ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    あーあ、遅くなっちゃった..。

    さすがに先輩もう残ってないよね?

    私は片思いしてる先輩にチョコを渡すために部活終わるまで待ってたんだけど...
    いつの間にか寝ちゃっててもう真っ暗
    はぁ、最悪のバレンタインだ...
    頑張って作ったのにな...家に帰ってお父さんにでも渡そう

    鞄を持って帰ろうと教室を出た時、
    「渡邉、やっと起きた?」

    え!?なんで先輩が..!?
    「お、大久保先輩!?まだ残ってたんですか!?」
    夢だよね?先輩が残ってるわけない。
    「帰ろうと思ったら教室に電気が付いてたから覗いたらお前が寝てたんだよ」
    み、見られてた..。お恥ずかしい..
    「も、もしかして起きるまで待っててくれたんですか?」
    「まぁな、こんな暗いのに1人で帰らせられねーだろ」

    もう、こういうとこだよ先輩。
    私はクスッと笑って

    「へへ、すみませんっ、一緒に帰りましょ
    あ、私先輩に渡したい物があるんですっ」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    私には一つ上の要(かなめ)先輩が好き。
    でも先輩に思いを伝えれてないから
    今日は絶対に思いを伝えよう、そう思っている

    「おはよ」

    声をかけられて振り返ると要先輩の姿があった

    「お…おはようございます
     あの先輩今日の放課後話があります」

    「分かった。俺が茉優の教室に行くわ」

    「あ、はい。待ってます」

    …放課後

    「茉優」

    「わざわざ呼び出してすいません」

    「大丈夫。それでなんかあった」

    「あの、えっと、ずっと先輩が好きでした 付き合ってください」

    「ほんとか?」

    「はい」

    「俺も茉優が好き 付き合おう」

    断られると思っていたから嬉しくて
    泣いてしまいそうになった

    恥ずかしくて後ろ向いた
    その時、ギュっ

    先輩が私を後ろから抱きしめた

    「茉優、これからよろしくな。大好きだよ」

    「はい、私も要先輩が大好きです」

    私のバレンタインは最高に幸せな日になった

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下

    今日はバレンタイン
    私にとっては戦いの日。

    気になってる先生にチョコを作ったけど、恥ずかしくて渡せないまま放課後になってしまった。

    「用がないならさっさと帰るんだぞー小坂」

    平野先生?!これは今がチャンスだよね。

    「平野先生!あの、これ良かったら…」

    「え?俺に?」

    「貰ってくれませんか」

    「義理チョコってやつか!小坂は優しいな〜」

    先生はクシャッと笑いながら大きな手で私の頭を撫でてきた。
    ああ、私はこれにどれだれ心を苦しくさせられたことか。
    他の人にも沢山こうやって優しくしてるんだろうな、でも、私だけに、ってわがままになってしまう。
    これ本命なんです。とも言える訳がないけど…でも…。

    「義理チョコじゃないのをあげたのは平野先生だけなんですからね!さようなら!」

    ドンッ!

    先生…?

    「義理じゃないなら、本命って事でいいの?
    こっちも本気になってもいいって事?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

国王陛下の極上ティータイム (神立まお/著)

  • お初になります。まおさんの作品で気になるものがあったので、前から本棚インしてたのですが、つい最近やっと読み始められました(笑)

    お茶の出てくるお話大好きなので、やったーって感じです。クラリスのお茶が飲みたくなります……!


    また読み進めたら、こちらに書きに参りますね。

    椿灯夏   2019/10/10 02:40

    初めまして!
    ご感想ありがとうございます!

    前から私の作品に興味を持って下さってはいたのですねー!すごく嬉しいです😭ありがとうございます😭

    お茶が出てくる話がお好きなんですね!私も大好きです!読んでいるときからほっこりできますよね!

    ゆっくりとクラリス達の緩やかな恋を応援してあげてください*
    またご感想を教えてくださいね!

    作者からの返信 2019/10/20 13:09

  • 面白かった〜!また、お茶係って発想も、茶葉の名前も。親友を信じ合う背中を押すお茶係って、、っと奇想天外な視点が素晴らしい!ふたりのイチャイチャもっと観たいです〜。

    usamo   2019/08/20 21:33

    ありがとうございます!
    楽しんでいただけたようでとっても嬉しいです*

    王宮の中で働く主人公の恋愛のお話にしようと考えたときに、平和的でゆるい恋愛がいいなあとも思っていたので、ゆるい雰囲気に合うお茶係を思いつきました**

    茶葉の名前は存在するものの名前をそのまま使おうとも思っていたのですが、読者の方にこの物語の世界観を楽しんでもらいたかったので、全部架空のものを考えました!(ハーブティーは例外ですが…)
    考えるのは大変でしたが、何よりとっても楽しかったです!

    クールで毒舌なクラリスですが、ランティスの親友アルベルトの背中を押すシーンはクラリスの情熱的な部分だったんだろうと思います。でもそれは、彼女が王宮で様々な人と出会いながらもお茶係として働くようになったからこその変化だとも思います!

    少し普通のラブファンタジーとは違うファンタジーでしたが、発想を褒めて頂けるなんて嬉しいです!ありがとうございます*

    彼らのイチャイチャ…!私も見てみたいです。ただ今のところ書く予定はないです、申し訳ありません…!
    ですが彼らの続きを見たいと思っていただけることは本当に嬉しいです!

    本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/08/20 22:47

  • まおさんのファンタジー大好きです!!
    読み始めてから止まらなくて、いつも一気読みしてしまいます…

    完結してからだいぶたってしまいましたが、やっと読みに来れました♡
    お話と同じように、ドキドキしたりほっこりしたりで、楽しく読ませてもらいました!

    私も紅茶好きなので、飲みたくなってしまいました。
    茶葉からはなかなか入れないですが、今度買ってこようと思います(*^。^*)

    また読みたいです♡

    星月 姫薇   2019/05/04 11:45

    ありがとうございます!他の作品も読んでいただけて本当に嬉しいです…!

    数ある作品の中からこの物語を見つけ出してくださってありがとうございます!楽しんでいただけたようで何よりです*

    紅茶がお好きなのですね!ほっこりしますし、美味しいですよね~!
    私も書いている時だけでなく、読み返している時も飲みたい衝動に駆られました!
    茶葉からというのは難易度が高そうですよね…!でもきっと美味しいのでぜひぜひお試しください!!

    またいつでもクラリスやランティス達に会いに来てやってください** いつでもお待ちしています♡

    作者からの返信 2019/05/09 20:20

  • 久しぶりにまおちゃんのファンタジーが読みたくなり、一気読みしちゃいました。

    国王陛下とお茶係の恋素敵です!
    とてもきゅんきゅんして、可愛かったです。
    お茶のこともきっと作品のためにたくさん勉強されたのだとすごく伝わってきました。
    また読みたいと思えるくらい感動する作品でした。
    これからも陰ながら応援しているので頑張ってね(*^^*)

    桜庭成菜   2019/02/09 18:11

    うおおお、なずちゃん!!!!
    お久しぶり!!読みに来てくれてありがとう!!

    ゆるい王宮ラブだったけど、楽しんでもらえたみたいで本当に良かったです。最後まで国王陛下とお茶係のゆるやかな恋を見守ってくれてありがとう!
    私自身も紅茶を飲みながら、クラリスと一緒にお茶の知識やお菓子の知識を学んでいったような感じです。一緒にこの世界を冒険したような気持ちで書いていたので、調べたりするのもとても楽しかったのを覚えています!奥が深くて、もっと調べたいなと思うくらい!

    また読みたいと言ってもらえてとっても嬉しいです!いつでも二人に会いに来てやってください*

    応援してくれてありがとう! これからも楽しんでもらえるような作品を作っていけるようにひとつひとつ頑張るね!

    作者からの返信 2019/02/09 19:58

  • かなり細かく設定されているなという印象をとても受けました。
    特に紅茶やハーブティ等の内容はとても充実したものになっていたかと思います。
    陛下の溺愛もとても素敵でした。
    完璧だけど朝が弱いとか少し抜けている陛下のキャラも好きです!
    身分の差という壁に立ち向かって自分の素直な思いに逃げなかった二人はカッコ良かったです。

    ケーキ大好き乙女   2019/01/04 03:17

    ご感想ありがとうございます!

    私は物語を作る上で、物語に出てくる物や設定は、世界を構成するものとして登場人物と同じかそれ以上に大切だと思って作っています。特に紅茶はこの物語の鍵ですから、ここを大雑把にするわけにはいかないと気合いをいれていました!それに私自身紅茶が好きなのでついついこだわってしまったということもあります…!笑

    国王陛下、気に入ってもらえましたか!普段は完璧なのに、ちょっと抜けてるみたいなギャップが大好きなので好きになってもらえて嬉しいです~!
    国王陛下のクラリスへの想いも感じ取ってもらえて良かったです✳

    ふたりの身分差も、相手を思うばかり身を引こうとしてしまうところも、悩んで悩んで苦しませてしまいましたが、ディオン、クロード、ブランなどの多くの人々の力を借りて前に進むことができました。私自身もほっとしています。
    この先も身分差や色んなことに苦しんで悩むこともあるかもしれませんが、自分の気持ちから逃げなかった彼らならきっと幸せな未来を掴んでくれると信じています!

    彼らを、彼らの物語を見守ってくださってありがとうございました!また何度でも彼らに会いに来てやってください✳

    作者からの返信 2019/01/04 13:26