ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

10代の病んだ魂たちへ ~イジメ復讐~ (Sytry/著)

ご自由にお願いします❗❗

どんなことでもかまいません!!

みなさんからのご意見お待ちしています❕

  • 怖かった。
    苛めの残虐さも、変貌してゆく主人公の心情も。
    猫とうさぎとマキさん可哀想すぎる。

    私がくらってる許せない苛めの方がマシ(>_<)

    宝希☆/無空★   2018/04/30 19:11

    感想ありがとうございます❗
    またレビューもいただけて本当に嬉しいです❗

    いじめは最低な行為ですよね。この小説は読み方によっては色々と解釈ができてしまいますが、私はどんな形でもいじめは最低なものだと考えます。

    この話の主人公も少しずつ何かが違っていたら結果は変わっていたかもしれません。

    猫とうさぎ、マキさんには可哀想なことをしました。彼女達はとても純粋で、非のない被害者であったと思います。

    また機会がありましたらよろしいお願いします‼

    貴重なご感想、ありがとうございました❗

    作者からの返信 2018/04/30 23:02

  • こんばんは、またお邪魔します!

    読みながら、『え、嘘!』と口にせずにはいられなかったです(笑)
    やっぱり、すごいです!『常に先が読めない物語』に、いつも驚かされます。もう、びっくりですよ……!!

    **********ネタバレ注意**********

    質問です!
    マキさんが最後にかいていた絵は、なんの絵ですか……??

    弓削 あずき   2018/03/27 18:07

    こんばんわ!
    また来ていただいて嬉しいです❗ありがとうございます❗

    今回は少し自信作でしたので、おほめの言葉を頂き本当に感激です‼

    いじめの小説を書こうと思い、でもありきたりな展開は嫌だったので色々と詰め込んで考えました(笑)

    質問ありがとうございます♪

    とても目の付け所が鋭いです!

    結論からすると、これといった答えはありません!

    私としては、あのシーンは『僕』を通してではなく、マキの本当の気持ちを読者の方に想像してもらいたくていれたシーンでした。

    『僕』は、マキは自分に感謝している。と思っているみたいですが、普通に考えればちょっとそうは思えません。

    すると、マキは一体どんな気持ちであんなことになってまで絵をかいていたのか。そして、なんの絵をかいていたのか。その答えは読んだ人それぞれで違うと思います。

    ただ、私個人の解釈ですが、マキはあのとき、『僕の魂』を感じ取っていたんだと思います。幽霊として姿を見えなくても、なんとなく自分の側で私を見ている。そんなイメージが事故のトラウマと共にマキの頭の中にはあって、それを絵にすることで『僕』への憎しみや怒りを表現しようとしていたんだと思います。

    ですが、これはあくまで私個人の考えです。なのでマキが何を描いていたのかは読者様の解釈にお任せします❗

    作者からの返信 2018/03/27 23:10