ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    小学五年に転校してきた聖。聖とは話すうちにお互いの気持ちに
    気付き、中学に入った同時から付き合い出した。ラブラブやったのに…離ればなれになるのは嫌だったのに…お互いの夢のために離ればなになる事になった。お互い別れるつもりはなかったけど、いつしか聖がモテモテでとか噂が私まで届いた。それからしばらくは付き合ってたけど、結果的に自然消滅なった。聖には彼女がいるとかいないとか…あれから…二年、高校三年になってすぐ同じクラスの崇人君から告られ、進む道も同じで大好きになった。でもいいムードになると、聖が浮かんできて、そんな気持ちになれない…崇人君が大好きなはずなのに…自分の本当の気持ちがわからない

    開く閉じる

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    「別れよ…」
    私の唐突の言葉に彼は驚きを隠すことができていなかった

    「なんで?、どうした?」

    「一緒にいるの疲れちゃった…」
    そんな事ない、本当はずっと一緒にいたい
    でも、私のせいで彼が変に言われるのはもうヤダ

    だから…
    「さようなら……。」

    その時、彼は私の手を掴み
    「待ってるか」
    それだけ言って、私の目の前から消えてしまった
    悲しくて苦しくてどうしようも無い感情が溢れてくる…

    それから何ヶ月たった頃彼が彼の友達にあることを言っていた

    『お前彼女と別れたんだろ?』

    「うん、でも俺は諦めない。だって初めてこんなに好きになった人だから」

    『まぁ、頑張れよ!!』

    「おう!」

    もう、彼女でも何でもないのにどうして彼はそんなに優しいの?
    また、苦しくなった…悲しくなった…

    ごめんなさい
    好きでいてくれて 「ありがとう…」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    「なる、すきだよ。」

    「私もすき。」

    彼のすきという言葉に意味はない。
    私の我儘に付き合ってくれてるだけだ。
    奏には、付き合って2年の彼女がいる。
    それでも幼稚園からの付き合いで
    その時からずっと片思いしている私の気持ちを奏が知ったのは1年前。

    卒業するまででいいから、
    私の彼氏になってくれと泣きついたんだ。

    プレゼントも渡したりもらったりできないし、デートもできない。
    彼氏彼女の関係でいれるのは学校だけ。

    奏に迷惑をかけているとわかっていながらも奏は私のわがままに付き合ってくれる。
    奏の優しさに私は痛みを覚えながら
    幸せを噛みしめる。

    卒業まで、あと数ヶ月。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

イナフ ー失われた物語ー 【小説】 (アライ・エン/著)

よろしければ一言
なんでも結構です
感想など自由にお書きこみくださいませ
お待ちしてます

  • アライ・エンさん

    いえいえ、お気になさらず!!!!
    お忙しいのですよね╰(*´︶`*)╯

    ヘッドランプは無くとも、読めたので大丈夫でした!!!!笑

    また他のも読みに伺います☆

    上乃   2015/07/10 00:53

  • 上乃さま…

    お返事遅くなり申し訳ありません!
    今頃なにか闇詩のどれかをご閲覧くださっているのでしょうか…暗くて足元見えないですよね、すみません。ヘッドランプとかご準備下さいって申し上げとけばよかったです。

    備えあっても憂いばかりですが、万が一お口に合えば幸いに存じます。

    アライ・エン   2015/07/09 23:35

  • 暗黒詩人、って…(´・∀・)笑

    行きます行きます、見に行きます♪
    ていうか、むしろ是非見に行かせてください!!

    上乃   2015/07/05 23:47

  • 上乃さま

    度重なる激励のお言葉ありがとうございます。そのお気持ちに叶うよう、精進いたします…上限迫ってますがww

    詩は、本当に好きで始めたものなので、小説家になろうとは思ってませんでしたが、詩人にはなりたいと思っていた自称“暗黒詩人”です。見ていただけると嬉しいです。

    …なんて調子のいいこと言ってしまった…
    失礼いたしました!

    アライ・エン   2015/07/05 23:27

  • アライ・エン さん。

    そんなそんな!!
    わたしアライ・エンさんの好きですよ(♡˙︶˙♡)
    自信持ちましょうよ♬*゜

    おおっ!! 詩も書かれているのですか!?
    見てみたい←

    上乃   2015/07/03 22:26