ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中

    「ち、遅刻~~」
    私は、全力で道路の端を走る

    こっち渡っとこう!

    私は急いでいたため、後ろを確認せずに反対の道路の端へと移動してしまった


    _チリンチリンーっ


    「え」


    わ、わっ

    っ…ぶつかる……


    私はぎゅっと目を閉じる



    _グイッ


    「…っあぶね」


    あ…れ…?


    「危ないよっ」

    そう言って去っていく自転車に何も言えず、私はただ呆然としていた



    び、びっくりした……



    「お前、危ねぇ」


    「あっ…す、すみませんっ」

    って…あ!!


    「遅刻!」

    私がそう言うと彼も「やば」と焦り始める


    「行くぞっ」


    「うんっ」


    あれ…?

    気づけば彼はさりげなく私を道路の内側にしてくれていた


    「……」


    「なんだよ」


    「…あ、ありがとう」


    「…別に…次は気をつけろよ…」

    そんな優しい彼に私は…

    少しドキッとしてしまいました。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    隣の席の青山くんが教科書を忘れたので、私のものを一緒に使っている。
    「ごめんね…」
    「気にしないで」
    私がそう言って笑うと、青山くんは申し訳なさそうな顔をした。
    「本当はね、わざと忘れたんだ、教科書…」
    「え?何で…」
    机上にある私の手に、青山くんのそれが重なる。
    「君に近付くために、って言ったらどうする?」
    青山くんは、困ったように、恥ずかしそうに私の顔を覗き込んだー。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 廊下

    おっす!久しぶりだな。元気にしてたか。






    もちろんです。今日は先輩に会えたからいつもよりも元気100倍ですよ!先輩こそ元気でしたか??




    もちろんだよ!俺も今日はお前の笑顔を見れたからいつもよりも元気200倍だよ





    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

浮気女の嫁入り大作戦 (坂井志緒/著)

  • 夢幻キリコさま

    こんばんは。
    いつもありがとうございます(^^)
    ぶっ飛んだ設定とシリアスな要素を何とか組み合わせたこのお話、楽しんでいただけましたでしょうか。

    奈緒は女のわがままの化身のつもりで書きました。
    この女、ムカつくけど、なんかわかる!
    を目指しました。
    樹は逆にキャリ男のわがままの化身のつもりで書きました。
    女から見るとほんとムカつきますよね!笑

    沢田くんとのお話が短編集の方にありますので、
    記憶が新しいうちに是非。(宣伝)

    秀ちゃんの回想シーンは、ほんとに色々見て作りました。
    結局王道パターンになったので見たわりには反映できていないですが、
    私としても書いてよかったなぁと思えるくらいの思い入れがあります。

    今の時代に生まれたことに感謝。

    坂井志緒   2014/10/28 02:50

  • 読了いたしました。

    女は愛する男と結婚するより、愛してくれる人と結婚した方が幸せになれるっていいますよね。
    沢田は樹ほどイケメンではないかもしれませんが、いい旦那さんになるんじゃないでしょうか。
    第一、奈緒にあれだけはっきり自分の気持ちをぶつけられるなら、きっと結婚生活もケンカしながらも上手くやっていけるんじゃないなかぁ。
    夜の営みの方も相性バッチリみたいだしw

    奈緒は終盤までイヤな女で、決して応援したくないヒロインでしたが、最終的にはいい女になりましたね^^
    沢田にあれだけ言われても、沢田を完璧に拒絶しないところがとてもかわいらしかった(*^_^*)
    奈緒は結局、自分の悪いところはわかっているのでしょうね。
    わかってて治さない。
    そこがなんか女の子って感じでかわいいです。
    それを許容できるくらい懐の大きい男じゃないと、奈緒と上手くやっていくことはできないのでしょう。

    樹には終始ムカつきました。
    別れて大正解だと思いました。
    なんでインド人が憑いてたのかがいまだに謎ですがw

    “彼”は花枝と意思の疎通ができてよかったですねぇ。
    回想シーンは泣けました(T_T)
    お約束のベタ設定でしたが、だがそれがいい!
    奈緒に憑いている理由も、説得力がありました。
    子どもの奈緒かわいい!(*^_^*)

    ちょっと変わった恋愛小説でしたが、十分楽しめました。
    いつも素敵なお話ありがとうございます。
    これからも志緒ワールドを堪能させていただきたいと思いました(*^_^*)

    夢幻キリコ(退会)
    2014/10/27 19:15

  • 雪蟷螂さま

    楽しんでいただけたようで、嬉しいです。
    こんなタイトルですが、作者はマジメに書きましたから。笑
    彼がついているし、彼も憑いているし、きっと今後は浮気なんてしないでしょう。
    というか、させません。

    プロフィールを拝見しました。
    ただでさえ男性に読んでいただける機会は少ないので、
    喜びもひとしおでした。
    ありがとうございました。


    坂井志緒   2014/06/23 21:02

  • 面白かったです。

    題名でちょっと読むか悩んだけど

    読んでよかったぁと思いました。

    浮気は守護神さまに止めてもらいたいですねw

    雪蟷螂   2014/06/23 09:51

  • 大野ソイさま

    コメントありがとうございます!
    楽しんでいただけてよかったです。
    私自身、なぜこんな視点を思い付いたのかよくわかっていませんが、笑
    彼が一番気に入っているキャラでもあります。

    浮気性な彼女は、この後は浮気はしていません。
    (他作にちょこちょこ出てきます)
    作者の権限で更正させました。笑

    坂井志緒   2013/03/02 20:46