ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 髪クシャ

    彼女は影で苦しみ、泣き、叫んでいた。

    『私は憧れたの…二次元だって良いじゃない…私の憧れだもん…だけど!皆…皆…友達まで…皆…私の趣味を蔑んだ!…だから…一人でも良いから…誰でも良いから…認めてほしかったの!!…だから…カッコよく成りたかった!…必死で…必死で…死に物狂いで何でもやった!…皆の仕事…リーダーになる役職…先生の雑用…時にはいじめっ子を…殴った事だって有った!…そうして生きてきた…でも…そうしたら…自分のカッコいいが…分からなくなった!…辛かった…生きるためにしていたことが正しかったのか!間違ってたのか!…それさえ…分からなくなった!…だから…せめてものお守りに…憧れたあの人の画像を…生徒手帳に挟んでちゃダメ?…』

    『俺に許可取る必要なんかねー…お前の自由だろ?…』

    彼は、彼の隣にしゃがんでいる私の風に靡く髪をぐしゃっとした

    それだけで、十分だった
    涙の止まる私は笑った

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 授業中
    • 教室
    • 目があう

    私の好きな人は、一つ年上。

    その先輩とは、1.2年生合同授業で同じ教室。

    左端列の一番後ろの私と、
    右端列の前から5列目の先輩。

    私がずっと先輩をみているから、
    先輩が後ろの友達と話すのに振り返る度にちょっと焦る。

    その度に鼓動が速くなる。

    前の授業の時のこと__

    暑そうに下敷きであおいでいた先輩。
    パタパタと浮く前髪にきゅんとする私。

    “パチッ”

    目が合ってるのに、顔が熱くなってるのも、汗がでてきてるのもわかるのに、なぜか目をそらせなかった。

    先輩はにこっと笑ってくれた。

    そこで思わずそらしたけど、あぁもうかっこよすぎ。

    授業が終わってから先輩がこっちにきて、

    さっき目あったけど俺の顔なんかついてた?

    って。

    あっ、いやっ、なんでもないですっ。すみませんでしたっ。

    って逃げちゃったんだよね。

    もっと話したかったなぁ。

    って思いながら今もみてるの。

    開く閉じる

    • 同級生

    私、清水泉来(シミズミライ)には、好きな人がいます。

    彼は茶倉湊(サクラミナト)。

    中二から二年連続で同じクラスになって、隣の席になってから、よく話すようになった。

    よく面白い話をしてくれて、素直な彼の前では嘘は付けないはずだった。

    中二の後半には、遊びに行く仲になってて、どこかに出かけるのはすごく楽しかった。

    でも、それはある日突然崩れてしまった。

    いつも通りに遊びに行って、ファーストフード店で言われた言葉を、今でもはっきり覚えてる。

    「俺、好きな人出来た」

    それから出かける度に彼女の話ばかりするようになった。

    こんなに近いはずなのに遠く感じる。もう、たえられない……!

    「最近、その話ばっかり!つまんないよ!変わっちゃった!今の湊、嫌い!」

    それが彼についた初めての嘘だった。

    私はすぐ、逃げて気づかなかった。

    彼が目を見開き、頬に流れ星を流したことを__。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【短】先輩、笑って (☆*ココロ/著)

一言でもご感想いただけたら嬉しいです❤︎

  • はじめまして

    短編なのにこんなに感動したのは初めてです。
    うるっときました。



    みぃちゃん!良かったね‪( ;ᯅ; )‬

    柚原 冬莉   2019/04/22 16:02

  • 短編なのにこんなに気持ちが伝わってきて、すごく感動しました!ありがとうございます!
    私は密かに(家族には恥ずかしくて言えませんが)小説家に副業でもいいからちょっとやってみたいなっていう憧れがあります!この作品を読んで学ぶことが多々あって私の憧れの人の1人です!これからも頑張ってください!

    ら ず べ り ー   2019/04/16 18:51

  • 素晴らしい作品だと思います!
    とても、見本にしたいと思いました!!

    兎良   2019/04/10 17:36

    ▶︎兎良様
    感想コメントありがとうございます!
    み、見本だなんてそんな……!!:(;゙゚'ω゚'):
    でもそう言っていただけて嬉しいです……。ありがとうございます( ; ; )❤︎
    少しでも良い作品を書けるように頑張っていきたいです!
    これからもよろしくお願いします!!

    作者からの返信 2019/04/11 19:32

  • 泣きました。ほんとに。
    他の部員が嬉しがってるとことか
    なんかぎゅってきた。

    きほJUMP   2018/08/13 03:52

    ▶︎きほJUMP様
    やく1年越しのお返事で申し訳ございません……!!
    遅くなりましたが、感想コメントありがとうございます(/ _ ; )❤︎
    部員たちのみぃと臣への思いに気付いてもらえて、とても嬉しいです(さりげなく部内の仲の良さを取り入れたかったので…)
    この短編で泣いていただけて、とても光栄です。これからも頑張れます。本当にありがとうございました……!!

    作者からの返信 2019/04/11 19:31

  • ☆*ココロ様
    ここちゃーーーん!!!
    みぃちゃんと臣くんのお話、すっごく感動した!!
    5000字でここまで感動出来るなんて……

    大好きな先輩に忘れられるのも、琴音さんに悪口を言われるのもかなりキツイと思います。
    でも、臣くんが琴音さんを先に帰して泣いているみぃちゃんを優先したときは嬉しくなりました。
    最後のみぃって臣くんが呼ぶ場面は読んでいて思わず笑みがこぼれてしまいました。
    しかもうるっときちゃって泣きそうだったんですけど隣に弟がいるので必死に我慢しました。笑

    ココちゃんは『片思い』ってテーマ自信ないって昨日つぶやいてたけど素敵な片思いのお話だと私は思います。

    これからもココちゃんの作品楽しみに待ってるね!
    応援しています。

    春風天音   2017/08/03 18:02

    ▶︎春風天音様
    天音ちゃん天音ちゃん天音ちゃん…!!!!こんなに素敵な感想ありがとう(T-T)❤︎
    1番のこだわりはね、5000字ぴったりで終わらせたとこなの(⊃•̀ω•́)⊃✎⁾⁾(←文章は二の次)
    『片想い』のテーマに沿ってるか本当に不安で自信がなかったんだけど、天音ちゃんにそう言ってもらえてなんだか元気が出て来ました!٩(ˊᗜˋ*)و
    いつもありがとう天音ちゃん!
    大大大好きです(*´∇`*)

    作者からの返信 2017/08/03 23:03