ただ、この夜から抜け出したくて。

恋愛(ピュア)

春 紫苑 (ハルジオン)/著
ただ、この夜から抜け出したくて。
作品番号
1726004
最終更新
2024/07/13
総文字数
32,995
ページ数
116ページ
ステータス
未完結
PV数
1,732
いいね数
0



〝110番です。事件ですか、事故ですか。


今…小さな女の子が誘拐されるのを見ました。〟




1件の通報から深く広がった誘拐事件。


トラウマからは簡単に解放されない。




少しずつ傷が癒えて、フラッシュバックして傷が深くなって、また癒えて…。



そうして傷が治るにしたがって、絆も深まっていく。




警察官..篤見(33)

被害者..内田ちひろ(17)




※直接的な描写は避けていますが、
監禁・レイプなどを思わせる情景が
含まれます。
苦手な方は、飛ばしてお読みください。





あらすじ
誘拐の通報があり、被害者を保護すると、隠し部屋に1人の少女が監禁されていた。その少女は、警察官である篤見(あつみ)が保護した後に自殺してしまった少女に似ていて、自身のトラウマと闘いながら、献身的に少女を守っていく。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop