ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ

    (ふん!絶対戻ってやんない!)

    「おい!待てよ!待てって!」

    追いかけてきたのは私の幼なじみの翔平

    「おまっ!ハァ、ハァ、録画撮れてなかったから家飛び出すとか…ハァ、ガキかよ!!!!」

    「うるっさいなぁ!常盤潤が出てるんだよ!?ねえ!あの人神だよ!?神とり忘れたって…ありえない!」

    「自分でやりゃよかっただろ!」

    「……とっとにかくックシュッ!」

    「ちょ、きったねえなー」

    そう言った翔平は来ていたコートを脱ぎ始めた。

    「あーあ!あちー!暑いし重いからやるよ」

    と言って私にコートを押し付ける。

    「え、」

    「あーあ!あちーからこんなん飲めねーわ。どうせもう冷えてんだろ。重いからやるよ」

    と言って、今度はポケットから缶のコンスープを取りだして渡してきた。

    「……あったかいよ。ばか」

    翔平は知らんぷりをする。

    「今日はおしるこの気分だった。」

    「文句言うな。」

    開く閉じる

    • 彼氏

    私と彼は今喧嘩中
    理由はほんの些細なこと
    そんなことで怒る私は本当に、馬鹿だと思う
    本当。短気な自分が大嫌い
    今も、家まで飛び出してきちゃって
    あーあ。バカだなぁ
    冷たい風が頬を撫でた
    寒…部屋着のまま来たからスマホしか持ってないや…
    自分の無計画さに嫌気がさした
    「帰って謝ろうかな…」
    ふとそんなことを呟いてみても
    やっぱりそんな気には、なれなくて
    どうしたものかと天を仰いだ
    「みさき!」
    後ろから、喧嘩したていた彼の声
    私は思わず振り向いた
    「ごめんなみさき。みさきの言う通りだよ、俺が間違ってた。だから帰ろ?」
    よく見ると、彼も部屋着のまま。
    走ってきたのか、少し息が上がっている。
    「ごめん優馬…わたしの方こそ間違えてたよ。短気な私でごめんね」
    すると彼は、優しく首をふった
    「全然。俺はそんなみさきだから好きになったんだよ。」
    私の胸が大きな音を立てた
    ほんと、大好きだよ。優馬。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    「あ、雪が降ってきた……もうこんな季節か……」
    ほんとだ……そっか……もうすぐ先輩は卒業……しちゃうのか

    「鈴菜!」
    「え?」
    ふいに先輩に呼ばれたので私は後ろを振り向いた
    先輩はいない。
    あれ、どこいったんだろう……
    私は辺りをキョロキョロ見渡す。


    ギュッ


    すると何か後ろから暖かいものを感じた
    また後ろを振り向くと先輩が私にぎゅっと抱きついていた。

    「ど、どどどどうしたんですかせんぱぃ!」
    「え?どうって暖めてるんだよ。だってこんな雪なのに寒いでしょ?」
    ま、まぁ今違う意味で暖められましたけど……

    先輩の息が私の耳元にあたる

    「俺……鈴菜のこと好き俺と付き合ってくれない?」
    先輩からの告白は思いがけないものでした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【短】先輩、笑って (☆*ココロ/著)

一言でもご感想いただけたら嬉しいです❤︎

  • はじめまして

    短編なのにこんなに感動したのは初めてです。
    うるっときました。



    みぃちゃん!良かったね‪( ;ᯅ; )‬

    柚原 冬莉   2019/04/22 16:02

  • 短編なのにこんなに気持ちが伝わってきて、すごく感動しました!ありがとうございます!
    私は密かに(家族には恥ずかしくて言えませんが)小説家に副業でもいいからちょっとやってみたいなっていう憧れがあります!この作品を読んで学ぶことが多々あって私の憧れの人の1人です!これからも頑張ってください!

    ら ず べ り ー   2019/04/16 18:51

  • 素晴らしい作品だと思います!
    とても、見本にしたいと思いました!!

    兎良   2019/04/10 17:36

    ▶︎兎良様
    感想コメントありがとうございます!
    み、見本だなんてそんな……!!:(;゙゚'ω゚'):
    でもそう言っていただけて嬉しいです……。ありがとうございます( ; ; )❤︎
    少しでも良い作品を書けるように頑張っていきたいです!
    これからもよろしくお願いします!!

    作者からの返信 2019/04/11 19:32

  • 泣きました。ほんとに。
    他の部員が嬉しがってるとことか
    なんかぎゅってきた。

    きほJUMP   2018/08/13 03:52

    ▶︎きほJUMP様
    やく1年越しのお返事で申し訳ございません……!!
    遅くなりましたが、感想コメントありがとうございます(/ _ ; )❤︎
    部員たちのみぃと臣への思いに気付いてもらえて、とても嬉しいです(さりげなく部内の仲の良さを取り入れたかったので…)
    この短編で泣いていただけて、とても光栄です。これからも頑張れます。本当にありがとうございました……!!

    作者からの返信 2019/04/11 19:31

  • ☆*ココロ様
    ここちゃーーーん!!!
    みぃちゃんと臣くんのお話、すっごく感動した!!
    5000字でここまで感動出来るなんて……

    大好きな先輩に忘れられるのも、琴音さんに悪口を言われるのもかなりキツイと思います。
    でも、臣くんが琴音さんを先に帰して泣いているみぃちゃんを優先したときは嬉しくなりました。
    最後のみぃって臣くんが呼ぶ場面は読んでいて思わず笑みがこぼれてしまいました。
    しかもうるっときちゃって泣きそうだったんですけど隣に弟がいるので必死に我慢しました。笑

    ココちゃんは『片思い』ってテーマ自信ないって昨日つぶやいてたけど素敵な片思いのお話だと私は思います。

    これからもココちゃんの作品楽しみに待ってるね!
    応援しています。

    春風天音   2017/08/03 18:02

    ▶︎春風天音様
    天音ちゃん天音ちゃん天音ちゃん…!!!!こんなに素敵な感想ありがとう(T-T)❤︎
    1番のこだわりはね、5000字ぴったりで終わらせたとこなの(⊃•̀ω•́)⊃✎⁾⁾(←文章は二の次)
    『片想い』のテーマに沿ってるか本当に不安で自信がなかったんだけど、天音ちゃんにそう言ってもらえてなんだか元気が出て来ました!٩(ˊᗜˋ*)و
    いつもありがとう天音ちゃん!
    大大大好きです(*´∇`*)

    作者からの返信 2017/08/03 23:03