ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ

    「お、終わったか?もう帰っていいぞ。ありがとな」

    担任のその一言でやっと委員会の手伝いから解放された。

    「最悪…、めっちゃ暗いじゃん、」

    他の委員会のメンバーにも遅くまで居残りさせる訳にも行かず、かといって友達からも苦手なものなさそうって言われるから素直に待っててって言えず…。

    「……こんなことなられいに話して待っててもらえばよかったな、」

    れい とは私の幼馴染の零也。
    まぁ、あいつが私のこと待つわけないもんね。
    と、一人で呟きながら仕方ないと、一歩踏み出した瞬間_____

    「ばーか。おせーよ澪」
    「れい?!なんで?!」

    急に声をかけられて、驚かない女子はいない。きっと、いや絶対に。

    「…あのなぁ、何年幼馴染やってると思ってんだよ。お前、暗いの苦手だろ?」
    「え、じゃあ待っててくれたの?ずっと?」
    「うっせーな。ほら、はやく帰ろーぜ。

    お前は俺が守るから、怖くねーだろ?」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「はい、それじゃあ、角Aは何度なの?」

    放課後の教室。先輩は若干呆れ気味に聞いた。

    「え、えと…………125度?」

    「はい、はずれ」

    「うぅ……っ」

    先輩に何度教えてもらっても、私はここが出来ない。

    「うーん……じゃあ、もし次が出来たらご褒美あげるよ」

    その言葉に俄然やる気になった私は、次の問題を見る。案外易しかった。

    「あ、これは60度ですよね?」

    先輩はようやく、柔らかい笑みを浮かべた。

    「当たり。じゃあ、ご褒美あげるから、目、つむって」

    言われた通りにすると、私の唇に何か当たった。思わず目を開けると、先輩は意地悪に笑った。

    「あーあ、目を開けちゃダメでしょ」

    ふっと笑いながら、先輩は囁く。

    「出来の悪い子には、お仕置き、だね」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • おでかけ
    • 恋人繋ぎ

    今日私こと里瑠(りる)は気になってる優矢とおでかけ。

    優「そろそろ待ち時間前だからお店行こっか」
    私達は優矢の車の中にいたので出てお店へ向かった
    優「うぅー!やっぱ外は寒いねぇー!」
    確かに寒い… すると優矢と手が触れそうになった
    優「あー!手は繋がないよ! え?もしかして繋ぎたかった?
    ニコ」
    里「繋ぐわけ無いでしょ!そんな事しないから安心してよ!」
    あー!ちょっとだけドキってしちゃった私がバカみたい!
    恥ずかしすぎる///
    私はいたたまれなくなって優矢から離れて歩こうとした
    すると…優矢が手を差し出してきて
    優「嘘だよ ほら、手…繋ごう?」
    私は言われたのが怖くて手を差し出せなかった
    優「ごめんって! ほら繋がないの?繋ごうよ」
    里「だってさっきやだって…」
    優「嫌じゃないよ ほらおいで」
    里「…///バカ…」
    優「はい、いい子ニコ」

    やっぱりこいつには勝てない…///

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

好きよ。文句ある? (希 逢生/著)

なんとか完結!
皆様本当にありがとうございました^^

  • 完結おめでとうございます

    色んな好きが詰まった作品で、好きっていうのは本当にそれは誰にも文句言えない気持ちなんだなーと感じました

    たとえ結ばれなくてもきっとその思いは、何よりも素敵な物で

    誰に反対されても、好きになることはその気持ちは悪くない、自由な気持ちだと感じました

    文句なんてないですよね!だって好きなんですもの−!!そんなまっすぐなきもちのつまった作品

    有り難うございました!
    そしておつかれさまでした

    櫻いいよ   2009/10/13 14:25

  • bikkeさん

    感想ありがとうございます!
    好き、という気持ちをたくさん感じて頂けてよかったです^^

    娘さんと一緒だなんて…なんだか運命感じてしまいます笑
    もうすぐですね、心の中でお祝いさせていただきます*^^)

    ありがとうございます!更新頑張ります♪

    希 逢生   2009/10/11 22:16

  • はじめまして

    と、完結おめでとうございます

    可愛いタイトルに惹かれて、読ませて頂いていました
    いろんな「好き」がいっぱりで、「文句ある?」と聞かれれば、「ノン」です
     
    じつは、逢生さんの生まれた日は、わたしの娘の生まれた日と偶然にも一緒です
    なので、なんだか他人のような気がしません

    また、お邪魔します、がんばって下さいね!

    bikke   2009/10/11 21:04

  • こんにちわ

    かわいい男の子に抱く気持ち、可愛いです♪
    二人の関係がすごくかわいらしくってときめきます−!!

    可愛くてキスしたい、なんて…男の子からしたら複雑かもですが、その気持ちわかります—!!

    女の子はやっぱり可愛い物が好きですよね(物扱い?←謝れ

    片思いから先に進めるのか楽しみにしています♪

    櫻いいよ   2009/10/05 14:13

  • こんばんは♪

    ご無沙汰でした~が、何気なくメ-ルを見ましたらね。
    君の名前、私の娘の飼い猫の名前と同じだったのね。
    そう、ですねん「のぞみ」 いいます。

    とても可愛い子なんよ。
    君も…言うたら怒るかなあ…

    だったら…ごめんなさいね。
    でも、私はこの作品のタイトル…ほんとうにいいと思うよ。
    タイトルは、すごく大事やから…


    スランプや言うてたけど… ほんとですか?

    そしたらね、私の頭のスランプ必勝法…教えましょう。 まず眠る〃

    そうして、あこがれる人を 思う〃

    眠るのは、前頭葉と側頭葉を整理し、アイディアを出やすくするために…


    あこがれる人を思うと…
    ド-パミンが出て、やる気がわいてくる。


    一度試しに、やって下さいませ〃
    結果が良かったらいいのにね…頑張ってみて。

    それから~
    私かなりのおばちゃんやけど…若い人に負けてはおられません…そんな思いで、

    小説書いて、早八年が過ぎてしまいましたわ…

    ハ-ドな生き方やと自覚してますが、止めようとは思いません…


    そんな私ですが、応援してますからね〃


    スランプモ-ドが切り変わることを祈ってますよ…


    さあ~てと、本棚に入れて読ませて頂くことと…
    致しましょ〃

    りゅうさよ   2009/09/20 22:33