【コミカライズ】竜騎士様の最愛花嫁

ファンタジー

三沢ケイ/著
【コミカライズ】竜騎士様の最愛花嫁
作品番号
1700148
最終更新
2023/06/23
総文字数
23,523
ページ数
63ページ
ステータス
完結
PV数
481,706
いいね数
284
ランクイン履歴

ファンタジー11位(2023/06/30)

ランクイン履歴

ファンタジー11位(2023/06/30)

※コミックシーモアにてコミカライズ先行配信開始しました!


エレオノーラの実家であるレガーノ子爵家は魔法石鉱山を掘り当てて巨額の富を築き叙爵された新興貴族だが、数年前に父が事業で大失敗して今は見る影もない。
そのため、エレオノーラは少しでも借金返済の足しにしようと、王立図書館司書として働いていた。

そんなエレオノーラには幼いときに決められた、ひとつ歳下の婚約者──ヴァレリオがいた。
ヴァレリオは優秀な魔法使いを輩出するボローニ子爵家の嫡男で、世界最高峰の全寮制魔法学校を首席で卒業、その後は竜騎士としてめざましい活躍を見せ『英雄竜騎士様』と呼ばれるほどに。
この度、10年ぶりに王都に戻って王都竜騎士団の師団長に就任、爵位も賜る予定で、順風満帆らしい。
らしい、というのはヴァレリオ本人から全く連絡がなく、人づてに話を聞くだけだから。
手紙を出しても全く返事がないこと早7年! エレオノーラのことは完全なる放置プレーである。

そんなある日、ヴァレリオから「叙爵式典と祝賀会に同席してほしい」と手紙が。
まだ婚約していたことを憶えていたのかと驚くエレオノーラ。
しかし、どう考えても今の自分とヴァレリオでは釣り合わない。

よし、決めた。婚約破棄しよう。
そもそも、これだけ放置していたくらいだから、向こうも渡りに船のはず。

「婚約破棄してくださいませ」
「断る。俺がどんなにきみを愛しているか、しっかりわからせないとね」


10年ぶりに会う婚約者の様子がおかしいです!

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

はぁ~⤴️(^ー^)良かったねぇ❗🎵色々報われて❤️✨

ひめかさん
2024/02/07 23:38

この作品のひとこと感想

すべての感想数:117

三沢ケイさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop