ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【いつきの小説講座】巻ノ弐 (和宮 樹/著)

え~……ネタの提供をお願いします(笑)

  • >さk*uらさん

    初めまして。この度はご質問ありがとうございます(^-^)

    ではさっそくお返事を。

    章や節の場合は『トピックス』を意識するのが良いかと。

    『トピックス』、つまりその章ないし節でどんなことが起こるか、ですね。
    それをわかりやすく一言で表すイメージです。

    例えばニュースで『○○動物園で一日園長さん』といった感じのタイトルをつけますよね。

    もちろん“あからさまに内容がわかる”ものは避けつつ、けれどその章ないし節を説明しているもの。
    これが理想ではないかと思っています。
    いくつか例を挙げてみます。


    例1)
    ◇『すれ違う想い』
    ・どのようにすれ違うのか、どちらの行動のせいですれ違うのかまではわからないけれど、それが起こってしまうというタイトル


    例2)
    ◇『極光の墓標』
    ・場所やそこで起きる現象の説明。


    例3)
    ◇『裸足の男』
    ・そこで登場する人物を表す言葉。他にも名前そのままを書いたりする場合も。


    これらは一例に過ぎませんが、どれもその章や節をその一文で表すようなものになっています。
    大きくみれば作品タイトルの付け方とそんなには変わりませんね。
    他には単純に数字を振るという方法も、当然有りだと思います。

    参考になれば、幸いです(´∀`)

    和宮 樹   2013/01/06 04:10

  • >ゆゆ。さん

    お返事が遅くなって申し訳ありません。

    この度はご来訪いただきありがとうございます(^-^)

    このような本を書いてはいるものの、私自身まだまだ未熟な部分が多くて、日々勉強を重ねております。

    なので一緒に成長していきましょう~。

    なんにつけても私の場合はまず執筆速度をどうにかしなきゃなんですけどね;

    こほん。

    改めて、コメントありがとうございました。

    またいつでも気軽に遊びにきて下さいませ~。

    和宮 樹   2012/01/20 04:48

  • >羽咲さん

    順調に更新されてるみたいですね~。

    うらやま――あぁいやいや(笑)

    実はゆっくりとですが追いかけてますよ~。

    色々と読まなきゃな作品が多いので本当にゆっくりと(苦笑)

    和宮 樹   2010/12/21 17:54

  • >羽咲さん

    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません;

    作品、更新の具合はいかがですか?

    また何かありましたら遠慮なくお声をかけて下さいませ。

    お答え出来る範囲でお話しさせていただきますので(^-^)

    さて、私も色々と頑張らないと……

    和宮 樹   2010/12/16 14:27

  • >羽咲さん

    なるほど~。

    そういったご意見があるということは物語の転換期における“選択”の部分で、その役割に主人公が絡んでないということでしょうか。

    となると羽咲さんの作品の場合『巻き込まれ型』が多いのかもしれませんねぇ。

    となると、プロットを作る際に『主人公がこうしたからこうなる』という部分は作られてますか?

    全部が全部そうである必要はありませんが必ずポイントポイントでそういう部分を作らないと主人公の存在が希薄になってしまいます。

    それらは必ずしも“正解”ばかりである必要性はありません。

    主人公の“間違い”によって物語が動くこともあるはずです。

    そこを考えていくときっと主人公の存在感が増していくと思いますよ~。

    和宮 樹   2010/12/10 10:54