夢のキャンパス小説コンテストエントリー作品

【受賞作☆】このひろいセカイで、きみとであえたキセキ

青春・友情

寿すばる/著
【受賞作☆】このひろいセカイで、きみとであえたキセキ
作品番号
1512245
最終更新
2019/01/19
総文字数
10,020
ページ数
62ページ
ステータス
完結
PV数
25,215
いいね数
1
☆…☆…☆…☆

英語で話しているときだけ

自分に自信が持てた


理由は単純

私は、日本語が嫌い


忙しい両親にかわって、祖父母に育てられた

おかげで、学校で習っても、友達ができても

ベースが訛っていて抜けない


それが理由で少し付き合った彼氏にもフラれた

だから、日本語のない国で生きていきたい


そう決心して、たくさん勉強して

外語大学に入った


でも


『ニホンゴ、トテモ素敵な言葉デス』

『アナタの英語、ニホンゴナマリネ。でもワタシタチキニシナイ。セカイはナマリで
デキテイルデス』


ここに来て、世界を知ったら、日本が、日本語が、好きになった


そしてなにより


きみと


出会えた



**********
神田外語大学×野いちご 夢のキャンパスコラボ
最優秀賞をいただきました
ありがとうございます!
**********

☆…☆…☆…☆
◆レビュー・感想ありがとうございます!◆

フェザーフォルテ 様

あまのiん 様

Coconakid  様

星野リゲル 様

朝井鳴   様

☆…☆…☆…☆

この作品のレビュー

★★★★★
2021/01/31 11:30
投稿者: 野中ぷっち さん
ネタバレ
さすが受賞作品!

レビューを見る
★★★★★
2019/08/17 23:24
投稿者: 宝希☆/無空★ さん
ネタバレ
思い出しました。

レビューを見る
★★★★★
2018/08/05 23:16
投稿者: フェザーフォルテ さん
ネタバレ
優しいセカイ

レビューを見る

この作品の感想ノート

とてもレベル高い
読んでてズキズキした。
二人が目の前にいた気がした。

jeneさん
2019/02/04 21:55

私も将来は外国に住みたいと思っていたので、主人公に親近感が湧きました。なので、英語はコミュニケーションのツールであって日本について知ることが大切、という文が印象に残りました。主人公もこのことを知って盲目的だった自分を知ったように、私も盲目的だったのかもしれないとかんじました。すてきな話でした!
最優秀賞おめでとうございます✨

朝井鳴さん
2018/12/09 00:05

拝読しました!
僕自信、英語が苦手で、言葉の壁を感じる事が多くて、それがコンプレックスだったので、この話には感じるものが多くありました。
『訛り』も主人公の劣等感を表していて心情がよく表れていました。彼女たちの会話を通して、作者様が伝えたいメッセージのようなものが伝わります。
話の筋もしっかりしていて、山場に恋愛要素があり、そのまま結末に向かって滑走路を離陸した、みたいな痛快さすら感じます。最優秀賞を取れたのも納得です。
面白い話をありがとうございます(*^^*)

2018/10/25 11:57

この作品のひとこと感想

すべての感想数:18

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop