ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月08日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 休日
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    金曜日
    「彩華!私、明日はバスケの練習してくる!球技会で迷惑にならないよう。」
    「希香は頑張るね。」
    「そうかな?じゃ、バイバイ。」

    土曜日
    「よし!頑張るぞ!!」
    ダムダムてりゃガコン ダムダムおりゃスカッ ダムダムほりゃボテッ
    ...30分後...ダムダムぽいっスパッーーー!!
    「入った~!」
    「クククッ」
    「斗碧!?なんでここに?」
    「俺もバスケの練習。」
    「もしかして、ボールと格闘してるとこ見た?」
    「ああ。でも、希香にしては頑張ってたな。」
    「みんなの迷惑になりたくないから。」
    「なら一緒に練習するか?」
    「うん」

    2時間後
    「よし、終わりにするか。」
    「うん。斗碧、今日はありがとう。」
    「ん。なら帰るか。」

    家の前
    「希香、今日はお疲れ。」
    ッ//////斗碧が頭ポンポン!そっと斗碧を見ると、頬が染まっていた。これは夕日のせいですか?それとも...?

    開く閉じる

    • 待ち合わせ
    • 手を繋ぐ

    待ち合わせ場所に行くと、彼女はすでに待っていた。


    マフラーも手袋も完全装備してるのに、鼻の頭を赤くしている。


    「ごめん、遅れた」


    後ろからハグをすると、彼女は俺を見上げ、嬉しそうに頬を緩めた。


    それから彼女は手袋を外し、俺の右手を握った。
    俺は流れるようにその手をポケットに入れる。


    隣を歩く彼女は、息を吐いてはそれが白くなることを楽しんでいる。


    「冬、好きなの?」


    俺が聞くと、彼女は空いている手の人差し指を頬に当てた。


    「寒いのは苦手だけど、君と手を繋いで引っつけるから、嫌いじゃないよ」


    彼女はさらに俺の腕に引っ付いた。
    そしてまた、白い息を吐く。


    だけど、ときどきそれは白くならず、彼女はつまらなそうに頬を膨らませる。


    そうやって素直に俺といられることが嬉しいと言ってくれる君も、無邪気に息で遊んでしまう君も、たまらなく愛おしく思うよ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

瞳をとじれば、いつも君がそばにいた。 (白いゆき/著)

四つ葉のクローバーをあなたへ…*
あなたにも幸せが訪れますように…☆彡

  • 本買わせて頂きました!
    学校で読んでたんですけど、涙が出てくるのを抑えるのが大変だったので途中から家で読みました😂
    涙が止まらなくて大変でした…笑
    とても良い作品をありがとうございます!

    rui_*   2019/11/28 19:04

  • 読ませて頂きました!
    泣きました😭😭
    涙が止まらなくてでもすごくいいお話でした!!!

    なぁりょた。   2019/06/13 20:47

    ★なぁりょた。さん★

    こんばんは!白いゆきです(*´▽`*)

    お返事が遅くなってしまいましたが、作品を読んでくださり、
    素敵なご感想までいただき、ホントにホントにありがとうございます♡

    なぁりょた。さんが泣いてくださったことも、本当にうれしいです(≧▽≦)

    またいつか、未央たちの恋を思い出していただけたら幸せに思います♡

    なぁりょた。さんがたくさんの幸せを見つけられますように…☆

    心から願っております♡

    暑い日が続いてますが、体調に気をつけてくださいね!

    楽しい夏の思い出をたくさん作ってください!!

    温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました( *´艸`)

    作者からの返信 2019/08/12 21:49

  • 変身うれしいです。
    心温まる返信うれしいです。
    白いゆきさんの作品大好きです。

    井口彰宏   2019/05/29 01:15

    ★井口彰宏さん★

    こんばんは!白いゆきです(*´▽`*)

    お返事遅くなってしまってすみませんでした。
    こちらこそ、いつも心温まるお言葉をいただき、本当にありがとうございます(≧▽≦)

    未熟な私ですが、作品を大好きだと言っていただけて、
    とてもうれしいです♪

    暑い日が続いておりますが、
    体調に気をつけてお過ごしくださいね♪

    井口彰宏さんにとって、素敵な夏になりますように…☆

    作者からの返信 2019/08/12 21:41

  • これも読みました。純愛なのかサスペンスなのかわからないそこがおもしろいです。
    携帯小説1習慣で一冊は読みます。しろいゆきさんの作品はそれくらいおもしろいです。

    井口彰宏   2019/02/09 21:06

    ★井口彰宏さん★

    こんばんは!白いゆきです♪

    お返事が遅くなってしまいましたが、素敵なご感想をいただき本当にありがとうございました!

    未央の恋は、とても切ないものになりましたが、
    ふたりはずっと永遠に目に見えない強い愛で結ばれていると信じて、この作品を書き終えました。

    ふたりの恋は本当にいろんなことがありましたが、
    この作品を読んでくださった方が、つらい世界でも幸せになることをあきらめないでほしいという願いをこめました。
    未央と仁の恋を、最後まで見守ってくださりありがとうございました!!

    井口彰宏さんに、たくさんの幸せがおとずれますように☆

    作者からの返信 2019/05/28 23:19

  • 文庫本を読みこの話を読みました。
    やっぱり切ない
    涙が止まらない
    でも本当の純愛に触れたような気がします
    ゆきさんの話が大好きなので今後の執筆も楽しみにしています

    syuntoki   2018/12/07 21:16

    ★syuntokiさん★

    こんばんは!白いゆきです♪

    お返事が遅くなりましたが、
    文庫本を読んでくださって、本当にありがとうございます♡

    未央と仁の恋は、とても切ない愛になりましたが、
    ふたりはずっと永遠に、目に見えない強い愛で結ばれていると信じて、
    文庫本の編集を終えました。

    syuntokiさんにいただいた素敵なご感想に、
    白いゆきのほうこそ、涙が止まりません。
    本当にありがとうございましたm(__)m

    それから「幼なじみ-first love-」や幼なじみ番外編シリーズに、
    素敵なご感想やレビューをくださって、ありがとうございました!
    すごくすごくうれしかったです♡

    syuntokiさんの毎日に、
    たくさんの笑顔と幸せが訪れますように♡
    メリークリスマスイブ★☆

    作者からの返信 2018/12/24 20:23