ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月07日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 体育館

    「はぁー、もうなんで今日に限って鍵当番なのー…」

    今日は珍しく部活が長引いて、外はもうかなり暗い。
    体育館は電気を消して鍵をかけるから真っ暗の中を扉まで進まないといけない。

    「あー、やだよ…怖いな…」

    「片瀬さん大丈夫?」

    急に声がかかってびっくりする。この声は多分須賀くん。

    「須賀くん…どうしたの?」

    「いや、ボールのメンテしてたら急に電気消えてさ、閉じ込められる!って出てきたら片瀬さんの声が聞こえたから…」

    「あぁ」

    「行こう?鍵閉めるんでしょ?」

    「うん」

    2人で暗闇の中を進んだ。話しながら行けば怖くなかった。

    「ありがとね、須賀くん。」

    「いや、俺なにも…閉じ込められなくてよかった」

    思わずふふっと笑う。

    私、知ってるよ。ボールのメンテなんてしてなかったこと。
    ドアから出る時、ちょうど電気消しちゃって、不安なのに気づいてくれたんだよね。

    ありがとう。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 通学路

    「まこと、おはよう」

    「おはよ。涼。」

    これは涼。幼馴染みであり、私の好きな人。

    家が近所で、高校生になっても一緒に通学している。

    「まこと、寝癖。」

    ぽんと頭の上に手を乗っけてくる。寝癖、直らなかったんだもん。

    「知ってる!」

    「直してこようよ…女子なら…」

    そう。涼は、オカン気質の天然男子なのだ。

    その、顔面偏差値の高い顔でほわっとした雰囲気に惚れる女子も多く、ライバルはたくさん。

    正直叶わぬ恋のような気もするけど、こうやって一緒に登校できることが私の唯一の特権。

    一緒に通学できることが実は幸せだったりする。

    「まこと、前に段差。」

    「あ、ほんとだ。」

    「まこと、信号赤」

    「あ、そうじゃん」

    …涼……絶対私のこと娘かなんかだと思ってる…

    「まこと、ドジだもんな。」

    「私はドジじゃなーい!!」

    路地に私の嘆きが響いた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 告白

    久しぶりの2人でのお出かけ。
    「琉偉私ね、琉偉が好き。琉偉とずっと一緒にいたい。私と、付き合って下さい。」
    帰り際に私は2年間言えなかったセリフを言った。
    長い沈黙の後、琉偉は口を開いた
    「俺は、、やめときな」
    目をそらす琉偉は悲しそうな目をした
    「俺の浪人中愛はずっと応援してくれたけど、俺なんにもできなくて、そんな余裕持てなくて、カッコ悪い。弱いんだ俺。」
    そんなことないよ。琉偉
    「俺は愛を大切に思う。だから、、もっと、」初めて琉偉の涙を見た。
    私は思わず抱き寄せた。
    「頑張った琉偉はカッコいいよ。弱くなんかない。強い琉偉を沢山知ってるよ。」
    きっと浪人で疲れたんだろう。
    「頑張ったね。」
    「俺、友達みんな、今頃大学で、楽しんでるんだろうなって」 うん。
    「俺のこととか忘れてんだろうなって、」うん。
    「私は琉偉を忘れたことないよ。」
    チュッ。琉偉からの長いキスは、
    琉偉の涙の味がした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

不思議少年はかく語る (空波 刻羅/著)

最後の言葉入れるべきか迷うなぁ。デジャヴなりゾッとするなりしてくれればいいが。あ、感想ノートはネタバレが含む可能性があります。スクロールする際はご注意を、と注意書きも書いたのでみんなしてネタバレ気にせず書きまくろうぜぇぇ、きゃほおおいっ。

  • 蜜柑畑さん

    こんにちは。
    鈴については、きちんとした明記なくて申し訳ないです。渉の話は何作かに分かれてますので、鈴については別作に書いてありますが。

    鈴は単なるインターホン代わりです。
    渉の家にインターホンはないため、とある魔法使いがつけたのですが、人間でも怪異でも、家主以外が入れば反応する仕組みになっております。

    渉大好きっ子になられたのならば、キワード『渉少年』から関連作品に飛べますよー

    ではでは、いつも書き込みありがとうございます

    空波 刻羅   2014/03/18 10:00

  • 蜜柑畑さん

    こんにちは。
    鈴については、きちんとした明記なくて申し訳ないです。渉の話は何作かに分かれてますので、鈴については別作に書いてありますが。

    鈴は単なるインターホン代わりです。
    渉の家にインターホンはないため、とある魔法使いがつけたのですが、人間でも怪異でも、家主以外が入れば反応する仕組みになっております。

    渉大好きっ子になられたのならば、キワード『渉少年』から関連作品に飛べますよー

    ではでは、いつも書き込みありがとうございます

    空波 刻羅   2014/03/18 10:00

  • あ、あの!好美ちゃんが
    家に入ったときに聞いた鈴の音は
    やっぱり招かれざる客だったんですか……?

    ずっとそれが頭に残っていて(;-;)
    あれ?物語終わった……。なんだったんだろうって
    ものすごい恐怖に駆り立てられています(;-;)

    渉くんに思わず惚れそうになりました(´ω`)

    でも、もう最初から最後まで怖くて怖くて
    力んでました(;-;)

    *蜜柑畑   2014/03/18 01:17

  • らみゅんさん

    こんにちは。

    わたるんの第一作が、今作だったりします。藤馬は話だけでちらりと出ただけですが、もうこの頃から、絶賛ニート……げふん、わたるんの家に入り浸っていますよ (笑)


    話は変わりますが、中指斬残では素敵なレビューありがとうございました!


    ではでは。

    空波 刻羅   2013/09/01 20:27

  • 藤原 寿桜さん

    おはようございます。

    夜よか明るい方が心強いですよねぇ。私めもなるべく、明るい内にホラーを書きたいのですが、いかんせん、更新できる時間が深夜以降になりまする(´;ω;`)


    黒い画面に映る自分、だなんてゾクッとしますねぇ。更にはその背後に何かがいるっ、的なものあれば心臓止まります←

    都市伝説は有名どころから色々出してみましたが、地域によって怪異の呼び方だったり、内容だったりが違うんですよねぇ。

    やはりは都市伝説(噂)、人の数だけ何色にも化けてきます。

    よく、『幽霊は自分が死んだことに気づかない』なんてありますが、そういった類いでしょうねぇ。


    藤原さんの『ふふ』が艶やかな微笑に見えて、ちょっと(*´Д`*)な私めです

    ではでは

    空波 刻羅   2013/02/11 16:06