ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    私が、軽いイジメをされて、落ち込んで歩いていたら、急に後ろからギュッ!!なんと、そこには片思い中の幼なじみがいた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩

    今日はなぜか憧れの楓先輩に誘われ遊園地に来ている。


    「そろそろ閉園の時間ですね」

    「じゃ、最後にあれ乗ろっか」

    先輩が指をさしたのは観覧車。

    「せ、先輩!観覧車は…緊張するので…他のにしません?」


    「そんなの知らない」

    そう言って意地悪な顔で笑って私の手を引き、観覧車に乗ってしまった。

    「先輩は、好きな人とかいますか…?」

    密室で気まづい空気をなんとかしたくてそんな事を聞いてしまった。

    「どっちだと思う?」

    「イジワル…しないでください…」

    無意識に上目遣いで先輩を見る。

    「あー…舞ちゃん、それはずるい」

    先輩は立ち上がってわたしの隣に座った。

    「せ、先輩!?」

    「舞ちゃんが煽ったんだよ?舞ちゃんが悪い」

    そう言ってチュッーと、優しくキスをした。

    「これからは俺以外の男にそうゆう顔しちゃだめだからね?」


    私が夢中なのはこれからもずっと先輩だけ。

    開く閉じる

    • 年上彼氏
    • 同居【お題】

    「今日も遅いの?」
    いつもの出勤時間になり玄関で靴を履いていた俺は、背後から聞こえた声に顔を上げた。
    微妙に不機嫌そうな顔で壁に寄りかかり、部屋着姿の少女は眠そうに欠伸をしている。
    忙しくて中々会えない時間を埋めるため始めた同居なわけだが、生活リズムがわかる分前とは違う不安を抱えることも増えてきた。大学生の彼女は一人で家にいる時間が俺より長い。最近はあまり構ってやれなかったと、今更後悔する。
    「いや、今日はすぐ帰る。仕事は昨日で大体終わった」
    「…そ」
    短く答え、彼女は嬉しそうに目を細める。ああ可愛いな。俺は少女に手を伸ばす。
    後頭部を引き寄せて、触れるだけのキスをする。ちゅ、と重なった唇は久々だった気がして、思わず表面を舐めた。
    「…っん、早く仕事行って!」
    予想外の触れ合いに顔を赤くした彼女は叫ぶように言う。そんな態度に少し笑って、俺は少女の耳に囁いた。

    「…続きは帰ってきたら、な」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

嘘つきピエロは息をしていない (犬甘/著)

  • のぉぉぉぉぉおおん、遅れました!
    大会までにあった部活を恨みたい、、、

    完結おめでとうございます、お疲れ様でした!
    そして最後まで読みました!
    もう、ちょっとニヤニヤしちゃって、すみません(スライディング土下座)
    私は題名の意味を予想してたんですが、人物が違いました。(意味も違いますけど(゚Д゚))
    ナイキくんじゃなくていっくんとは……。

    きりちゃんとナイキくん、他の子達もかっこよかったり可愛すぎて、え、もう、くっそ、うぉぉぉお!!
    って言う状態になりました。(語彙力)
    キャラも物語も、題名の伏線も好きすぎて犬甘さんも好きすぎて心で叫びまくってました。
    失礼なことを、、こんな神々に……!!

    すみません、後半になってくると何が何だか分からなくなってしまいました、この心境が伝わって頂けたら嬉しいです!(無理です(((

    暑いですからね、熱中症にはお気を付けくださいね!
    これからも頑張ってください!

    とうら   2018/08/17 13:34

    とうらさんへ

    部活お疲れさまです!!
    最後まで読んで下さりありがとうございます(;_;)

    土下座なんて、、むしろニヤニヤしてもらえて良かったです(嬉しい)

    タイトルの意味は、読み始めたときと終盤では変わる仕掛けにしてみたので、あっと驚いたりしてもらえたらいいなーと考えてつけました
    予想してもらえたの、本当に嬉しかったです……!

    カッコイイとか可愛いとか、キャラたちを気に入ってもらえてホッとしました◎
    私もですか……!!幸せです^_^
    って、神々!??

    とうらさんこそ、気温の変化が激しかったりするので、体調崩されないようご自愛ください

    更新中、そして完結後にも感想残して下さり、
    ありがとうございました!!

    作者からの返信 2018/08/22 20:14

  • こんばんは。完結おめでとうございます…!(※以下ネタバレ含)
    126ページからラストまで一気に読みました。過去が明かされていくシーンから雰囲気がガラリと変わって、えっ、えっ、えっの連続で。
    キャラひとりひとり、表面上は明るく振る舞いながらもみんな暗いものを抱えていて読んでいてとても苦しい部分はあったのですが、きりちゃんと関わることで変わっていく心があって、きりちゃん自身も内貴くんをはじめとする人たちの中で最終的に縛られていたものから解放された。一つ一つのシーンが本当に心に染みて ああよかったな、読めてよかったなって思いました
    とにかくラストの展開は衝撃的で、でも同時にきりちゃんや内貴くん、西条くんや一色くん、きっともう大丈夫だな、幸せになれよ〜〜!ってわたしもう必死で背中押してました。内貴くんこ中盤の切ない想いも救われてよかったです 涙涙 語りだしたらきりがないのですが西条くん〜〜あのマンションでの行動かっこよかった(T T)1番好きです

    このタイトルには読み始めと読み終わりで2回やられた気がします。実は昨日読み終えたのですが今でも余韻が消えず、、本当に素敵な時間をありがとうございました。ギャグも最高でした。長々とまとまりなくすみません!返信不要です…!これからも応援しています…!(> <)

    柊乃   2018/08/14 00:18

    柊乃さんへ

    通知から飛んできた瞬間たくさん書いてくださっているのが目に入りらじっくり何回も読んでいたらレビューまで……とても嬉しかったですし今も胸いっぱいです。

    一気に読んで下さったのですね
    更新中(特に完結締切目前の感想ノートへの書き込み、背中をすごく押されました……!)からエールをありがとうございました。

    おっしゃる通りラストにかけては序盤の雰囲気とは一変させてまして
    もし自分がなにも知らずにこの話を読んだら最終的に『犬甘ほんと捻くれてるな……!』ってなるものを目指しました

    レビュータイトルの『ラストシーンが好きすぎる』
    最高の褒め言葉をありがとうございます(;_;)

    柊乃さんはよく知ってくれていると思うのですが、私は普段いやらしい男たち(略)を登場させてきたので
    ナイキのようなタイプの漢(敢えてこの字)は心情を描くのに時間がかかりました。内貴くんがナイーブすぎて。

    物語も、もうほんと自分的には新ジャンル開拓といいますか、新しいものに挑戦してみたので自分自身も余韻があります(なんとか書けてよかったー、と)

    柊乃さんのすれ違い描写をいつも『どうしてこんなに焦れったさを絶妙に表現できるだろう。読者さん巻き込むのうまい(応援したくなる!)。読むのはあっという間だけど書くのは時間がかかるし、なにより難しいだろうな。執筆しながら、はやくくっつけたくならないのかな。そこを堪えられてるならスゴイ』って尊敬してる身としましては
    ナイキの奥手さに背中押すどころかハリセンでビシバシしたかったです(愛)、フラストレーションやばかったです。。
    カツ入れてやりたいし助けてやりたいし勇気も与えたかったし、ナイキたちを助けたくて完結させたいとそんな気持ちで書いてこれたわけで
    読者の皆様にも彼らの幸せを願って読んでもらえたら、そしてそこからなにか小さなことでも感じてもらえたらそれ以上の幸せはないです

    ギャグに走ったり竹千代に登場してもらったりしたのは、やはり重いシーンも外せなかったので、中和されたらなって想いも込めてみました
    そこに着目してもらえて嬉しいです……!

    マンションの場面柊乃さんの心を撃ち抜きたかったのでやったぜって感じです。

    素敵な感想、レビュー、そして応援
    本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2018/08/14 12:57

  • すみません、ちょっと間違えてしまいました

    AZ828   2018/08/11 17:10

    AZ828さんへ

    間違えられたのですか……?
    私自身は、感想どれも、本当に励みになりました(T_T)ありがとうございます……!!

    作者からの返信 2018/08/14 11:13

  • 犬甘さん……!
    完結おめでとうございます!
    お疲れ様です。

    すごい…
    この一言です。
    え、ちょっと待ってください、
    最初は内貴くんのことかと思いました。
    なんか、なんか、凄いです…!
    話、凝ってますね。すごいです。

    続編(番外編)?、見たいです!
    待ってます!!

    この話大好きですっ!
    本当に、素敵な作品をありがとうございました!!!

    AZ828   2018/08/11 17:09

    AZ828さんへ

    やっと完結せられました……!
    更新中のエール及び、読了後の感想。。
    本当にありがとうございます(;_;
    きりたちの物語のラスト、見届けていただけて嬉しいです

    そうなんです……
    大きな声では言えないのですが

    実はこの物語の構成には、ある意図が、ふんだんにちりばられているのです……(ボソ

    ずっとこういう展開の長編を書いてみたく、しかし書くのはとても難しく、これまで実現しなかったものが初めて形になったので
    正直その点において巧妙に描けたかはそこまで自信が無かったのですがそれでも私自身は納得できるまで考えたものだったので

    AZ828さんに展開など気に入っていただけたなら、やった〜〜!って心から思いますしガッツポーズしました。ありがとうございます。

    番外編めっちゃ書きたいです
    エントリーにあたって文字数に限りがあったので、一番描くべきところを優先させた結果キスシーンすらないのが心残りといえば心残りなので、笑
    まぁ色々と……

    せっかく舞台が演劇部なので、稽古や合宿のエピソードにも触れてみたいです

    どこかでなんらかの形で、書きたいです、(切望)
    というか書く気満々です
    完成したら是非読んでください……◎

    大好きと言っていただけて幸せです
    こちらこそ、素敵な感想をたくさんありがとうございました!!

    作者からの返信 2018/08/14 11:11

  • 犬甘さん!!!!
    完結おめでとうございます!!

    最後まで読みました泣
    読み終わった後すぐ、余韻が強いうちに書いているので、言いたいことがありすぎて、うまく言えなくてごめんなさい汗汗

    みんなが、みんな胸の中、心の中でなにかしら抱えていて、気付かぬ間、無意識、あえて、仮面を被り、息苦しくなって時には人を傷つけながらも…
    仮面を破り、息をしている。

    きりちゃんの"ワタシ"が、物語の終盤ですごく心に刺さるというか、これまでの過去が全部明かされてからの私でなくワタシがすごく心に残ってます。

    ナイキくんも、一色お兄ちゃんも、西条くんも、きりちゃんに惹かれながら、それぞれの闇があって、あえて傷つけたり、引き離したり、ポロリと本音が漏れちゃう事もあって…
    不器用で一生懸命なきりちゃんだったから、そんな3人もしっかり息を出来る様になったのかなとか思いました!!

    相川部長。ござる君、先輩方、保先生、杏さん、みんなの家族。

    それぞれキャラが強かったりしたけど、めちゃくちゃ感情移入して次の展開どうなるの?とか、胸が苦しくなったり、じーんっときちゃったりして、最後の全てを回収している所でそれぞれの未来像が見えて、少し未来に安心出来たり、すごく読み終わった後も考えさせられる様な話でした。

    本当に、言葉で言い表せないくらいこの作品が好きです。
    拙い文章でごめんなさい!!
    本当に、本当に、素敵な作品をありがとうございました!!!!!

    わたなべ あい   2018/08/11 12:22

    わたなべ あいさんへ

    更新追いかけて下さり、そして最後まで見届けて下さり、ありがとうございます。余韻あるうちの感想とてもとても嬉しいです(;_;)

    終盤は凄いスピード感あったと思うのですが
    ワタシの出てくるシーンをいつ出そうか?と考えたとき、中盤あたりからチラチラわかりやすく出現させる流れで下書きを数万字書いてみまして……
    いいやこれじゃない、と消して納得いくまで練ったので
    心に刺さると言ってもらえ、また、印象的に描けていたことが嬉しいです。

    ゴールでなく新しいスタートに立った彼らには、もちろんこれから幾度となく壁は立ちはだかるし、そのたびに常に前向きになれるかと言われれば人間そんなに強くはなれないと思うのですが
    それでも前を向こうという希望は与えられたと思います

    また、私からきりたちに言ってあげられることがあるとしたら
    『辛いときは甘えていいんだからね。仲間から甘えられるのは(頼られるのは)悪いものでもないし嬉しいものだよ』ってことかなと思います

    この物語を好きになってもらえて、私こそ本当に嬉しいです。ありがとうございました!!

    追伸.

    また、いつでも、拙者たちに会いにきてくれたら嬉しいでござる〜。

    作者からの返信 2018/08/14 10:38