ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 部活中
    • 家庭科室
    • 君にサプライズ

    「はぁ~…なぁちゃん~お腹すいた~」

    「涼(りょう)、もう部活終わったの?」

    「うん…何作ってんの?」


    近づいてくる涼に焦って、私は慌てて隠す

    「え?なんで隠すの?」


    「だ、だめっ」


    「え~…いつもくれるのに…」

    涼はシュンとして、諦めたように近くの椅子に座った


    後は…ここに…名前をかいて…


    「なぁちゃんってさ……」


    「うん…?」


    わ…これ結構…難しい…

    「家庭科部の部長だよね…」


    「…うん…」


    「今日、天気いいね」


    「…うん」


    「好きだよ」


    「…うん」



    ん…?


    「……えっ?!」


    「なぁちゃん好きだよ」


    か、顔があつい…

    涼はいつも突然そんなこというから


    私だって_


    「涼!お誕生日おめでとうっ…ケーキ作ったのっ」


    「えっ?!ありがとう!」


    「涼、大好きだよ」


    _私だって涼をびっくりさせたいな

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

<完> 冬桜よ、散りゆけ  –諦めるべき恋なの?– (実城玲彩菜/著)

こんにちは、玲彩菜です。

作品を読んだ上に、ここにお越しいただきありがとうございます。

この作品は野いちごグランプリ参加作です。

本格恋愛初挑戦っということで、いつもより意気込んでいます。

直してほしいところや、アドバイスは大歓迎です。

できるだけ、返事を書くようにします。

よろしくお願いします。

  • こんにちは、玲彩菜です。

    あわわわわぁーー。

    ありがとうございます!

    素敵なレビューまで。
    この作品初のレビューなので、さらにうれしいです。

    うち、実は恋愛経験ゼロです。
    このお話は、友達から聞いた話をもとに、うちの空想を重ねて重ねてできた物語です。
    ですので、恋愛経験のある方からすると、ちょっとこれはないだろうって思う点もあるかもしれません。

    甘々の時代、極苦の恋愛小説なんて受けるんでしょうか…?ってしょっちゅう思ってます。

    そんな中共感したっという感想を聞いて、救われました。
    書いてよかったかもしれないと。

    本格恋愛初挑戦で、未熟なところがあったと思いましたが、完読本当にありがとうございました。

    CoCoLoさんの小説から飛び出た名探偵、更新楽しみにしてます。


    次に恋愛小説を書くめどが立っていない、玲彩菜でした。

    実城玲彩菜   2012/07/14 17:21

  • 玲彩菜さん、こんばんは(*^ー^)ノ

    密かにINしていたこちら、ようやく完読しました~☆

    いじめの問題
    小学生や中学生によくある問題ですよね。

    これはいじめられた人にしか分からない痛みであって、切なく苦しい思いが伝わってきました。

    桜ちゃんに共感できる部分もあり、とてもスラスラ読めましたよ♪

    嫌い、憎いと思っていた相手が気になってしまう。
    あるある、と思いながら読ませてもらいました(*^▽^*)

    素敵なお話をありがとうございましたヾ(@^▽^@)ノ

    詳しい感想はレビューに残しておきますね!


    アメブロのスレに書きこんでいただいた小説は、順番が回ってきたらじっくり読ませてもらいますね♪

    また他の作品にお邪魔しまーす☆

    CoCoLo   2012/07/13 19:43

  • 烈火Pへ

    こんにちは、玲彩菜です。

    了承ありがとうございます。
    お祝いもありがとうございます。

    すみません、DJは玲彩菜ではなく、うちが考え出した空想の住人『名広のえる(ナヒロノエル)』とウサギのぬいぐるみの『ホワイト・オカ・ピースケ』こそ通称ホワピーがDJ。

    あとは、烈火Pの解釈どおりです。まあ、結局はリアル玲彩菜が書きますけどね・・・。

    わかりました、DJ烈火はうちの師匠です!

    本家は、ベリカの制限年齢上読めませんが、応援してます。

    これからもがんばってください。


    どんな作品を紹介しようかいろいろ考えている、玲彩菜でした。

    実城玲彩菜   2012/03/08 17:55

  • それからDJ玲彩菜さんとしてブログ内でモジオをやるって解釈でいいですか?

    だとすればDJ烈火の存在もサラリと紹介して下さればご自由にどうぞ(^^)ノシ


    あと2作品も紹介とは(゚Д゚)


    有り難いことです!いや、本当に!久しぶりすぎのコメントで支離滅裂感が否めませんが、あー訳わからんくなった笑


    玲彩菜さんの感性で是非紹介宜しくお願い致しますm(_ _)m


    では、また近いうちに伺います!

    朝桐 烈火   2012/03/06 05:16

  • 玲彩菜さん(れなっぴ)大変遅くなり、あちらに感想頂いたの気付くの今頃で申し訳ありません!後ほど返します!


    新たな名前、ニックネーム考えなければ!


    先ずは完結おめでとうございます!お疲れ様でした(^^)ノシ


    2月はなかなか執筆読書出来なかったんで今月は読みます!


    ではこれからも引き続き宜しくお願いしますm(_ _)m

    朝桐 烈火   2012/03/06 05:10