ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    窓際の一番後ろの席から、小さな寝息が聞こえる。

    隣の席で私の旦那様、ハルがカーテンに隠れて寝ているのだ。


    「ハル、ハルってば」

    「ん、んー」


    ハルは精霊界の王子様だから、人間界にいると少し疲れやすい。

    最近は体育祭の練習で午前中がハードだから、毎日こう。

    いつもは満開のはずのツノも少し元気がない。

    回復する方法はあるんだけど…


    「ハルってば、起きて。授業中だよ」

    「朋香ぁ…」


    あ、まずい、寝ぼけてる!

    これは昨日と同じパターンだ、悪い予感しかしないっ。


    「朋香、愛してる…」

    「あっ、ダメ…っ、んっ」


    ハルが、とろんとした甘い表情で私の頭をぐいと抱き寄せた。

    窓の外は雲ひとつない青空が広がり、目を閉じても眩しい。

    カーテンの向こうで、先生が教科書を読み上げているのが聞こえる。

    ハルの唇がとろけそうに熱い…


    授業中は、ダメだよ…

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 教室

    「ねぇ、最近すごい勉強してるけどどうしたの?」

    目の前で難しそうな問題を解いている彼氏に問う。

    「受験勉強。」

    「え、まだ2年生じゃん。」
    ちなみに私は3年生。
    年下彼氏なのです。

    「だって先輩、〇〇大学(国立)行くんだろ。大学のレベル先輩に負けたくないから勉強してんの。」

    「なにそれ〜。笑」

    あと数ヶ月でそばにいられなくなる。
    県外の大学だから頻繁に会えないし。
    なんか、寂しいなー。

    そんなことを考えていたら、
    「...それに、先輩と一緒に居れるから。」

    「えっ...」

    「先輩、周りに気を使ってデートしてくれないし。学校で一緒に勉強するしか方法ないじゃん。」

    下に向けていた顔を上げる。
    私を見るまっすぐな瞳。

    「先輩が卒業しても会いに行くから。んで、来年は先輩と同じ大学いく。だから、他の男探すなよ!」

    ちょっと顔を赤くして言う年下彼氏は最高にかっこよかった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「せーんぱい!」
    いきなり後ろから声をかけられて振り向くと、後輩の蒼くんがいた。
    いきなりどーしたんだろ?そんな事を考えていると
    「ちょっときてくれますか?」

    言われた通りついていくと、
    「僕、先輩の事好きになっちゃいました。どうしたらいいですか?
    先輩なら、教えてくださいよ。」

    「え〜!いきなりそんな事言われても…。ていうか、私のどこがよかったの?」
    「素直なとこです。」

    「ありがとう。気持ちは嬉しいけど、その…ごめんなさい。」
    そう言って頭を下げると、
    「わかりました。じゃあ、先輩が卒業するまでに落として見せますね。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】孤独な闇の中、命懸けの恋に堕ちた。 (nako./著)

訪問、この作品を読んでくださりありがとうございます!
よければお気軽に感想お願いします!(*・ω・)*_ _)
▶かんたん感想ありがとうございます!
(蘭くんに幸あれ...!)

  • こんにちは!!
    この話、めっちゃおもしろくで、感動しました!だから、たったの3時間で読んじゃいました‪w
    これからもがんばってください!!
    応援してます!

    ななお^_^   2019/11/04 16:57

    ななお^_^さん

    おはようございます!
    孤独な闇の中、命懸けの恋に堕ちた。を読んでくださり、ありがとうございます!!

    お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。
    感動していただけて嬉しいです、感動もの上手く書けるか不安だったので読者様の感想で自信がつきました!ありがとうございます泣
    三時間!?恐ろしいほど長いページをありがとうございます……お目々の方ゆっくり休めてくださいね!!

    はい!少しでも楽しんでいただけるような作品目指してこれからも頑張ります!
    応援ありがとうございます、幸せです泣
    素敵な感想本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2019/11/16 05:29

  • なこ〜〜!!!!
    まさかレビューの返事貰えると思ってなくて喜びの舞すぎて、今ここに婚姻届を置いています。スッ。
    本当にどのシーンも濃くて素敵だったお。
    ただ、ほんと、蘭くんの過去が想像を絶するものだったから私の気持ち的に受け入れる態勢が整って無くて、読み終わるのに1日では足らなかった。でもふたりの続きが気になって気になって朝起ききれなくなるぐらい。遅刻しそうになったのはなこのせいね(キラキラ)
    ほんとこんな気持ち……初めてっ///きゃっ///
    なこ、土下座なんかしないで顔あげて私の膝にキスしてよ(?)
    こちらこそ一生応援しているし、今後のなこの新作も、活躍もめちゃくちゃ楽しみにしているよ!
    本当に素敵な作品をありがとう!!!
    また他の作品にもお邪魔させてもらいまする。
    あいちてる。

    雨乃めこ   2019/11/03 21:39

    雨乃めこさん

    めこ~!愛しのめこ~!泣
    レビューお礼の返信本当にありがとうございます泣

    すごい作家さんに読まれ、しかもレビューに感想までいただけるとか、信じられない夢なのでは?って思う毎日です(幸)
    その婚姻届…印鑑押すの待ったなし!!!
    ひぃ~!もうめこに褒めてもらえて私幸せ。
    なんで蘭の過去がこうなってしまったのか、自分でもよく分からなくて……更新してるとき悲しかったから、その辛さが伝わってるのが嬉しすぎて泣
    辛い過去持ちだと、必ず幸せになってほしい、そしてめこも幸せになってほしい。いや、私が幸せにするんだ!!!←
    遅刻しちゃダメでしょ笑、いや生きてたら遅刻は付きものだろうけど…この作品のせいで、めこが寝不足になるのは嫌だ泣、アラーム壊しとくから、存分に寝て遅刻したまえ(ごめんって。)
    ほんとこんな気持ち初めてなの…それって恋なんじゃ…?(野いちご作家同士の禁断の恋、いっとく?)
    おけ、膝にキスするわ、ついでに吸い付いて離れな…気持ち悪いって言うな!!
    それはこちらの台詞です、今後のめこのすべてが楽しみすぎて、めこが幸せならなんでもいいです、あの。
    こちらこそ本当に素敵なレビューに感想までありがとう、大好き。
    一人の読者として、めこの作品楽しみにしてます、更新よろしくお願いします(どげざぁ)
    あいがつのってる。

    作者からの返信 2019/11/16 05:24

  • LDH LOVEさん(★レビューお礼)

    こんばんは!
    孤独な闇の中、命懸けの恋に堕ちた。を読んでくださり、ありがとうございます!!


    面白いと言ってくださり、ありがとうございます泣
    冷たい男が好きな子に優しくするって、すっごく萌える設定で…もう更新中は楽しくてしょうがなかったです笑
    なのでそこにキュンしていただけて嬉しいです。
    冷たい男の優しさって、魅力で溢れてますよね…うふ笑

    素敵なレビュー本当にありがとうございます!
    とても幸せです…
    最後まで読んでくださり、ありがとうございます、お疲れ様でした!
    お目々の方、しっかり休めてくださいね!

    nako.   2019/10/18 21:42

  • すごく感動しました…(ó﹏ò。)♡
    こんなに切ない感情で読んだ恋愛物なんて初めてです…✨
    彩羽ちゃんの健気な感じとか、蘭君みたいなカッコイイけど、弱いところは彼女だけに見せる…って感じのところとか、ほんっとに最高でした!!

    実は切ない物語とか苦手だったんですけど、この物語を読んで、「儚いのもいいなぁ💭」なんて思いました…

    これからもお体にお気をつけて、無理のない程度に頑張ってくださいね!
    応援してます!!!

    ୨ぇぁ.*˖◛⁺♡   2019/09/09 20:15

    ୨ぇぁ.*˖◛⁺♡さん

    こんばんは!
    孤独な闇の中、命懸けの恋に堕ちた。を読んでくださり、ありがとうございます!!

    感動していただけて、とても嬉しいです泣
    私もこんな切ない物語に挑戦するのは初めてだったので、読者様の素敵な言葉にニヤニヤが止まりません...。
    彩羽の健気さは誰にも負けないように、そして蘭君は甘えるという強さが必要だったみたいですね!←(他人事笑)

    わあー!私も切ない系は苦手でした...この作品を書くまでは...。
    でもこうして୨ぇぁ.*˖◛⁺♡さんや、読者様からの暖かい言葉に、切ない系に目覚めてしまったと言っても過言ではありません...こちらこそありがとうございます泣

    体調の心配までしてくださり、本当にありがとうございます!
    私は幸せ者です泣
    素敵な感想本当にありがとうございます!
    最後まで読んでくださり、ありがとうございます、お疲れ様でした!
    お目目の方、しっかりと休めてくださいね★

    作者からの返信 2019/09/12 23:00

  • aさん(★レビューお礼)


    こんばんは!
    孤独な闇の中、命懸けの恋に堕ちた。読んでくださり、ありがとうございます!!



    色んな壁を乗り越えて幸せを掴む...不幸ばかりではなく、その先に待っていたのは希望だなんて。とても素敵なレビューに泣いてしまいそうになりました(感涙)


    人に簡単に言えるような過去じゃないからこそ、その事を打ち明けた時、その人は打ち明けた人をとても大切に思ってるんだなって。改めて思いました。

    aさんの素敵なレビューで、とてもやる気が出ました!
    こちらこそ素敵なレビュー、本当にありがとうございます!
    最後まで読んでくださり、ありがとうございます、お疲れ様でした!!
    お目目の方、しっかりと休めてくださいね★

    nako.   2019/09/02 19:35