ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • 放課後

    今は部活が終わって帰る途中。
    室内部活がほぼ一斉に終わるから、やっぱ下駄箱混むなぁ、、、。

    「お前の靴はこれか?」
    「え、う、うん、ありがとう、」
    「俺の隣なんだよ、下駄箱。たまたまお前の姿みえたから、とっただけだよ。たまたまだからな、」

    テンパってる君を見るのは
    初めてだよ。

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 告白

    私の名前は夏美
    私には遥という彼氏がいるのですが1つだけ悩みがある…それは彼がクール系男子だという事だ!
    私はいつも遥にドキドキさせられて照れているというのに彼の照れてる所は見た事がない!今日こそはドキドキさせてやる!

    放課後…いつもと同じ帰り道…

    「じゃあな夏美。また明日」
    いつもと変わらない彼。よし!私の本気見せてやる!
    「ま、待って遥!」
    私は彼の腕を掴むと少し引っ張った
    「ん…?どうしたの?」
    「好き…大好き……チュッ…」
    初めて自分からキスした
    きっと私の顔はりんごみたいに真っ赤だと思う
    でも…これで少しでも彼が照れてくれれば!そう思って俯いていた顔を上げると…
    「夏美…可愛すぎ。でもねこんな事で俺は照れないから…ね?」
    そう言ってニヤと笑うと彼は私に深い深いキスをしたのだった…

    私は一生彼には勝てないと思う
    でもそれでも良いと思ってしまうのはきっと彼だからだろう…

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 登校中
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日、長い髪をバッサリ切って、
    初めての学校。

    いつも一緒にいる友達には似合ってるって
    言って貰えた。

    「あ、悠、おはよ」

    「ん、」

    じーと見てるく悠に動きが止まる。

    「な、何?」

    「髪、」

    「あ、切ったんだ!どう?って!」

    どう?って言った瞬間
    クシャクシャに頭を撫でられる。

    せっかく可愛くセットしたのに!
    悠に可愛いねって言って貰えるように
    頑張ったのに!

    「もう!悠!何すん...「バーカ」」

    べーっとべろを出して笑う悠の
    笑顔が目の前にあって、怒る気も失せる。

    「悠!」

    後ろ手に手を振ってどっか行く悠に
    ため息をついて逆に歩き出す。
    ま、笑顔が見れたからいっか。



    「まじ、可愛すぎんだよ。
    あー、俺以外にあの顔見せんな」

    言えないくせに、独占欲だけは強くなる。
    まじ、情けねぇ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

被害者はいつも子供‥‥‥〔ありがとう、親父〕《実話》 (嵐士/著)

文章力が無いせいで、親父の偉大さを伝えられないかもしれないので題名を変えました


また、子を持つ親の方には読んで頂きたいと思っています。

  • アヤビィさん



    素敵なレビューありがとうございます



    所詮この世で身内と呼べる人間なんて、ほんの一握りですよね


    だから、身内だけは絶対に深い信頼で繋がってたいし、互いに大きい愛情で繋がれてたいです



    僕はチビに対する愛情は誰にも負けてませんが、それを決めるのは自分ではありませんから



    そう周りに認められるように、普通に当たり前にチビを愛してやりたいです

    嵐士   2009/06/10 09:05

  • こんばんは。そんな事ないですって絶対、そんな事ないです。翔君の事大事だから、こうやって自分と息子との生きざまを小説に書いたんでしょ形にしたくて…。 離れていても、翔くんの事を愛してあげてるから、自分の言葉で書いたのでは そんな風に自分を卑下してたら、翔君がかわいそうですよ立派だと思います。最低な親は、全然、子供の事思い出さないだろうし、人にも話さないと思いますよ生意気言って、ごめんなさい

    ユウ・   2009/06/08 20:52

  • アヤビィさん



    お久しぶりです


    こちらにも目を通していただき、本当にありがとうございます♪




    僕はほんとに幸せもんです。世界最高の親父をもつ事が出来ましたから



    自分は最低な親父になってしまいましたが


    親、子、兄弟の絆って本当に素敵ですよね

    嵐士   2009/06/08 20:05

  • お久しぶりです。元気ですかアヤビィです(^^ゞ 作品読みました。何とも言えない気持ちです。やはり、子供が生きて行く事が出来るのは、何年、何十年経っても親の愛、親の存在ですね。 自分を愛してくれる親がいる…それだけで強くもなり、優しくもなり。友達や自分と関わっていく人達もそうですが、親の愛に代わるものはないと思います。今、親の虐待や、危められる子供が増えていますが、この作品を読んで、つくづく子供を愛してあげて下さいと言いたくなる…そんな作品だと感じました。

    ユウ・   2009/06/07 13:29

  • ななみみさん


    ほんとに、言うのが恥ずかしくないくらい最高の親父なんですよ


    厳しかったけど、常に僕たちの事を考えての事だったし



    親父には一生追い付けないなって思います(^_^;)

    嵐士   2009/03/01 23:15