ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    ―どんなお菓子でも俺は嬉しいよ!



    今日はバレンタイン。
    お菓子作り苦手だけど、頑張ってチョコブラウニーを作った
    浅見君はモテるから、美味しいお菓子沢山貰ってるんだろうな…
    こんなお菓子食べてくれるかな…どうしよ…

    「遙日!」
    「!浅見君」
    「遙日は誰かにチョコあげた?」
    「あ、あげたい人がいて作ってはいたんだけど…私お菓子作り下手で、みんな凄く美味しいの作ってて…私のなんか貰ってもその人嬉しくないと思うから…」
    「あげたい人いるのか〜ちなみにどんなお菓子でも俺は嬉しいよ!」
    「え?」
    「俺がそのチョコ貰いたかったな〜なんちゃって」
    「私があげたい人は…」
    「ん?」
    「浅見君、だよ」
    「え!?ほんとに!?今すぐ食べるからちょうだい!」
    「あ、味は保証しないよ?」
    「味とか見た目よりも気持ちの方が大切だろ?」
    「!」
    「んー!うま!美味しいよ!遙日!勇気出してくれてありがとな!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 告白

    「先輩、一緒に帰りませんか?」
    部活後、声をかけられた
    私は断る理由もなかったので一緒に帰ることに
    他愛のない会話をして歩いていると、唐突に質問された
    「何の日か知ってます?」
    「バレンタインでしょ?」
    「正解!で、僕の分は?」
    「部活でマネージャーからで渡したでしょ?」
    「個人宛はないんですか?」
    頬を膨らませる姿が、なんだか可愛くて私はつい微笑む
    彼は気に入らなかったのか、私を睨む
    「それにしても義理チョコとか友チョコとか女の子は大変だよ…」
    彼が急に立ち止まる
    「海外では男性から女性に渡すらしいですよ」
    彼はバックから小包を取り出した
    「実は、先輩に用意してたんですよ…」
    「先輩が好きです!付き合ってください」
    真剣な眼差しに、鼓動が早くなる
    「…よろこんで」
    私がそう言うと、抱きしめられる
    「…勇気必要だったんですよ?お返し期待してますね…」
    私は答えるように、抱きしめ返した

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

父の死とドーナッツ (高山/著)

父が死にました。忙しいけど今のうちに残したかったです。

  • 高山さん、お辛い時にファンメをくださってありがとうございます。
    ドーナッツの話、とても悲しくて…でも不謹慎にも「とても素晴らしい作品」だと思いました。申し訳ございません。
    でも高山さんは、やはり素晴らしい作家さまでいらっしゃる。と改めて感じさせらたのは事実です。
    普段の高山さんの作品はどこか生命力溢れていて、力強い“勢い”がありますが、思わず手を差し伸べたくなる“脆い”意外な部分が見えた作品でした。しかしながら、悲しみの淵に立たされても尚文章に起こすと言うことはやはり並大抵な精神力ではできないことだと思います。


    宝希☆/無空★さまの素晴らしいレビューの後に残すにはあまりにも拙いものですが、私の精一杯のお悔やみで書かせていただきました。

    レビューでも書かせていただきましたが、私はドーナッツをまた尚樹さんに創ってもらいたいです。
    そしてまたみんなで分けて、少しずつ少しずつ食べるのです。

    今度はもっともっと大きなドーナッツを創ってください。
    改めまして、心よりお悔やみ申し上げます。

    魅洛   2018/07/17 23:01

    魅洛さんありがとうございます。ドーナッツを何時かは作れれば良いですね。
    書いたのは父への供養です。
    書かないといけないなです。
    ブログも書いてる位ですからね。

    書いてると一時的に忘れられるからでしょうね。
    レビューまでありがとうございます(^-^)

    作者からの返信 2018/07/17 23:07

  • すまん、泣いてしまいました。

    今は、西村由紀江さんの「木漏れ日の中で」というピアノを聴きながら感想を書いてますが、人が人を失うのは、新しい何かを得るためだと、うちは信じたいです。

    あまりに泣いてしまって、鼻が痛いです。

    乞うご容赦。

    英 蝶 眠   2018/07/17 21:47


    英蝶眠さん辛い経験をされてるから重みが有りますね。
    何かを喪い何かを得るのだろうと思うんですが今は抉られたように喪失感しか無いです。五十の男が情けないですけどね。

    色々ありがとうございます。

    感謝してます(^-^)

    作者からの返信 2018/07/17 23:00

  • 健康な若者達でも辛い、猛暑の中、
    お父様の闘病を支える、生活が終わり、頑張ってくださって、ありがとうございますと、お疲れ様です。
    後悔しない様に、泣ける時に、涙が無くなるまで泣いてくださいね。
    うちは両親が二桁前に亡くなりましたが、私は若造なので、ドーナッツの童話が理解出来てません。
    ですが、哀しみを感じました。

    宝希☆/無空★   2018/07/17 12:58

    宝希さんありがとうございます。泣いてます。色々後悔は有りますね。

    ドーナッツの話しは自分自身が分かれば良いかなです。感想ありがとうございます。

    作者からの返信 2018/07/17 13:03

  • きつくて辛い日々が終わり、これからはまた違う厳しくて辛い日々が始まるのですね。今はとにかく感情を発散させることが必要ですから、たくさん泣いてください。ひたすら泣いて、時が過ぎるのをじっと待つのです。
    ドーナッツ職人も自分の腕が最高に素晴らしいのものを作り出したことはわかっているでしょう。時折自分の手をじいっとみてそれを確認する、それでもしかしたら、幸せかもしれません。
    今は到底それが出来なくても。

    明紫   2018/07/15 09:27

    明紫さんありがとうございます。泣いてますよ。ことある毎に泣いてます。上手く言えないですが、生き抜く力の限界に来てるのではともふと思いますが、何とかします。ありがとうございます。感謝してます(*^^*)

    作者からの返信 2018/07/15 09:41