ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    今日は私の17回目の誕生日
    ·····そして、大好きな人とのお別れの日


    ピッピッピッピッ

    「満夜(まよ)、グスッなぁ逝かないでくれよ。俺、お前がいなくなったらどうすればいいんだよ」

    「ごめん...ね、海都。そん、なにッ...泣かないで。ゎたし、海都と入れて、幸せだっ、たよ」

    ごめんね海都。ずっと一緒にいられなくて。

    「満夜...俺もっ幸せだった!グスッ俺、満夜のこと支えてやれたかな?」

    「もちろん。」

    「私ね、海都の...お嫁さんになって...ゎたしたちの子どもと笑って生きるのが夢だったんだよ。でも...叶わなく、なっちゃったね」

    「俺もッ同じ夢、持ってるよ。そんなの、来世で叶えればいいじゃん」

    「そう、だね」

    「あぁ。約束だ」

    「約束、だよ!」

    「満夜、俺の彼女でいてくれてありがとう」

    ピーーーーー

    ·····ありがとう、海都。来世でまた逢おうね。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「帰るぞ」

    そう言って私の教室のドアに立っているのは幼馴染の京介だ。

    「今準備してるから待って」
    「美羽はいつも遅いなあ」

    とか言いつつ京介はいつも待ってくれる、そんな京介が好き。

    「…つか美羽好きな人いんの?」
    「え?!」

    なんでそんなこと聞いてくるの?普段恋話なんて一切しないのに、まさか私が好きなことがバレた…とか?
    だとしたら、京介はなんて言うのかな

    「いるって言ったら…?」
    「まじ?ならいっか」
    「なにが?」
    「俺、今好きな人いるんだけどその子が俺と美羽の関係気にしてたからさ、美羽に好きな人がいるなら、あっちも安心かなって」
    「あー…なるほど…」

    もしかしたらって思ってる自分がいたことに恥ずかし過ぎて、泣きそうになった。

    「まあ、俺たちただの幼馴染だし、心配されるようなことねえよな〜」

    こんな想いをするくらいなら幼馴染なんかになりたくなかったよ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「先輩来てるよ!」


    その声に窓からグランドを見下ろせば
    幼なじみのアイツが居た


    『俺、お前の事大事にしたいから』


    そう言ったのはあんたでしょ?



    人の気持ちも知らないで
    今日も違う女の子連れて
    そうやってまたカッコイイ姿をみせ付ける



    "ワタシダケヲミテ"


    そう言えたらどんなに楽だったのだろう




    近すぎて遠いこの距離に溢れていた想いは
    もう枯れ果ててしまったのだろうか?



    それでもアイツの笑顔が大好きだ




    甘い甘い恋人たちの歌・・・
    イヤホンから聴こえるラブソングに嫉妬して
    慌てて音を消したんだ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

桃色の蜘蛛、只一つの罪【短篇】 (笑夜/著)

  • 流木さん

    こんな一期一会もあるのかなあと思います。

    彼女が彼に恋愛感情を抱いているのかどうかはわかりませんが、感情が動く、感情が芽生えると言う意味では人を好きになるのと似ていますね。

    いつもコメントありがとう。

    笑夜   2009/02/14 17:27

  • たった一つの優しさ……


    私は今、偽善じゃなく、優しく愛したい人がいるので、すごく胸に染みるお話でした。


    人に伝える…伝わるって難しいなって最近よく思います。


    なんだろう…なんか読んでて泣けてきました。


    うまく作品の紹介もできずに感想が終わってしまいました。すみません。

    流木   2009/02/12 01:24

  • レンズさん

    この話は前作を描いてからしばらく間がありました。

    光のない話に少し灯りを灯したかった感じです。

    一瞬の交差で人生が変わる事もあるのかなぁ、と。

    ピンクスパイダーは……好みです。


    いつもありがとう。

    笑夜   2008/08/24 12:59

  • 前半に畳み掛けるような虚無感と後半から始まる主人公の心情。そして、前作に纏わる糸使いの巧さ。

    そして二つに分けられた作品のセンス。

    狼だって、きっと腹を見せますよ的に感服です。

    しかも、ピンクスパイダーと来ましたか!

    いやぁ、参りました

    蜘蛛谷レンズ   2008/08/15 20:33

  • 菫顔さん

    はじめまして
    こちらからコメント拝見してしまいました…のでこちらから

    その通り、ドラマのように巧くは絡めないのが現実ですよね

    しらない内に何かが起きている可能性もあるのでしょうが、知らないままの事のほうが多いんですよね

    せめて、『小さな~』の主人公に光を当ててやりたかったのと、こっちの主人公にも誰にもわからない何かがあるのかな…と

    素敵なレビューも拝見しました
    もったいない言葉に感激です

    では、向こうに…

    笑夜   2008/04/23 22:48