするし、ほんと特別ですね!
    この作品は、もし自分が高校生だったらこんな恋に憧れるな〜、なんてのを想像しながら書きました。
    お楽しみいただけたようでよかったです!

    お付き合いくださり、ありがとうございました‼

    海野かもめ   2013/01/17 01:09



  • こんにちは。

    読ませて頂きました。
    私も、甲子園の応援に行ったことがあって、凄く共感出来ました。
    特に自分の知り合いが球場に立ってると、応援してるだけの自分と、応援されてる球児との距離感にあ然としするものですよね。

    普段はただのクラスメイトでも、
    なんとなく球場では違う人に見えたり。

    なんだかとても、熱い想いで読めました!
    ありがとうございました。

    恋。   2013/01/15 08:02

  • 月原さんへ

    はじめまして!甲子園より、愛をこめてを読んでくださり、ありがとうございます!
    そして感激モノのレビューまで!ありがとうございます!ありがとうございます!
    急がずゆっくり味わって読んでほしい、というコメント!最高に嬉しかったです(>_<)夏の甲子園の空気と、学校での日常が交差している作品なので、その場その場の空気を味わっていただけたらな〜と思っていたんです!
    月原様に味わっていただけて、本当に光栄です!

    私の妄想爆裂作品にお付き合いくださり、ありがとうございました!

    海野かもめ   2012/09/01 00:36

  • シスコさんへ

    さっそく新作を読んでくださり、ありがとうございます!そしてがっつり素敵なレビューまで!(>_<)
    しかも、私の作品なんぞで涙していただけたなんて!!
    ありがとうございますありがとうございます!!(T_T)

    背番号1の彼、実際のモデルがいるので、妄想がどんどん膨らみ、書きながら萌えておりました(^_^;)(危ない主婦だ…)
    光る汗、苦しい表情、彼を見つめる眼差し……
    青春の風を感じていただけて、よかったです、嬉しかったです(*^_^*)

    私の作品にお付き合いくださり、ありがとうございました!!

    海野かもめ   2012/09/01 00:27

  • こんにちは(^^)/
    先日は嬉しすぎる素敵コメントをありがとうございました♪

    この作品、短いのにかなり感動してしまって、涙した私です…
    夏の高校球児は本当に観る人を感動させてくれますよね☆
    映像が、目に浮かびました。

    背番号1の彼を想う主人公の気持ち、すごくわかります!
    運動部で頑張る男の子に恋をしてると、休みなのに学校へ来たくなるんですよね。
    マネージャーに対してちょっと複雑な気持ちを抱くのも覚えがあるので、なんだか懐かしかったです(*^^*)

    爽やかな夏をありがとうございました!

    来海シスコ   2012/08/31 14:56