ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 独占欲【お題】

    私は今、ものすごく困っているのです!!

    私のヒロくんは見ての通りちょーー笑顔が素敵なのです

    そんなヒロくんを独り占めしたい衝動が抑えきれないんです

    「なに? 顔になんかついてる?」

    そんなことを思っているとじっと見つめてしまっていた

    「なぁ」

    「は、はい!!!」

    突然話しかけられて物凄い勢いで返事をしてしまった

    「ふっ、どうしたの?」

    「い、いやなんにもないです
    それより続きを話してください」

    「今、俺物凄いお前を独り占めしたい」

    私と考えてること一緒だったなんて…

    と感心しているとたくさんのキスがふってきて

    彼をもっと好きになった最高の日でした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 独占欲【お題】

    「逃げるな! ふざけるな!」


    私の足はおぼつかない様子で、何度もよろけながら走っていく。

    それはもう走っているというものではなく、膝をがくがくと震わせ、何度も階段に手をつきながら前に進んでいくものだった。

    当然、すぐに追いつかれてしまい、私の腕を掴み、勢いよく抱きしめてくる。

    二人して屋上の地面に倒れこむ。

    先輩は私を下に押し倒すと、力ずくで抑え込み、くちづける。

    無理やり口を開かせ、舌を絡め取り、犯してゆく。

    唇が離れたとき、彼は熱を持った瞳で私を見下ろしていた。


    「逃がさねーよ。お前は誰にも渡さねー」

    「先、輩……」

    「お前は黙って俺に愛されていればいい。他の男は見なくていい」


    熱い。

    あまりの激情に私は胸が苦しくなって、泣きそうになる。

    先輩の愛は重たいほどにいとおしかった。

    私も彼を独占したい。

    そう思い、私は先輩にまたキスをするのであった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 独占欲【お題】

    「遥ちゃんに聞いて欲しい話があるんだけどさぁ。」

    「うん?」

    押し付けられた日誌を書きながら、あたしを待ってくれている祐介の言葉に耳を傾けた。
    あたしの前の席に座って、日誌書いている机に肘をつきながらダルそうに口を開く彼。

    「どっかの完璧な彼氏様を差し置いて、遊びに行こうとする女がいるんだってよ。」

    「…。」

    「それも男がいんだよなぁ。」

    「…あの。」

    「焼肉だとよォ。」

    「ネチネチネチネチうっさいな!!」

    思わず怒鳴るとポキンッとシャー芯が折れた。祐介はジッとあたしを見つめたまま動かない。

    「たかが打ち上げでしょ。」

    「口ごたえか?」

    「祐介は嫉妬?」

    祐介はあたしの顔を両手で挟むとグッと顔を近づけた。

    「悪ぃかよ。」

    「…ちょっとウザイ。」

    「ンだと?」

    「心配なら、祐介来れば?」

    「お前が行かなきゃいーだろが。」

    「無茶言わないでよ。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

神様修行はじめます! (岩長咲耶/著)

もしも、よかったら・・・

ひと言、ご感想など書いてくださると、嬉しいです。
今後の励みになります。

  • すごくすごく素敵でした!!!

    登場人物1人1人に個性があって、いきいきしていて、世界観に引き込まれました…!!

    作品を読んでいても、現実で何かが起こっても、「きっと門川くんならこんな時も冷静なんだろうなぁ…」とか、「岩さn…じゃないジュエルさんなら気丈に振る舞うんだろうなぁ」とか、「里緒がいたら面白いだろうなぁ」って、考えてしまいます…(。 >艸<)

    目の前に里緒や、門川くんや、絹糸や、岩さんや、セバスチャンさんが、浮かんできて、動いているみたいで、もう…すごいっ!!

    自分の語彙力が無さすぎてこの感動が伝えられないのがもどかしい…( º﹏º。 )ウウ

    この作品に出逢えて嬉しいです!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

    こんな作品が書けるなんて!!本当にすごすぎます!

    5話の更新、番外編が読めるようになるのがすごく楽しみです♡
    これからも応援しています!

    美郁   2017/04/22 18:54

    美郁様

    お返事が遅れまして、大変申し訳ありません。
    このシリーズを好きになって下さってありがとうございます!
    レビューもありがとうございますー!

    美郁様の日常生活の中に、私の作品のキャラたちが自然に息づいているのですね。
    なんて素敵なことでしょう!
    書き手として、こんな光栄なことはありません!

    私が自由気ままに書いている物語を、こんな風に優しく受け入れてくださり、大切にしてくださる方々の存在は、本当に本当にありがたいです。
    もったいないほどの、たくさんのお褒めの言葉も本当にありがとうございます。

    まだまだ稚拙な作品しか書けず、自分の実力不足に歯噛みする日々です。

    自分なりの努力に結果がともなわず、空回りが情けなくて落ち込むばかりの毎日ですが、それでも、
    『さあ、この足を、また一歩前に出してみようか』
    そんな風に考えることができるのも、美郁様や読者様方のおかげです。

    こちらこそ本当に嬉しく思い、皆様に感謝しております。
    其の五の更新をお休みしておりましたが、ようやく明日(あ、もう今日か・汗)から再開できそうです。

    どうぞ、この物語の結末までお付き合いくださいませ。

    感想とレビュー、本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2017/04/24 01:11

  • 蒼 宇宙さま

    初めまして。
    私の本をご購入下さって、ありがとうございます!

    未熟ながらも全力で作り上げた作品ですので、
    そんな風にお褒めの言葉をいただけると、
    本当に本当に嬉しくて、涙ぐんでしまいます。

    自分が紡いだ世界に、共感してくださる方がいる。
    好きだと言ってくださる方がいる。
    それは書き手にとって、なによりも嬉しいことなんです。

    何度お礼の言葉を申し上げても足りないくらいです。
    本当にありがとうございます!

    遅筆で、ヘタレ根性で、未熟者ではありますが、
    自分が書きたいと思う世界を、これからもチマチマと書き続けていきたいと願っています。

    感想、本当にありがとうございました!

    岩長咲耶   2017/02/20 12:56

  • はじめまして
    岩長さんの作品は、出版した本を買って
    学校の休み時間に読んでいたら号泣してしまって
    大変でした。
    でも、そのくらいとっても面白かったので
    これからも応援しています!
    岩長さんの作品大好きです!

    蒼 宇宙   2017/02/20 01:24

  • 夢陽炎さま

    この作品を読んでくださって、ありがとうございます!
    この世界と、この物語をこんなに愛してくださって、本当にありがとうございます!

    私が生み出した大切なキャラクターたちの心情を、丁寧に読み取ってくださって嬉しいです。
    それぞれが、それぞれの想いを抱えて、自分の道を精いっぱい生きていこうとする姿を書きたかったんです。

    そんな姿を読みながら、読者様たちが泣いたり笑ったりしてくれたらいいなぁ……って。

    尊敬だなんて、いえいえ、とてもとてもそんな!
    もったいないお言葉で、恐縮ですぅぅ!(汗)

    続編も読んでくださるようで、すごく嬉しいです。
    なにしろ昔の作品なので、色々と至らぬ部分が多くて……。
    すみません! な、生温い目で見守りながら読んでくださると、ありがたいです!

    読み終わったときに、少しでも夢陽炎様の心に、何かを残せますように!

    感想、本当にありがとうございました!

    岩長咲耶   2016/06/09 12:24

  • はじめまして!
    今回、この作品を読ませていただきました。
    もう、途中で涙がなんどもあふれて、視界が歪みすぎて字が読めないくらいでした。
    ファンタジー物がものすごく好きで、この作品に出会えてホントによかったです!
    キャラクター達にも、しま子の健気さと、永久くんの優しさと、絹糸のちょっと尊大な 態度と、奥方への若干のいらだちと...etc
    物語に引き込まれてしまい、それぞれのキャラクターの心の内を知って
    もうほんとに心が締め付けられるような感覚がしました。
    まだ、弐の方は読んでいませんが、こちらも読ませていただきます!
    これからも頑張ってください!一読者としても、尊敬する作家さんとしても、
    沢山応援してます!

    夢陽炎   2016/06/09 01:42