ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年01月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 廊下

    「朱登」

    私は幼馴染の彼が好き。だけど、彼には既に大切な存在がいる。

    「どうした?」

    そう、これは叶わない恋。
    だから気づかれる前に今からこの気持ちに蓋をする。

    「私、好きな人が出来たの。だから、これからは別々に…」

    そう言うと君はどこか寂しそうな顔で、

    「そっかー、そうだよな。頑張れよ」

    叶わない恋を応援する。

    「ありがとう。朱登もそろそろ愛しの彼女を優先しなよ」

    「おまっ」

    顔が少し色づく君。
    私は知らない、そして彼は更に私へ追い討ちをかける。

    「お前が変わろうが俺にとっては大事な幼馴染だ。
    何かあれば頼れ、俺がいつでも助けてやる」

    この状況下でそれは余りにも酷すぎるよ

    「ありがとう」

    「おう。じゃ、彼女待たしてるからそろそろ行くわ」

    彼はそういって彼女の元へ急ぐ。
    私は遠くなっていく彼の背中を見つめながら、

    「さようなら、私の好きな人」

    と呟いた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • お昼休み
    • 屋上

    「また告られたって噂流れてるぞ」
    横で焼きそばパンを口いっぱいに頬張る幼なじみが言った。
    私もメロンパンを頬張る。
    「いい加減にモテるのやめろよ」
    もごもごしながら言われても。
    「翔に言われても説得力皆無」
    昨日も告られてたくせに。
    隣からごくっと飲み込むことがした。
    「俺はいーんだよ」
    次のパンへと手が伸びる。
    「はぁ?」
    ビリッと包装を破く音がして動きが止まった。
    「実は口も悪いし寝癖よくついてるしこんな女のどこがいいんだか」
    今度はクロワッサンを頬張り始めた。
    「知らないよ」
    「あっそ」
    少しして全部食べ終わったのか牛乳のパックを潰し始める。
    「カエル手掴みできるとか音痴とかそいつら知らないだろ」
    すっと立ち上がりドアの方へ行ってしまう。
    「ちょっと!?」
    キィとドアの開く音がする。
    「だからぁ、俺にしとけばいいってことだよ分かれよバーカ」
    ダン!とドアが閉まった。
    バカはどっちよ…

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後

    もう、あれから10年経つのか...』

    今から10年前、当時6歳の私は幼なじみとある約束をした。

    ー10年前

    「結舞ちゃん、僕ね引っ越すんだ。」

    『じゃぁ、結舞と響君はどうなるの?』

    「離れ離れになるんだ。」

    『そんなの結舞嫌だよ!!響君と一緒にいたい!!』

    「僕も離れるのは嫌だよ。でもね、僕が大きくなって絶対結舞ちゃんを迎えに行くから待っててよ!!」

    『グスッ、なら結舞待ってる!』

    「約束だよ!!」

    そんな約束をいつも遊んでいたこの丘でしたんだ。


    『あんな約束、響君は覚えてないだろうな…』

    「誰が覚えてないだって?」

    『えっ?』

    「久しぶり、結舞。」

    『響、君?』

    「約束通り、迎えに来たよ。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

隣のキケンな王子様! (水沢 莉/著)

感想などいただけるとウレシイです(*´∀`*)

  • 私が初めて読んだケータイ小説が、この小説でした。小学4年生の頃にケータイ小説の存在を知り、友達に借りて読んだのが、これでした。
    それから、友達に返したあとも、ずっとこの小説のことを考えていました。
    それくらい、私にとっては衝撃的なストーリーだったのです。最後に待っているあのどんでん返しは、まだ恋を知らない私でもドキドキし、感動しました。
    もう一度読みたい‼そう思い、沢山の書店を周り、この小説を探しました。でも、どこにも無く、いつしか5年という月日がたっていました。
    古い本で書店には、もう置いていないのかも。
    私は受験生となり、次第に時間もあまり取れなくなっていきました。もう読めないと思うと、とても悲しかったです。
    でも、学校説明会の帰り道、ふと立ち寄った古本屋で、見つけました。ついに!
    ホントに嬉しかったです。
    なんせ、5年間もの間探していた本でしたから‼私は嬉しさのあまり、その場で買うことを決意し、レジで購入させていただきました。

    私も由梨ちゃんや郁己くんと同じく、
    運命の再会ができました‼

    長々とスミマセン。でも、この感動を水沢さんにどうしても伝えたかったので、
    書かせていただきました。
    今私は高校生となり、心置きなく楽しんでます!

    最後に、沢山キュンキュンさせていただき、ありがとうございます‼今 とても幸せです( 〃▽〃)

    工鈴和(退会)
    2017/07/01 10:40

  • やばいです!
    きゅんきゅん!!!
    久々にこんなにおもしろいとおもいました!!!
    続編も書いてほしいです!!!

    べりぃ*   2013/11/25 22:47

  • とてもいい作品だと思いました

    幼い頃に別れた、2人だったけど、
    主人公が知らないうちに再会できていて、よかったなと思います

    ニコニコスマイル   2013/03/22 09:54

  • 郁己くんカッコイイ!o(>ω<*)o
    彼みたいな人、現実世界にいたらいいのにな~
    も~最高だよ!!❤♪

    由梨ちゃんもめっちゃカワイイし、うらやまし~(>_<)

    読んでてすっごいドキドキ、キュンキュンしました(*≧д≦) ☆!

    ぜひアニメ化または、漫画化してほしいな~と思いました!

    これからも頑張ってください!!
    応援しています!ヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ

    星空&月   2013/02/10 15:52

  • 郁己くんかっこよすぎです!
    きっと王子様なんだろうなー
    て思いながら読んでたんですが

    まさかの双子のお兄さんが
    でてきたり…

    ストーリー性があって
    すごいおもしろかったです!

    亜矢子ちゃんとの絡みとか
    恋愛だけじゃなくて
    友達関係も描かれていて
    とてもよかったです(*^-^*)

    お気に入りになりましたっ

    夏海沙耶   2013/01/20 22:21