ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

中指斬残、捌断ち儀 (空波 刻羅/著)

「わたるんは私が守るー。いっぱいおぶさって幸せにしてあげるの!(≧∇≦)」ぐ、ヘブンズ、あ、いや、阿行。今まさに、あなたの目の前に幸福を欲する人がいるので、さあ、存分にそのおぱ、あ、いや、私めにおぶさってください!「あ、あっちにぐちゃぐちゃの骨がいるー。大丈夫ー?(´・ω・)」あ、阿行、どこへ――って、うわーん。骨に負けたあぁぁ!

  • まどれーぬさん
    こんにちは
    この作品が完結してから三年以上経つのかと、改めて思いました

    私め自身も思い入れありますので、わたるんたちの物語を書き始めから終わりまでに至る感情はつい先日のことのように思い出せます。

    書き手としてわたるんの生涯をどれほど上手く文字に起こせるか、下手な文章で読者に与えられるのは陳腐な話。私めの至らなさで陳腐な浅はかな事柄にしたくはなかったので、随分と頭を悩ませたものです。

    ですので、こうしてわたるんはもとより、本作の登場人物に対して様々な感情が巡るほど作品に没頭し、かつ最後に感動したと言われるのは非常に報われます。きちんと伝えられたと。

    長い年月が経っても色あせることなく大好きな作品と言ってもらえて、嬉しさ二倍です(笑)

    うらばなしや、他のヤンデレ作品にも目を通してもらいありがとうございます。なかなか更新には至りませんが、それでも読まれる喜びは変わりません

    書き込み、ありがとうございました
    またいつでもお越しください
    ではでは

    空波 刻羅   2017/01/04 10:08

  • 本当に大好きな作品です。
    何回読み直しても、その度に違う物語を読んでいる気持ちになる。ここまで人を惹きつける作品に出会ったのは初めてです。3年前にこの作品に出会い、当時は少し浮世離れした渉とその仲間達の物語が大好きでたまらなかったのですが、今では空波さんの世界観が愛しいです。嬉しい、悲しい、などという言葉を殆ど使わずにここまで気持ちを繊細に表現でき、情景描写が多いからこそ言葉では伝えきれない言葉がイメージとなって伝わってくる技術は、どれ程の才能と努力の賜物なのか想像もできません。もちろん空波さんの他の作品も大好きなのですが、この作品は好きや嫌いなどという感情を超越し、ぐちゃぐちゃに掻き回されて、結果やっと素晴らしいの一言が出るくらい私にはインパクトがあるものでした。うらばなしも全て読み、どのような努力をされ、どのような気持ちで作品を描いているかにも感動しました。私もヤンデレが大好きなので楽しくも読まさせていただいています。長文な上に熱狂的に語ってしまい、引かれるかもと思ったのですが、どうしても伝えたく、コメントさせていただきました。もともとこの作品にコメントする為だけに作ったアカウントなので、他の好きな作者に少しコメントしてから、これは消そうと思います。もしこれを読んでくださっているならば、これ以上ない幸せです。ありがとうございました。

    まどれーぬ@0922   2017/01/03 16:50

  • 陽やみすさん

    こんにちは
    なかなかの長編となりますから、根気よく読んでもらえれば幸いです(笑)

    ばっちりのホラーですので、夜中にお一人で読むことを推奨します←

    ではでは、書き込みありがとうございました

    空波 刻羅   2016/12/28 16:37

  • まだ、序盤しか読んでないんですけど
    コトリバコが出てきたのでオカルト大好きな人にはたまらない感じの作品かなーって。最後まで早く読みたいです
    ドキドキ。空波さんの作品サイコー!

    s_cherry   2016/12/27 22:40

  • 涼風太郎さん

    こんにちは

    長編を何度も読んでもらえるとは、こちらも書いたかいがあります。更にはこうして完結から月日が経とうとも読まれ、言葉を残してもらえることの素晴らしさをしみじみ思います。

    物語前半は可哀想な少年でしたが、一人一人と血の繋がりはなくとも家族が増え、成長していくわたるん。最後には家族だけでなく、みんなから愛される存在になったことを至福に思います

    中指の歌は、今作書いている段階で私めは何度もリピートしていました←

    今でも時折ふと思い出してしまうほどです

    ではでは、書き込みありがとうございました!

    空波 刻羅   2016/09/07 00:04