ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】

    「何だよこんなとこ呼び出して。ベタすぎ」

    2月の屋上は、やっぱり寒い。

    昼休みに入ってすぐ来たつもりだったけれど、先に来ていた彼の鼻は、ほんのり赤くなっていた。

    「ムードって大事でしょ?」

    付き合ってもう、半年になる。
    隣にいるのが当たり前で、どちらから告白するでもなく、恋人になっていた私たち。

    彼の隣に私以外がいるなんて考えられなかったし、私の隣に彼がいないことだって考えられなかった。

    「今日はバレンタインですね」

    好きと声に出して伝えたことは、1度もない。
    でも、今日は。

    「...そうですね」

    私の緊張を感じたのだろう。
    ふいと目をそらした彼が可愛くて、緊張がほぐれる。

    「...好きだよ。隣にいてくれてありがとう」

    緊張は、解けたはずだった。
    なのに声は震えてて、風は冷たいのに頬が熱い。

    チョコを受け取ってくれた彼が、照れくさそうに笑った。


    「俺も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

平和祈念作品集 (清瀬亜梨沙/著)

作品に対するご意見・ご感想をお聞かせください。

  • のぽが何だか可愛かった。

    平和の考え方は様々だけど、和解出来ないなら↓じゃんけん解決がいいかも‥←瑠奏サン素敵意見

    無益な争いは無駄なはずなのに、需要と供給で有益になったり‥

    正しい答えはないけれど、平和を願わずにはいられないですネ。

    あくび   2007/12/04 06:26

  • 感想ありがとうございましたm(__)m 読ませていただきました詩を読んで、なぜか総理に立候補された麻生さんの演説の「圧力なしでは、対話だけでは解決しないんですょ…」って発言を、思い出しました!その深い真意は分かりませんが、私の解釈では、戦争肯定者!もしくは、闘争本能を露にしているようにしか見えなくて!本当は、どんな人か分からないけど、恐ろしい発言だなと思った事を思い出しました。そもそも、大量虐殺してきた歴史上の人物達を美化したりしてる日本の文化自体が戦争を反対している国家なのにオカシイと思うのですが。 次のお話は、私の大好きな漫画家&作家の篠原千絵さんを、連想でき!素敵な作風だと感心致しましたo(^-^)o素晴らしい作品をありがとうございましたm(__)m モット世界中皆も、平和主義者になるよう!もっともっとなるよう考えてほしいですねo(^-^)o

    小松ゆい   2007/09/29 03:29

  • 遅くなりましたが。マユミです。

    知恵があるから、武器を作る。この言葉にドキッとしました。
    確かに武器を使って、しかも一度に沢山の人の命を奪える様な物を使うのは人間しかいないですよね。
    せっかく知恵と言うものがあるのに…悲しい現実ですね。


    あと、のぽが可愛かったです。のぽみたいなコが世界中に沢山いたら、争い事は無くなりますね★

    執筆お疲れ様でした。

    マユミ   2007/09/17 23:36

  • 読みにくるのが遅れました。野路喜です。

    争うのがイヤなのは僕も同感です。
    暴力も口げんかも嫌いで遭遇しそうになったら、まず回避のしかたを考えるのでルーイが他人に思えませんでした。

    のぽの話に怖さを感じたのは僕だけでしょうか?
    争いの概念を持たない者にその知識を与えたら争うようになるのでは…火を知った人間のように。

    争いを知ってもなお、争いを避けようとするのが人の英知かも知れませんね。

    野路 喜道   2007/09/16 15:14

  • お邪魔してます☆

    作品の数に平和への思い入れを感じてしまわずにはいられません。

    子供達にはいつも笑っていてほしいですね。作品を読んでますます思いました。

    どちらかと言えばルーイのファンかも。まだ隠れファンにしといてください☆

    のぼ、いいキャラですね。

    私たちにとっての平和は忘れてはいけないことと忘れなければならないことがありそうですね。
    もっと勉強して真実を見つめ直したいです。

    深町 田   2007/09/16 00:46