ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月05日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    キーンコーンカーンコーン。

    はぁ、次は数学かー。

    一番嫌いな数学。寝るか。

    前の席に座ってる人は私の今の好きな人。クールで優しくて背高くて私だけに見せる俺様な所も好き♡

    「プリントを後ろに回せー」

    あ、プリント来る。
    寝ようと思ったのに…

    「はい。」

    「ありがと。」

    ん?なんか、1番上のプリントに付箋貼ってあるけど。

    『はるか。俺、はるかの事が好き。今日の放課後デートしよう?』

    え?!告白?!
    このタイミングで?!

    この後の授業の話なんか聞けず、放課後デートのことを考えながら前の席の好きな人の背中をじっと見つめるばかりだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

こいつ、俺の嫁。 (花梨野/著)

  • 初めまして!                     未来と尋人のバージョンが見てみたいです!

    ♪Riko♪   2019/07/05 17:47

  • 初めまして!!
    凄くキュンキュンしてしまいました!
    未来の演技力もすげーし、テツの欲の強さもスゲーなと思ってしまいました!
    私が今書いてる小説も鉄也という男の子がいるんですけど、決してパクってませんよ!
    そして、また新しいのが出たら是非読みたいと思いました!!

    misaaka   2019/05/02 23:03

    ご感想ありがとうございます!
    未来はあれは演技と見せかけて実は本音だったりします。
    ずっと一緒にいた親友だからこそ言えることでもありますね😃
    テツの独占欲は花梨野も大好きです←え
    同じ鉄也同士、コラボとか楽しそうですね(笑)
    また他の作品も覗いてくださると嬉しいです☺️
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/05/07 19:24

  • 初めまして!
    とっても面白かったです!
    私もこんな人と付き合ってみたいですー⸜❤︎⸝‍
    テツと澪ちゃんほんとお似合いで羨ましいです!
    また読みたいです♡
    あと未来ちゃんと尋人さんのバージョンも見てみたいです♡
    楽しみにしてます!!!

    みなみあいか   2019/04/15 09:54

    初めまして!ご感想ありがとうございます!
    花梨野もテツのような彼氏がほしいと何度思ったことか…(笑)
    でも澪だからこそテツがいいって言うのがありますね😃
    未来と尋人さんの話を見たいと言ってくださるなんて嬉しいです☺️
    本編でまた書いていこうか検討していきますね😊
    ほんとうにありがとうございました(*^^*)

    作者からの返信 2019/04/15 11:44

  • とっても面白かったです‼︎
    気持ちが伝えられなかったり焦れったい所も含めて良かったです。幼馴染み憧れますわ〜(笑)
    たまに、テツの意地悪にイラっとくるけど、鈍感な澪ちゃんを周りのみんなが支えてくれていて良いなぁと思いました(๑>◡<๑)‼︎
    反塚先輩(?)や桃子ちゃん、麗さんたちやオネェカフェの人たちも気になります☺︎テツは何の仕事をしてるんですか?バレーはやってるんですか?気になります☺︎番外編、続編是非読みたいです(๑>◡<๑)
    とても良い作品でした‼︎‼︎‼︎

    chi.suke   2019/04/14 00:51

    ご感想ありがとうございます!
    もちろん主人公は澪とテツですが、その周りの人たちにもそれぞれの物語があるのでそちらも書いていけたらななんて思ってます😃
    テツの意地悪は花梨野もたまーに「うおいっ!そこはいじめるなや!」ってなることはありました(笑)

    続編希望のお声をたくさんいただいてとても嬉しいです😭
    ご期待に添えるような続編書いていきたいと思います!
    すてきなレビューまでありがとうございました😊

    作者からの返信 2019/04/14 21:46

  • とっても良い作品でした!!
    澪ちゃんは、バレーできなくても、テツのサポートをして支えているところが、さすが!だと思いました!そばにいるからこそ、支え合える2人が素敵なところで、また読みたくなる作品だな、と思いました!
    私は、付き合ったことがないけれど、恋をするとなると、傷つくのは当たり前なんだな、と感じました。思いもしっかり伝え合っていくことも大事なんだと思いました。
    “俺の嫁”最高です!!言われてみたい笑

    ハッピ〜   2019/04/08 19:01

    ご感想ありがとうございます!!
    澪の行動は、バレーを知らなくても知らないなりにテツを支える方法があるのを花梨野なりに考えた結果です😃
    花梨野自身も恋愛の経験は乏しいですが、きっと幸せなことだけじゃないはずだと思ってます。きっと悲しいことだってあるはず。
    それを乗り越えてこそほんとの愛になるのではと☺️

    花梨野もテツみたいに俺の嫁といつか本物の旦那さんに言われたい……(笑)
    素敵なご感想ありがとうございました😃

    作者からの返信 2019/04/09 22:27