ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗唯ここにいた。探したんだよ?」

    「なぁ祐希,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ祐希,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと祐希が好きだった」

    「斗唯ありがとう。私の好きな人って斗唯なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗唯!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗唯のこと離さないよ?」

    「祐希,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼氏と別れて早1時間…
    私から振ったのに、何故か涙が…止まらない。

    だって、しょうがないじゃない…
    あの女…藤守さんに、脅されたんだから。
    今頃裕翔は、どうせ藤守さんと一緒に居るに違いない。
    私より女子力もあって、メイクは少し濃いけど可愛いから。
    だから、男子なんて嫌い。性悪女でもすぐにホイホイついて行くんだから。

    私には、もっと素敵な男の子がいるはず…
    するとお店の方からふわりといい匂いがして来た。

    ああ。この匂い。裕翔の香水の匂いに似てるわ。

    「…ぐすっ」

    すると今度は後ろからも香水の匂いがして来た。

    ふわん…

    「はぁ…梨佳っ!何で別れるなんてっ」

    裕翔…息を切らしてまでここに来てくれたの?

    「うるさいっ近寄らないでよ!」
    「藤守に何か言われたんだろ?俺はあんな女の命令に従わない」

    「〜っ」

    バカ。気付くの遅いわよ。

    そう言い終わる前に、唇は重なっていた。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 告白

    「片桐、こんなところに呼び出して何の用だ?」
    「はい、告白と言えば校舎裏だと思いまして、ということで好きです! 付き合ってください!」
    「片桐、気持ちは嬉しい。お前は良い生徒だし、人気者だし」
    「じゃ、じゃあ付き合って・・・・・・」
    「だが断る!」
     俺は片桐の言葉を遮った。
    「な、何で!?」
    「何でって、俺は教師だからだ! 付き合えるわけなかろう!」
    「えー、先生思考が古いですよー、バレなきゃいいんです!」
     片桐はドヤ顔でそう言った。
    「言い訳がないだろう? 俺は生徒と付き合う気はない。分かったら早く帰りなさい」
    「むぅーー、先生のイケズ! 明日も告白に来てやるーー」
     片桐は口をぷぅっと膨らませて走っていった。
    「おい、明日は土曜日だろ・・・・・・まったく、何で俺なんかを」
     片桐は可愛い、もし自分が教師でなければ・・・・・・そんな考えが浮かんだが俺はすぐにそれを振り払った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

記憶 ―惑星の黙示録― (もんこ/著)

こちらの「惑星の黙示録」で、「砂漠」「夢幻」「月下」の総まとめ…といったかんじです。お付き合い有り難うございます。感想下さいませ!

  • 蜜さま

    再びのご訪問有り難うございます。(*^o^*)
    温かいコメント、嬉し過ぎですよ。有り難うございます。泣いちゃう。(ノ△T)

    文章力の無さは相変わらずで、世界観と想いと雰囲気と…ってゆう漠然としたもので、いつも完結しちゃってるのですが。

    描いている世界の空気を、感じて頂けているのであれば、本当に嬉し泣きでございます。

    「この世界はどこかにある」
    「このキャラはどこかで本当に生きている」

    頂いた言葉は、
    私の宝物となりました。
    (あ、サクラドロップスは宝箱にすでに入ってます。)

    蜜さまが嬉し泣きしてくれたシーンは、私も1番好きな「繋がり」です。(*^o^*)

    私に限らず、いつも皆さんの1つ1つの作品に向き合って、温かい言葉を掛けてくれる蜜さま。
    大好きです。(*^o^*)

    今回も本当に有り難うございました。
    私も頑張って次回作を書かなきゃ!!蜜さまの頑張りを見習うぞっ!
    (o^∀^o)

    もんこ   2012/01/26 01:28

  • 先ほど途中でしたので再びお邪魔します(・_・|蜜でございます。

    はい、この作品にはもんちゃんをすごく感じました。だから余計に心配になったり、嬉しくなったりしてね?だからラストは本当に嬉しかったのです。

    特に綺麗な音の出る鈴があの場所から聞こえて来た時は涙が出ました。

    匂いをすりつける様に、のシーンが蘇って来てね、もう、嬉しくて嬉しくて(>_<)嬉し泣きです。

    そしてこんな風に鈴が作品の中で活きた事も嬉しくて、とても感動しました。

    陸もとっても喜んでいます(*^^*)ありがとうございましたと、コンちゃんに伝えて下さいね。

    投票は先の感想前にしてしまい、そちらに書いたのですが、もんちゃんの綴る世界、どこかにある様に思います。

    以前番外編を読んだ時にレビューにも書いたけれど、キャラクターもね?

    また、私も新たな記憶の扉を開きに来ますね(*^^*)

    本当に素敵な作品、ありがとうございました。

    腱鞘炎の心配ありがとうね。無理しないように気をつけます。

    もんちゃんにアランが現れたら、ぜひぜひ教えて下さいませね(*^^*)

    蜜。

    如月 蜜   2012/01/25 05:29

  • 蜜さま

    あぁ~っ蜜さん!!(o^∀^o)
    お忙しいとこを有り難うございます!!来てくれてたーっ。

    もうね。蜜さんの為の物語ですよ!!(≧∇≦)笑
    最後まで読んで頂いてお分かりだと思いますが、色々拝借させて頂いております。すみませんです。

    これには想いこもってます、私の分身みたいな…。
    でも女子の皆様に共感して頂ける事も多くて、感想を頂く度にホッとします。

    頂いたレビュー。
    あぁ(ノ△T)もぉ泣きましたよ、本当に有り難うございます。
    私に語り掛けて頂いてるような、慰めて頂いてるような…

    本当に、私にもアランが現れないかな~、と。(ノ△T)

    本当に有り難うございました。
    風邪などひかれませんよう、また、腱鞘炎に気を付けて下さいませね★

    もんこ   2012/01/24 21:31

  • もんちゃん、こんにちは(*^^*)

    腱鞘炎から復帰し、大好きなこのシリーズを読みにまいりました。

    もうね、もんちゃん、この作品は蜜の為の物語ですか(T_T)←違う

    もう、ページを捲り大好きなキャラに会う度に、前作、前々作、そして番外編からの繋がりを見つける度に、切なくも温かい溜息がもれました。アラン、ああ、アラン、もうあなたは、本当に(T_T)でも、そんなあなただからこそ、この運命を手繰り寄せる事が出来たのね、と←ネタバレ防止の為もんちゃんだけ解って下さい。

    もう今回は本当に、全てのキャラが最後にカチっと最高のポジションに収まり、まさに記憶シリーズの完結かと思う程でした。次回作、嬉しいです(*^^*)

    と、ここで仕事に戻らなきゃなのでまた来ます←陸の親友様にもご挨拶しなきゃ(*^^*)

    如月 蜜   2012/01/24 16:47

  • 楓さま

    ……はぅ(ノ_<。)
    完読有り難うございます。
    レビューまで書いて頂いてッ!
    …はぅ。(ノ_<。)

    勿体ないくらいのお言葉です、有り難うございました。
    優しく、泣ける、ファンタジー。
    …が目標ですので、少しでも進歩出来ていたら嬉しいです。

    書き終わった直後は、文才乏しいながらも『出し切ったー!』感があって、お休みモード入っちゃったんですが。笑
    フツフツと、また関連物を隠れて書いとります。

    伏線の完全回収は、作品ごとの完結までの合間が長いので、皆さん…なかなか難しいのではないか…と反省ですね。うふ
    人物の関係性や出来事を伏線に、新たな場面やシチュエーションも入れましたので、余計にアレ?な部分もあったかと。笑

    本当に有り難うございました。
    m(_ _)m
    これを励みに、
    また頑張らせて頂きます!

    もんこ   2010/06/05 02:22