ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ずっと消えない約束を、キミと〜雪の降る海で〜 (河野美姫/著)

貴重なお時間を遣っての閲覧、本当にありがとうございます(*^^*)
シリアスな内容になりますが真剣に執筆していますので、もしよろしければ一言だけでも残して頂けると嬉しいです(*´艸`)。○

  • 優秀賞おめでとうございます。
    もう涙線がゆっるゆるで涙が止まりません。
    ほんとに周りの大切な人が健康に生きている事に感謝ですね。
    とても良い作品でした
    これからも頑張って下さい。

    さえー   2020/02/02 20:16

    さえーさま

    『雪海』を読んでくださり、素敵な感想とお祝いのお言葉をくださって、本当にありがとうございます^^

    ひとつひとつのお言葉はもちろん、涙が止まらないことをお聞きして、感動しています。
    応援していただけることも、とっても嬉しいです。

    本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2020/02/04 07:47

  • 涙がまだ止まっていないまま、感想を書いています。
    すっごく強い子ですね。わたしならずっと泣いているかもしれません。

    笑うと決めたこと、二人の子供を作ろうと決めたこと、命を大切にすると決めたこと、何もかもが素晴らしくて、感動しました。

    しばらくは、この余韻で生きていけそうです(笑)

    ✳︎菜月✳︎   2020/02/01 01:42

    ✳︎菜月✳︎さま

    『雪海』を読んでくださり、素敵な感想を書いてくださって、本当にありがとうございます^^
    温かいお言葉にとても感激しています!

    甘えん坊だった渚の成長が伝わったこと、「しばらくは、この余韻で生きていけそう」なんて言っていただけたこと、たくさん褒めていただけたこと、すべてが本当に嬉しいです。

    本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2020/02/02 05:54

  • 涙 💧💧
    すっごく切なく感動的でした、、だけど、本当にいいお話で何回涙を流したか 🥵🥵
    ほんとに美姫さんの大ファンになりました!!!

    恋鯉.   2019/12/05 16:16

    恋鯉.さま

    『雪海』を読んでくださり、素敵な感想までくださって、本当にありがとうございます^^

    感動していただけたことも、大ファンになったと言っていただけたことも、とても嬉しいです(´;ω;`)
    私の方こそ、恋鯉.さんの感想に本当に感動して、パワーをいただきました!

    本当にありがとうございました*°

    作者からの返信 2019/12/07 03:31

  • 優秀賞おめでとうございます。
    このお話をよんで命についてすごく
    考えさせられました。涙も止まらなかったし、悲しいお話で残酷です。
    雪緒の約束で渚はすごく悩んで、
    辛くて、でも雪緒の約束のおかげで
    生きることが出来たのではとも思います。
    上手く言葉に出来ませんが、
    とても感動しました。
    2人の一途さに泣かされました。
    最後には子供という天使にも恵まれて
    渚は幸せだなあと思いました!
    これからもがんばってください!!

    じゅりのり   2018/12/08 15:50

    じゅりのりさま

    素敵な感想とお祝いのお言葉、本当にありがとうございます。
    拙いところも多い作品だったと思いますが、感動していただけたなんて嬉しいです!

    当時はいろいろなことが重なってこの作品を書こうと決めましたが、今ならこんなに残酷なシーンのある作品は書けないと思っています。
    でもだからこそ、とても大切な作品なので、読んでいただけてとても嬉しいです!

    そして、応援してくださってありがとうございます^^
    私なりのペースで少しずつでも書いて行こうと思っていますので、またお付き合いいただけたら幸いです。

    本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2018/12/09 00:02

  • 優秀賞、おめでとうございます。
    この物語は、とても悲しく苦しい内容でした。
    ずっと一緒なんてないのかもしれない、そう思いました。
    それと同時に明日があるということ、大切な人がずっとそばにいること、それは当たり前ではないと気付かされました。
    目の前にある現実を、一緒にいてくれる家族、友達をもっと大切にしようと思いました。
    とても大切なことを教えてもらった気がします。
    本当にありがとうございました

    悠木夏恋   2018/12/04 19:17

    悠木夏恋さま

    素敵なレビューと感想、そしてお祝いしてくださり、本当にありがとうございます。
    拙いところも多い作品ですが、読んでいただけてとても嬉しいです。

    執筆中はとてもつらくて何度も筆が止まり、最後の最後まで悩みながら書き上げた作品だったので、悠木さんのお言葉ひとつひとつに感激しています。

    私はついつい毎日をなんとなく過ごしてしまいがちなので、ありふれた日々を当たり前だと思わずに過ごさなければいけないなと、今回のことをきっかけに改めて感じています。
    悠木さんが周囲の人たちを大切にしようと改めて感じられる機会になれたのなら、幸いです。

    いただいたレビューと感想は、また何度も読み返そうと思っています。
    本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2018/12/04 22:38