ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 下駄箱
    • 相合傘

    「真凜、、 どうしよう、雨降るの知らなくて傘忘れちゃった、」

    「なら結愛、私の使って? 今日日直で帰り遅くなるし、その頃には止む予報だから!」

    「でも、ほんとにいいの?」

    「早くしないとバイト遅れちゃうよ! 帰った帰った!」

    「パフェ奢るね、 真凜ありがとう!!!」

    ゆっくり教室の掃除でもしよっと!

    ...

    先生に褒められたのはいいものの、まだ雨降ってるなあ、

    こうなったら走るしかないかな?

    よしっ、、

    「何してんの」

    うわ、雨の中走ろうとしたの誰かに見られた!!
    恥ずかしすぎて、後ろ見れないよ、

    「あのですね、 これには訳が、、って
    え? 柊くん!!??」

    「入れば?」

    「何に、?」

    「傘、駅までは一緒だろ。 早く」

    「えっと、、ありがとう、お邪魔します、」

    ...

    (真凜まじで可愛すぎだろ)

    (柊くん優しいすぎ、、)

    ゛2人の恋はこれから ゛

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

オレんちの兄さん2 (_AkaRi*/著)

よろしければ感想を<(_ _)>

  • こんにちは
    前作に続きこちらもお邪魔しました!

    仲のいい兄弟で僕もこんな兄貴がいたらなぁ…と思いました。

    ただしもう少ししっかりした人で…

    HaL(ハル)   2012/02/20 09:25

  • >>蜜子さん

    第一弾に引き続き感想ありがとうございまーす!(≧∀≦)
    2010年ブラコメきますかね!?
    にしてもブラコメって我ながら良いネーミングだと思(ry←黙れ

    アサヒ……お前はいったいどこまで行ってしまうんだ(笑)
    作者の私にも彼は止められません←
    お風呂のシーンは私も妄想+グヘグヘしながら書いてたのでご安心ください^^←
    もう何なんだこの兄弟!
    ここまで来たらもう禁断の関係になっ(ry

    ゴホン。
    第三弾を書くのは少し先になりそうですが、頑張らせていただきます☆
    てか、何弾まで続くんだろこれ。
    そんなこんなで(?)、感想ホントにありがとうございました!!

    _AkaRi*   2010/01/12 14:08

  • >>逢沢ゆみさん

    “前編”で大丈夫ですよー^^
    こちらにも感想ありがとうございます!

    はとまめ、笑っていただけましたか♪
    アサヒはクールと見せかけてツッコミは激しいのです☆(笑)
    てか、ツッコミ要員が彼しかいな(ry

    確かに、沢山の人に受けるようなコメディを書くのは至難の業ですよね;
    でも、こんな私の作品にも笑ってくれる方がいると思うと、力が湧いてきます!

    お互い、執筆頑張りましょうね^^☆
    よろしければ、また遊びにいらしてください♪

    _AkaRi*   2010/01/12 13:26

  • 続編と聞いて…^p^

    ブラコメ最高ですっ!
    2010年は、ブラコメがくると思います!
    あぁ〜、終始ニヤニヤが止まらなかったですw

    アサヒくんのブラコンにも拍車が!
    お風呂の場面は、私の脳内でいらない妄想をしてしまいましたすみませんm(__)m

    第3段ですと!?
    気長に待ってます♪
    楽しみにしてますねっ!

    蜜子   2010/01/07 01:29

  • 先日こちらの前編(とゆう言い方でいいのでしょうか?)にお邪魔しました^o^
    見てもらえたかな…(^-^;

    “はとまめ”いいですね♪笑っちゃいました(~o~)
    アサヒ君のノリツッコミも好きです(*^^*)

    SFやファンタジーを書ける人も尊敬するけど、コメディ書ける人もすごいと思います!だって読み手を笑わせる表現力があるんだから^^

    逢沢も勉強せねば…(-o-;

    逢沢ゆみ   2010/01/01 16:26