ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 倉庫
    • 後ろからギュッ

    倉庫で二人っきりで過ごした後。
    気付いたら、寝すぎてしまった。


    「やばっ!!
    リナちゃん、可愛い!」

    「馬鹿。
    志貴さんが起きたらーーやばいから早く出るぞ!」

    なんか、うるせーな。
    パチっ、と目が覚めて後ろからギュと抱き締めていた温もりにーーーー。
    ハッ、とした。
    目の前のリナは、無防備にスヤスヤ寝てる。

    目の前にいる野郎共。

    「見た?」
    「「いえ!見てません」」

    なんか、震え上がってる。
    「あー良かった。
    じゃあ、出てって。」

    後ろからギュ、と抱き締めた。
    「あの、志貴くん、恥ずかしいですっ」
    いつ起きた?
    俺は、リナを見つめた。
    「誰にも、見られたくない。
    俺だけのリナっ」
    誰にも見せない、大切な君。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後

    がら、とドアを閉めて。
    ふぅと息をついた。
    気持ちを切り替えて教室へと向かう。

    「せんせい」

    教室に入ると、相良先生。
    少しムスッとしていた。
    居残り中に、呼び出されて出ていった私。そりゃあ、怒るか。

    「早川か?」

    不機嫌そうに言う。

    「えぇ、まぁ」

    特に嘘をつくことでもなかった。
    素直に頷く。

    「……付き合うのか?」
    「え?」
    「告られたんだろ。付き合うのか?」

    先生は嫌そうに聞く。
    嫌なら聞かなきゃいいのに。

    「……えぇ、まあ。前向きには検討してます」

    私はどうとでも取れるような言葉を言った。
    先生は、子供みたいにすねたようにして。

    「あっそーかよ!どうせ俺なんて…」

    と、語尾を曇らせた。

    いつもはクールな先生の、そんな姿。



    断りましたよ、先生が好きだから。
    そんな言葉は言えなかった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 部室
    • 壁ドン

    サッカー部のマネージャーをしてる私には1つ年上の彼氏がいて

    部活でキャプテンをしてて周りの女の子から沢山もてていて


    私なんかがって思ってしまうことが…
    そんな不安を隠すためにマネージャーの仕事に没頭してる私は


    後輩と部活のことで少し話をしていると…


    「マナ(私)。ちょっといい?」


    そう言われると手首掴まれて部室へと連れていかれた。

    部室に入った途端鍵をして壁へと追い詰められた。


    「俺になんか言うことない?……俺が不安にさせてた事は謝る。…でも。だからといって無駄に水分は取らないし。かと言って部員にはとるよーにいうし。…熱もあるじゃん。もっと自分を大切にして。お願いだから。」


    『……ずっと怖かった。…好きなのは自分だけなのかなって…。だから。マネージャーの仕事に没頭してた。』


    「俺は。マナだけだよ。今日はずっと一緒にいるからね。」

    と頭撫でてもらえた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【短】体育館で、裏切りを願ってる (朝海沙紅/著)

  • こんにちは!遅くなりました。

    この二人好き……はちゃめちゃに好きな二人です。永瀬くんと篠原ちゃん。
    タイトルの意味がわかったとき、「きゃー❣️」ってなりました(笑)語彙力なくてごめんなさい。
    篠原ちゃんの一途なところにキュンキュンしました。可愛すぎて。そんなに想われてるなんて罪だぞ永瀬。笑
    あとあと、わたし的には、須藤くんがまたツボでした!本当いい性格してる(笑)

    素敵すぎて思わず読み返しました(笑)
    素敵なお話をありがとう(*^▽^*)

    紫月 玲   2019/03/27 13:36

    こんばんはーっ!

    気に入ってもらえて嬉しいです、永瀬くんと篠原ちゃん。
    永瀬くんも篠原ちゃんも喜んでます、篠原ちゃんは照れてもいるけど、永瀬くんがそれをからかいながらも愛しそうに見てます。

    そう、タイトル…!!
    触れてもらえてよかった…!ちょっと工夫したので…!「きゃー❣️」ってなってもらえて嬉しい、ふふ。伝わったです、いぇい。

    篠原ちゃんはひたすらに一途で、さらにウラ話をすると永瀬くんも実は篠原ちゃんにひたすら一途です(裏設定)お互い罪すぎる、、(自分で考えたのに)

    須藤くんは……頑張った!私も!(笑)
    須藤派と永瀬派ができそうな感じにしてみたくて、須藤くんにも頑張ってもらったけど、、
    永瀬きみはヒーローとしてだいじょぶか…!?…っていうギリギリのラインだった気がします…

    読み返してくれただなんて…!
    こちらこそありがとう、長くてごめんね(>_<)

    作者からの返信 2019/03/27 19:09

  • こんばんは!
    自分も書き終えてから感想送ろう!!
    ……と思ってたけど、昨日から『送りたいな、送りたいな』とそわそわしてしまっていたので、やっぱり送っちゃうことにしたよ!(笑)

    かっこいいなぁ、永瀬。
    永瀬め……ずるいぞ。
    永瀬だから、このセリフがつとまるんだよね。
    と思いながらニヤニヤ読んでました。
    おそらく、本当にモテるのは須藤くんみたいなタイプなんだけれど、永瀬くんの隠し事をしない、努力を続ける、当たり前にはできない行動が素敵でした。
    多分、これをイケメンとよぶのですね……。
    9ページは完全に息の根をとめにきていると思います😇
    たくさんキュンキュンしました!

    弓削 あずき   2019/03/16 19:05

    あずちゃんんん~っ!ありがとう!!

    そうなんだよ、永瀬かっこいいんだ…!萌えポイントを入れたよ…!ふふ

    対比の須藤くんが、先に出てくるわイケメンだわで、正直「永瀬ちゃんとヒーローになってる?」って不安だったけど、大丈夫でよかったです(笑)
    天然イケメンと、捻くれイケメン(自覚アリ)を登場させたのは頑張った、私…!

    キュンキュンいっぱいもらえて嬉しいです!
    感想ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/03/16 20:39