ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    「別れよ…」
    私の唐突の言葉に彼は驚きを隠すことができていなかった

    「なんで?、どうした?」

    「一緒にいるの疲れちゃった…」
    そんな事ない、本当はずっと一緒にいたい
    でも、私のせいで彼が変に言われるのはもうヤダ

    だから…
    「さようなら……。」

    その時、彼は私の手を掴み
    「待ってるか」
    それだけ言って、私の目の前から消えてしまった
    悲しくて苦しくてどうしようも無い感情が溢れてくる…

    それから何ヶ月たった頃彼が彼の友達にあることを言っていた

    『お前彼女と別れたんだろ?』

    「うん、でも俺は諦めない。だって初めてこんなに好きになった人だから」

    『まぁ、頑張れよ!!』

    「おう!」

    もう、彼女でも何でもないのにどうして彼はそんなに優しいの?
    また、苦しくなった…悲しくなった…

    ごめんなさい
    好きでいてくれて 「ありがとう…」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    「なる、すきだよ。」

    「私もすき。」

    彼のすきという言葉に意味はない。
    私の我儘に付き合ってくれてるだけだ。
    奏には、付き合って2年の彼女がいる。
    それでも幼稚園からの付き合いで
    その時からずっと片思いしている私の気持ちを奏が知ったのは1年前。

    卒業するまででいいから、
    私の彼氏になってくれと泣きついたんだ。

    プレゼントも渡したりもらったりできないし、デートもできない。
    彼氏彼女の関係でいれるのは学校だけ。

    奏に迷惑をかけているとわかっていながらも奏は私のわがままに付き合ってくれる。
    奏の優しさに私は痛みを覚えながら
    幸せを噛みしめる。

    卒業まで、あと数ヶ月。

    開く閉じる

    • お昼休み
    • 校舎裏
    • 切ない【お題】

    「お、杏奈。」

    「兄さん。お待たせ!お昼食べた?」

    「いや、まだだけど?」

    「一緒に食べよう?」

    「ん。良いよ。」

    私の兄、川霧 悠太。私の好きな人...

    絶対に叶う事のない恋心。

    「お、美味い。また、上手くなった?」

    「エヘヘ。ありがとう。」

    そんな兄には、他校に彼女がいる。

    それを知った時に、

    「あぁ。そっかぁ」

    なんて開き直ってた。

    「あ、メールだ。」

    そう言って携帯を開く兄はどこか嬉しそうで、「あ、彼女か...」と思った。

    ニコニコした顔で楽しそうにメールを送る兄は幸せそうで...

    私なんかが好きになれない...

    さよなら。私の恋心...

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ヤンデレ双子に愛されて (空波 刻羅/著)

『後日談』あたりから作風が違うような……。ま、おやっさん書けたんで満足です。分かる人には分かる『繋がり』を残してみました。

  • れおうどんさん

    こんにちは
    こちらにもお越し下さりありがとうございます。

    普通では収まりきらない愛情だからこそ、異常になった彼らですが。それを止められる可能性があった香我美がああいった結末になっては、彼らの思い描く幸せはこれからも書き加え続けられることかと思います。

    最初の内はヤンデレを書けばバッドエンドが多かったですが、わりと最近の作品は彼女側が真にヤンデレ彼氏を愛するためハッピーエンドの物があるかと思います。

    本当にヤンデレは、相手次第で変わるのだと常々感じます。

    ではでは、書き込みありがとうございました。

    空波 刻羅   2017/01/17 15:25

  • こちらも読ませて頂きました。

    ヤンデレ彼氏の方と話が少し
    繋がっていて

    それでいて最後には刑事の言葉が
    一番正しい考えで、
    それが出来ない普通ではない彼たちの
    行く末が悲しく思えて仕方ありませんでした…

    けれど普通ではないからこそ
    それが幸せだと信じて行動をしている彼らが
    それが間違いだったと気付く日が来るのか…
    などと読み終わった上で色々と考えさせられる
    とてもいい作品と出会うことが出来て嬉しいです。

    非日常的だからこそ異常で異質
    だからこそおもしろいと思ってしまう
    私たちもどこか歪んでいるんだろうな…

    だからこそヤンデレという単語が生まれたのかな
    と思ってしまうような…

    空波さんの書かれるハッピーエンドも
    読んでみたいなと思いました。

    空波さんの作品を読んでいる時間は
    とても楽しい時間でした。
    これからも作品楽しみにしています。

    れおうどん   2017/01/17 11:26

  • かたかなさん

    こんにちは
    はじめまして。

    今作はヤンデレでも猟奇的な部分が際立ちますが、これすらも胸きゅん対象になるとはかなりの上級者っ。

    ヤンデレ(好きなもの)が二人、二倍になったからこそよりときめくのかもしれませんね

    今作ヒロインのような結末にならないよう、ヤンデレ二人に挟まれた時は何とか回避して、よりときめくシチュエーションにして下さいねっ←

    最近は更新停滞気味ですが、だいぶ前に書いた今作から、新作まで読んでもらえ、更に書き込みして下さる読者がいると

    改めて書いたかいがある。また書きたいと思えてきます(●´∀`●)

    なかなか時間が取れないので更新は難しいかもしれませんが、ふとした時にこうして野いちごにて書けるのはかたかなさんのような読者がいると思えるからですね

    ではでは、書き込みありがとうございました

    空波 刻羅   2016/06/10 22:25

  • はじめまして。
    空波さんの作品がだいすきな者です。
    あの、唐突ですが、これギュンギュンきました。やばかったです‥
    空波さんの、ヤカンやその他ヤンデレ作品たくさん拝見させていただいていますが、こちらもとくにきゅんきゅんしすぎてつかれるほど‥とっってもすてきでした。
    失礼ですが、かなり異常であろうこのシチュエーションに、ときめいた私も異常なのかなあ、なんて。ごめんなさい。
    めちゃ尊敬しておりますので‥。
    最新作みてきましたが、さいこうです。
    すてきな作品を創ってくださり有り難うございますねえほんと‥‥(;-;)
    (ここだけの話、コメントしたいがためにとうろくしてしまいました‥!笑)
    今後も空波さんの、作品楽しみにしております。
    長々と拙い文を失礼いたしました。
    では。

    かたかな   2016/06/10 05:20

  • 桜蝶さん

    こんにちは

    吐き気を催されましたか、何とも申し訳ない(゚Д゚;)

    ヤンデレの中でも猟奇的な部類になってしまいますからねぇ

    ヒロインがもっと上手く立ち回ればこんなことにならなかったのにっ←

    グロいのはダメと言われても、もう何かと手遅れでして
    私めの作品読みたくなったさいは、コメディジャンルオンリーでお願いします(´・ω・`)

    ではでは、書き込みありがとうございました

    空波 刻羅   2014/09/09 19:06