ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

君へ、約束の歌を。<実話元> (愛璃v/著)

『君へ、約束の歌を。』は、実話を元にした小説です。
話の内容が内容だけに名前を始めとして少しフィクションも加えてありますが、私の実体験・素直な気持ちです。
小説とも呼べないような、私の想いを綴っただけの物語ですが、誰か一人でも、この物語を読んで心に響くものを受け取っていただければ…と思い記しました。
感想、お待ちしています。

  • いちばん近くにいたのに気づいてあげれない悔しさは僕も経験したことがあります。でも愛璃さんが裕さんのあとを追わなくて本当によかったです。この話が読めて僕はまた生きていようと思いました。

    海影    2016/10/29 20:59

  • 僕は中学3年生として今を生きています。
    あの頃の愛璃さんと一緒ですね。
    僕のクラスでははっきりとしたいじめは自分が見ている限りありません。でも学校全体、日本全国、世界中では今この瞬間にもいじめで苦しんでいる人がいるかもしれません。

    海影    2016/10/29 20:56

  • 私も自殺で知り合いを亡くしたことがあります
    その日は私の誕生日でした
    小説読み進めていくうちに共感できる部分が本当に多くあって…実は自殺で亡くしたのは3人いるんです
    よく、時間が解決してくれるって言われるけど時間が経っていくたびにあの時気づいてあげていればとか無力な自分を責め続けてしまったりとか

    それからは誕生日も誕生月も大嫌いになりました
    ただ、一つだけ言えることはタヒにたいほど悩み苦しんできたんだから天国でゆっくり安らかに眠ってほしい、逝くべき場所に導かれて逝ってほしい
    常にそう思ってます

    この小説書いて下さった貴方が後追わずに生きてくれてること本当によかったと思います
    一人のタヒをきっかけに後追い自殺した子がいました。生きるってほんと辛いことですよね
    こういう経験してると尚更辛く感じることってありますよね
    自殺者いなくなること切に願います

    桜井しおりん   2016/09/27 14:35

  • 私はイジメで自殺した人のニュースを見るたびになんでイジメって言葉があるんだろう。なんでイジメをするのだろう。なんでイジメはなくならないんだろう。って思います。自分の友達がほんとにイジメにあってたら私はちゃんと助けてあげることができるだろうか、もし自分がイジメにあったら友達に言えるだろうかって考えます。
    大切な親友をなくして本当につらいことがあったと思います。それでも前を向いていこうとする愛璃さんに元気をもらいました。私も友達がイジメにあってたら絶対助けたい、自殺なんてさせたくないと思いました。これからも頑張ってください!応援しています。

    かえ712   2016/08/12 00:52

  • ありがとうございました
    この一言しか言葉にできません
    もっと言葉でこの感情を
    伝えたいのに…
    挫けても辛くても生きていきますありがとうごさいました

    もまみ   2013/12/08 02:09