ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 教室
    • プロポーズ

    私は今頑張ってる、なぜなら大学の卒業がかかった授業中だからだ
    そんな私には同じような立場の彼氏がいる、ただ1つだけ秘密がある
    彼は世の中の女性を虜にしてる人気モデル…

    そんなある日、1通のメッセージが届いた
       授業終わったら◯◯◯号室で待ってる
    それをみたと同時にチャイムが鳴り急いでその教室に向かった

    教室に入ったけど、人の気配は全くなく鍵が閉まる音がして振り返ろうとした瞬間後ろからギュッと抱き締められた

    「最近マジで梨沙不足で耐えらんない」
    『まーくん』「ん?」『お疲れ様』
    そう言うと彼がいっきに視界に入ってきた
    「梨沙ごめんな」
    『ん?なんのこと?』
    「俺の分まで勉強してくれて」
    『何で謝るの?』
    「今から将来の奥さんに苦労させてんなって」
    『それって…』
    「卒業したら俺と結婚して」

    世界中が知るのはもう少し後のこと

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 髪クシャ

    ”キーンコーンカーンコーン”

    「日直だりぃ〜」
    ヤンキーっぽいというか、やんちゃというか…とにかく 幼稚園からの幼なじみが 机に乗っかって呟いた。

    「ちょっと。あんたなんもやってないでしょ〜」

    もう声かけてもやってくれないの知ってるから1人でやろ…ってあれ?
    黒板 上の方消せない…。

    「ふおぉぉ…ふんっ…だめだぁ」

    「貸せよ。」
    女子より白くて綺麗なんじゃないかっていうぐらいの 手が頭の上から伸びてきた。

    …ってなんか、こいつドヤ顔してるし。ムカつくな…。

    「お前チビだもんなぁ〜。」
    そう言いながら 髪をくしゃくしゃしてくる。ボサボサだ…。

    「もうほんっとにやめてよぉぉ。」
    バサバサの髪を手で直しながら、少し怒った口調で言った。

    「…。」

    「(え…なんかめっちゃこっち見てくるじゃん。しかも真顔。)」

    「ん…?なに…?」

    「い、いや、可愛いからさ。」

    「はぁ…?!」

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「せーんせ」
    ギシッと肩を強張らせて振り向くと、男子生徒が笑みを浮かべて立っていた。
    何となく嫌な含みを感じ、持っていた名簿帳で口元を隠す。
    「何か用事ですか」
    「警戒してるの?かーわい。猫みたい」
    彼は以前から私をからかって遊んでくる。おかげで一部の女生徒から嫌がらせを受けていることは知らないのだろう。10代の嫌がらせなんぞ私の逆鱗に触れることはないが面倒臭い。彼の顔面の良さを全面的に出してかわいこぶる所も面白くない。
    「先生がオレと付き合ってくれんならもうからかうのやめるけど」
    もう我慢ならない。人目がないのを良いことに、私は彼のネクタイをぐいと引いて顔を寄せた。不意打ちの近さに目を丸くする彼をキッと睨む。
    「ガキに興味ないの。もっと周りが見えるような大人になって出直すことね」
    吐き捨てた言葉と同時に踵を返す。
    「…ぜってー落とす」
    背中を向けた私の耳に、彼の呟きは届かなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

番犬男子 (マポン/著)

読んでくださってありがとうございます!
感想、待ってます♪

  • ろう~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っっ!る!!!!!!、!!!

    花のち晴れ   2019/08/10 19:27

    ◆花のち晴れ様◆

    数ある作品の中から本作を見つけ、読んでくださってありがとうございます!お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

    花のち晴れ様はもしかして、稜推しなのでしょうか。それとも最後の番外編を読んでくださった感想なのでしょうか。
    どちらにせよ、稜に感情移入してくださったようで、とても光栄です。
    稜目線の番外編は、実は本編の中で本当は書きたかったお話だったので、こうして執筆・公開することができてよかったです。
    たくさんたくさん切なく寂しい思いをしてきた稜の幸せを、願い、想い続けてくださると幸いです。

    素敵な感想、ありがとうございました✿

    作者からの返信 2019/08/21 22:19

  • お兄ちゃん欲しかったなあ…と思わせてくれるそんな作品でした!兄妹愛が素敵すぎる…!
    2人の過去がほんとにほんとに切なくてボロボロに泣いてしまったのですが、1番胸をえぐられるような思いになったのが「極上ヤンキー」での侍の話で……
    少し前に「極上ヤンキー」を読み終えたばかりでした。そんな中での侍メインの話……切なすぎるじゃないですかあああ!!!!!
    千果ちゃんとセイちゃん仲直りできてほんとうによかったね涙、と思いながら「その時」が来てしまった時の千果ちゃんのことを考えるともう……いてもたってもいられなくて叫びたい衝動に駆られている今現在でございます…涙涙
    マポンさん、どうしてこんな残酷な運命に……涙
    とも思いもしましたがそこも含めて全てが心に残る素敵なストーリーでした!!
    侍とのあちゃんが双雷の歴代最強の総長であることとか、ネックレスをがくとくんが…という所とか他の作品との繋がりが見えた時に、どんな言葉に形容すれば良いのか分からないのですが、おおお…そんなところにも……!というような不思議な気持ちで、なぜか嬉しくなりました!笑
    運命といいますか巡り合わせといいますか、直接の関係がなくても色々な時間に色々な人が「神雷」という1つの暴走族を介して繋がっていく、そんな「神雷シリーズ」の作品、全て大好きですが、その中でも自分的には「番犬男子」が1番お気に入りです♪
    これからも応援しています!
    素敵な作品を読ませていただき、ありがとうございました!!

    高田れい   2019/08/09 19:51

    ★高田れい様★

    「番犬男子」を最後まで読んでくださってありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

    本作だけでなく「極上ヤンキー」も読んでくださったんですね!ありがとうございます!「極上ヤンキー」を執筆していた時から、“侍”の話を書きたいなと思っていたので、こうやって公開できてよかったです。
    「番犬男子」と「極上ヤンキー」はシリーズの中でも繋がりの強い作品なので、関係性に気づいてくださって光栄です。千果と誠一郎にとって本作はハッピーエンドですが、それで二人の人生が終わりではありません。関係性に気づいてしまった方にとっては、とても残酷な運命に悲しんでしまいますよね。ですが、これからも続いていく神雷シリーズの物語の中には、その涙の分だけ誰かの幸せや成長が在るので、ぜひこれからも見守り続けてくださると幸いです。
    ちなみにシリーズの軽いネタバレとなってしまいますが、ちらっとプチ情報を。実は“侍”が重要パーソンとなる作品は、本作と「極上ヤンキー」の他にもう一作あります。その作品は、“侍”である誠一郎はもちろん、悲劇となる“その時”のエピソードも描いた物語になる予定です。いつ公開できるかはまだ未定ですが、楽しみにしてくださると嬉しいです。

    わわわっ、神雷シリーズを全て追ってくださっているんですか!?ありがとうございます…感激です…(涙)
    高田れい様が気づいてくださった繋がりを、シリーズ作品にたくさんちりばめています。ある作品で描かれていた過去が違う作品では誰かのトラウマになっていたり、実は同じ苗字だったり、他の作品では学生だった人が親になっていたり…。小さな繋がりから強くて深い繋がりまで、たくさんの関係が隠れているので、ぜひ探してみてください。

    素敵な感想、ありがとうございました✿
    応援も嬉しいです!神雷シリーズ新作の執筆も頑張りますっ!!

    作者からの返信 2019/08/21 22:12

  • とても素敵。

    サォぴら   2019/04/08 02:59

    ★サォぴら様★

    たくさんある作品の中から「番犬男子」を見つけ、読んでくださってありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

    とても素敵。その一言が私にとってはとても素敵で、嬉しくて、感激です(泣)
    これからもサォぴら様にとって、素敵な作品のひとつで在り続けられたなら、とてもとても幸せです。
    そして、またいつか私の作品がサォぴら様の心に残るよう、今後も執筆活動を頑張っていこうと改めて思えました。

    素敵な感想、ありがとうございました✿

    作者からの返信 2019/05/29 22:54

  • すごい感動しました!
    感動しすぎて1人で泣いてしまいました!
    幸汰がかっこよくて可愛くて、やばかったです!!
    幸汰と千果のその後がすごい気になります!

    マポンさんの小説が本当に好きです!

    これからも頑張ってください!!
    応援してます!

    *Chino*   2019/02/28 18:06

    ★*Chino*様★

    数ある作品の中から本作を見つけ、読んでくださりありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。

    感動してくださって嬉しいです(涙)
    本作は今まで書いてきた暴走族の話とは少しテイストが違っていたので、読者様がどのような反応をするのか心配だったのですが、そう言ってもらえて安心しています。

    幸汰の魅力が伝わっていたようで幸いです!
    なよなよした可愛さも、ぎらついたかっこよさも、書いていてとても楽しかったです。
    どちらの幸汰も、“らしさ”であり強さなので、これからも好きでいてくださると嬉しいです。

    私の作品を好きになってくださって、本当に本当に幸せです!!*Chino*様の感想を励みに、これからも執筆頑張ります!
    素敵な感想、応援、ありがとうございました✿

    作者からの返信 2019/03/24 16:23

  • あああああぁ!!めちゃくちゃ面白かったし泣きました!!
    暴走族系好きなんですけどこういうの待ってました!!ってぐらいどタイプの小説でした!!!
    幸汰推しのわたしとしては最後はとてもうれしかったです!

    もうこれ読まないと後悔するぞってくらい番犬男子すき!!
    語彙力なさすぎて好きさが伝わらない((

    でもほんとにマポンさんの小説はほんと読んでてはまります!!
    何度でも読み返してしまう!!!
    暴走族系好きにはたまんない小説ばっかり!!
    これからも応援してます!!、
    頑張ってください!

    兎 瀬   2018/12/27 14:25

    ★兎 瀬様★

    この作品を見つけ、読んでくださってありがとうございます!
    叫ぶほど気に入ってくださって嬉しいです(涙)

    兎 瀬様の感想から、「番犬男子」愛がとても伝わってきましたよ!こんなに好きになってくださって幸せです!
    兎 瀬様は幸汰推しなんですね!この作品で推しを見つけてくださってありがとうございます!これからも幸汰を愛してくださると嬉しいです。

    わわっ、ま、まさか「番犬男子」以外にも私の作品を読んでくださったんですか…!?私も暴走族の話が好きなので、そう言っていただけて嬉しい限りです。
    神雷シリーズはこれからも続いていくので、ぜひ見守っていてくださると幸いです。

    素敵な感想、応援、ありがとうございました✿

    作者からの返信 2019/01/16 16:48