ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 卒業式
    • 廊下
    • 告白

    「第2ボタン貰うと嬉しいもんなの?」

    式が終わり周りは寄せ書きやら写真撮影やらで賑やかだ

    「嬉しいよ、好きな人なら尚更」

    横目で見ると、学ランのボタンが既に2、3個足りてない彼は贅沢なこと言うと思った

    「誰かから貰った?」

    「ないね!好きな人募集しよかな〜」

    冗談めかしてみたが今日が最後なことくらい分かっている

    「…へー、参考までにタイプ聞かせてよ」

    意外にも掘り下げてきたので

    「やっぱり一途な人は良いよね」

    高校で探すわ、と付け加えたら

    「その必要ないから。俺が立候補する」

    と真顔で言われてドキッとした

    「っ冗談…きついってー…」

    「第2ボタン」

    「え?」

    「渡す方も嬉しいのかも
    …好きな人なら尚更」

    そして彼がポケットから手を出して拳を私へ突きしたので、条件反射で手を出す

    「あげる」

    1つ、ボタンが手の平で転がって
    春は少し先なのに体がぽかぽかした

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • ベタ惚れ2【お題】

    思春期の男女が二人きりでいるだけで、例えばそれがただの幼なじみだったとしても、ウワサ話のネタにされるのがオチだ。

    だから極力人目のつく所では会わないようにしていた。ーーのに。

    彼はなぜか私の手を掴んだまま離さない。
    あろうことか恋人繋ぎのように指を絡ませてきた。
    「…何してるの」
    「んー」
    「んー、じゃなくて!離して、誰かに見られたら…」
    「見られたら困る?」

    いつもの優しい顔じゃない。
    真剣で冷静で熱のこもった視線に、私は思わず頬を赤らめた。困るのは私じゃない。
    「俺は困らないよ。むしろ噂になればいいと思ってる。牽制できるし」
    な、と同意を求めてくる。何に対しての牽制よ、と問いたくなったが、彼は返事を求めるように繋いだ手を揺らした。
    「…私、も、困らない」
    消えそうな声で呟いた私に、彼はハハッといつものように笑った。

    「俺、お前のそういうとこ好きだよ」
    「は!?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    私は日誌を書いてるんだけど、
    棗は販売機に行ってるんだ

    まぁ、私としてはその方が楽だけど…
    なんでって?そりゃ、好きな人だからですよ

    あーあ、棗は好きな人とかいるのかな?
    そんな事を考えながら
    机に突っ伏して指で「すき」と言う文字を書く。

    ガラッ

    「ん?日和寝てる?」

    やばっ、とっさに寝たフリしちゃったよ。
    完全に起きるタイミングがない!

    「寝ちゃったか」

    私の頭を撫でる棗。いや、起きてます!

    「日和、俺ね日和の事好きだよ。
    起きてる時にいつか言えたらな…」

    勝手に始まった独り言…って棗が私をす…き?

    「ま、まって!」
    「え?」

    どど、どーしよっ

    「わ、私も好き」
    「…」
    「だ、だから棗のこと好きだよ!」
    「まぢで?今の聞かれてたのカッコ悪」

    「俺の彼女になってくれますか?」
    「はい!」
    「日和好き」
    「わ、私も!」

    好きな人と放課後教室…付き合いました!!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

空色幻想曲 (観月らん/著)

一言でも長文でも
辛口でも甘口でも
歓迎します
お気軽にどうぞ

  • M‐chan☆様

     はじめまして。
     コメント&ファンぽちありがとうございます!(*^_^*)

     M‐chan☆様もファンタジー書かれているのですね!
    ケータイ小説も初めて書くのでしょうか?

     私も野いちご登録してから期間は経っていますが、かなりの長編なうえに更新遅いので、この『空色幻想曲』がケータイ小説の初作品です。

     本来、漫画描きなので、ファンタジー自体は初めてではないのですが。小説は、まだまだ初心者です♪

     なので、参考になるかはわかりませんが^^;

     ファンタジーは舞台が現実とは異なるので、設定やキャラを読者にしっかり伝わるように書くこと。

    でも説明文ばかりで、つまらない文章にならないようにすること。

     ……というのを私は心がけているのですが、これがなかなか難しいです。

     初心者さんなら書き方にこだわらず、まず楽しんで書けばいいと思いますよ♪

     では、またのお越しをお待ちしておりますv(^o^)

    観月らん   2011/07/17 10:45

  • 初めまして!!

    新着を見たらこれがあったので読ませていただきました!!

    まだ始めの方しか読んでないんですが、

    世界観とキャラ設定が素敵ですね!!

    これから読んでいきますね!!

    ファンぽちさせてもらいました!!

    私もファンタジーを書いてるんですが、野いちごを始めたばかりなのでファンタジーの書き方がよくわかってないんです(ToT)

    参考にさせてもらってもいいですか?

    だめだったらまた教えて下さい!!

    長文失礼しましたm(_ _)m

    M‐chan☆   2011/07/16 07:12

  • >優・曇・華様
     いつの間にかお名前変わってしまいましたね。^^;
     レス遅くなって申し訳ありません。

     こちらにもコメントくださりありがとうございます!

     色々ご指摘頂き、現時点で修正できそうな箇所は修正してみました。
    というか、かなりの修正魔で頻繁に微修正は繰り返してます。今後も変わる可能性アリです。

     情景描写をつい忘れてしまう時があるのは、自分でも理解しています。^^;

     キャラクターの描写については、長い話なので、物語の展開上まだ伏せている部分も多々あります。
    ですので、今後の参考にさせて頂きますね。

     ご意見ありがとうございました!

    観月らん   2010/03/13 23:11

  • >卯月心様
     エッセイのほうに気を取られて、レスが相当遅くなり申し訳ありません。

     読んで頂きありがとうございました! まさか感想までくださるとは……本当に嬉しいです!

     情景描写はかなり苦手なので、容易に浮かんだと言って頂けて嬉しいです。
     丁寧に書きすぎても読者の想像する余地を奪うのでいけないと思うのですが、自分は字を書く基本がまだまだなので、今は丁寧に書くことを意識しています。

     オリジナリティは特にいつも一番悩むところです。
     ただ、この作品で目標としていることはあります。
     この先多くの『謎』が出てくるのですが、そのうちのトップシークレットが読者に最後まで読まれなければ成功……と思っています。
     長い話なので、そこまで飽きさせないことがまず難しいのですけど。

     観月は率直なご意見が好きです。コメントをくださるだけで嬉しいです。
     お心遣いありがとうございました!

    観月らん   2010/02/28 16:01

  • やっと59Pです。

    うん。
    あまり得意なジャンルではないですが、これといった違和感もなく読み進めることが出来ましたよ。

    容易にワンシーン毎の映像を浮かべることができまさた。

    これは、観月さんが1コマ1コマを丁寧に思い描いた結果なのでしょう。

    さらにオリジナリティがあれば……と、まだ執筆途中の今作に物言いは時期尚早でしたね。


    賛否両論であったエッセイに賛同した者として、是非ともご自身が満足させる作品を書いてくださいね。


    では、若干硬質なコメントになりましたこと、お気になされませんよう。

    お互い頑張りましょう。

    卯月心   2010/02/10 02:26