さっきだって、本気でキスされると思った。

でも、ちっともいやじゃなかった。


千隼くんは…違うのかな。

本当の彼女じゃないわたしには、キスなんてできないのかな…。



千隼くんが彼氏の“フリ”として、わたしを他の男の子から守ってくれるのは、すごくうれしい。


だけど、その“フリ”が――。

たまにわたしを不安にさせる。