ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 切ない【お題】

    今日も彼と一緒に帰れる。やったー。

    「今日も嬉しそうだな。いい事あった?」
    「いい事あったよ。今日も一緒に帰れること」
    「そんなに嬉しいか?まぁ、いいけど」

    彼はなんてことない事かもだけど、私はすごく嬉しい。だって彼のことが好きだから。

    「そっか、嬉しいか。そしたら可哀想なことになるな」

    「何が可哀想なことになるの?」
    「俺、彼女出来たんだ。だから明日から一緒に帰れない」
    「え?」

    今なんて?彼女?

    「そっか、良いよ。でも彼女出来たんだ。可愛い子?今度紹介してよ」
    「可愛いぜ。お前も一緒に帰ってくれる人作れよ。俺じゃなくて」
    「そうだね。あんたより良い奴探してやるんだから」

    油断してたなぁ。いつも一緒に帰ってくれてるからてっきり付き合わないのかと思ってたのにもっとはやく自分の気持ち伝えれば良かった。あーあ。これからまた独りだ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館

    「ねぇどっち? 」

     せがんでくる彼が私をじっと見つめる。

    「どっちがいいの? 」


     うーん。

     悩んでいる私を見ると、彼はちょっとだけ頬を膨らませた。


    「まったく。いっつも迷っているんだから。それだから、撮り損ねちゃんだぞ」


     そう言って、彼はギュッと私を抱きしめた。


    「迷った時はね…俺にギュッとすればいいんだよ」


     そうだ。

     彼の腕の中はとても落ち着く。

     だから迷う事はない…。


     いつまでもこうしていたいなぁ…。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    また、やつの気配が近付いてきた……

    「ねぇ、何してんの?」

    いつものことだから、無視。

    あまり関わってこないでよ。注目の的になるでしょ!こやつは、学年1の社交的イケメン。それを自覚してか、そうでないのか私にいつも、ちょっかいをかけてくる。だから、苦手。

    聞いてる?と離れる様子もない。何でいつも私なの?みんな見てるし、本当に止めてくれないかな。

    みんなの視線が集まり、耐え得られない私を覗き込んできた。思わず、仰け反る。

    「何でいっつも無視すんの?」
    「……自覚無いの?」

    みんなから注目を浴びてるのに。彼は何か、考えている。

    「それって、俺のこと好きってこと?」
    「全っ然違う!」

    目を輝かせる。だから、慌てて否定をしてしまった。

    すると、覗き込んできた彼は、スッと私から離れた。

    「ごめん。バイバイ」

    それだけ呟いて、教室を出ていってしまった。あんな悲しい顔、初めて見る。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ラストの1球 (小室煌々/著)

感想どしどし待ってます☆よければレビューも待ってまーす(*^^*)

  • 短編なのにドキドキして読めました!
    あの、これをもとに長編を書いてくれる人を募集と書いてありますが、これをもとに書いてみてはダメですか?
    返事ください!

    実郲   2015/08/12 18:58

  • やばいやばいやばーい!!
    めっちゃ感動><

    ともちん←   2010/12/01 22:22

  • はじめまして(・ω・)
    読みましたー!

    たった10ページなのに、ものすごく青春してしまいましたヽ(//Д//)ノ
    いいですよね、高校野球♪

    私のプロフィールに飛んでいただければわかると思いますが、本当に高校野球が好きなんです(照)
    今年の夏も高校野球モノを書かせていただきました!

    よかったら仲良くしてくださいー!

    素敵な作品をありがとうございました(´>ω<`)ぴ

    夢雨   2010/11/20 21:43

  • はじめまして!
    読ませていただきました。

    なんとまあ、燃えるシチュエーションですね!
    僕も中学まで野球をやっていたので、気持ちがよくわかります。
    好きな女の子がベンチにいたら、実力は当然5割は増しますね(笑)

    この話は長編で読みたいなぁと思いました。
    ドラマを丁寧に描けば、涙も誘えると思います。

    これからも頑張って下さい!

    結城 龍之介   2010/11/15 11:52

  • 野球大好きです。

    昨日、日本シリーズ…ロッテ優勝で幕を閉じました。

    同じくらいドキドキしながら、読ませて頂きました。

    s.snow   2010/11/08 23:57