ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後

    がら、とドアを閉めて。
    ふぅと息をついた。
    気持ちを切り替えて教室へと向かう。

    「せんせい」

    教室に入ると、相良先生。
    少しムスッとしていた。
    居残り中に、呼び出されて出ていった私。そりゃあ、怒るか。

    「早川か?」

    不機嫌そうに言う。

    「えぇ、まぁ」

    特に嘘をつくことでもなかった。
    素直に頷く。

    「……付き合うのか?」
    「え?」
    「告られたんだろ。付き合うのか?」

    先生は嫌そうに聞く。
    嫌なら聞かなきゃいいのに。

    「……えぇ、まあ。前向きには検討してます」

    私はどうとでも取れるような言葉を言った。
    先生は、子供みたいにすねたようにして。

    「あっそーかよ!どうせ俺なんて…」

    と、語尾を曇らせた。

    いつもはクールな先生の、そんな姿。



    断りましたよ、先生が好きだから。
    そんな言葉は言えなかった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 部室
    • 壁ドン

    サッカー部のマネージャーをしてる私には1つ年上の彼氏がいて

    部活でキャプテンをしてて周りの女の子から沢山もてていて


    私なんかがって思ってしまうことが…
    そんな不安を隠すためにマネージャーの仕事に没頭してる私は


    後輩と部活のことで少し話をしていると…


    「マナ(私)。ちょっといい?」


    そう言われると手首掴まれて部室へと連れていかれた。

    部室に入った途端鍵をして壁へと追い詰められた。


    「俺になんか言うことない?……俺が不安にさせてた事は謝る。…でも。だからといって無駄に水分は取らないし。かと言って部員にはとるよーにいうし。…熱もあるじゃん。もっと自分を大切にして。お願いだから。」


    『……ずっと怖かった。…好きなのは自分だけなのかなって…。だから。マネージャーの仕事に没頭してた。』


    「俺は。マナだけだよ。今日はずっと一緒にいるからね。」

    と頭撫でてもらえた。

    開く閉じる

    • 彼女
    • あいらぶゆー

    俺の彼女の美香は、
    まぁ、一言で言えば「ウルトラ可愛い。」

    とにかく抱っこが好き、甘えん坊
    顔がめちゃくちゃ整っていて可愛い、、

    そして、なんと寂しがり屋!

    俺が離れると、眉毛を下げて、しゅんってするし、

    俺が抱っこすると、
    へにゃって笑ってまたまた可愛い声で喜ぶし、

    まぁ、今のを聞いてわかるだろうけど、俺は彼女の可愛さにどっぷりとハマっているのだ。

    あ、ほら噂をすればかわいいかわいい彼女が俺に向かって走ってくる。

    あぁ、しつこいかもしれないけどやっぱり可愛い。

    両手広げてみれば、パフっ!っと軽いからだを俺に預けてくる。

    ああ、好き!可愛い!愛してる!、、

    うん、
    俺、、そろそろやばいからこの可愛さについては
    また今度話すことにする、、、

    そうだ、最後にひとつだけ、
    俺の彼女に告ったら覚えとけよ!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

こいつ、俺の嫁。 (花梨野/著)

  • 初めまして!!
    凄くキュンキュンしてしまいました!
    未来の演技力もすげーし、テツの欲の強さもスゲーなと思ってしまいました!
    私が今書いてる小説も鉄也という男の子がいるんですけど、決してパクってませんよ!
    そして、また新しいのが出たら是非読みたいと思いました!!

    misaaka   2019/05/02 23:03

    ご感想ありがとうございます!
    未来はあれは演技と見せかけて実は本音だったりします。
    ずっと一緒にいた親友だからこそ言えることでもありますね😃
    テツの独占欲は花梨野も大好きです←え
    同じ鉄也同士、コラボとか楽しそうですね(笑)
    また他の作品も覗いてくださると嬉しいです☺️
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/05/07 19:24

  • 初めまして!
    とっても面白かったです!
    私もこんな人と付き合ってみたいですー⸜❤︎⸝‍
    テツと澪ちゃんほんとお似合いで羨ましいです!
    また読みたいです♡
    あと未来ちゃんと尋人さんのバージョンも見てみたいです♡
    楽しみにしてます!!!

    みなみあいか   2019/04/15 09:54

    初めまして!ご感想ありがとうございます!
    花梨野もテツのような彼氏がほしいと何度思ったことか…(笑)
    でも澪だからこそテツがいいって言うのがありますね😃
    未来と尋人さんの話を見たいと言ってくださるなんて嬉しいです☺️
    本編でまた書いていこうか検討していきますね😊
    ほんとうにありがとうございました(*^^*)

    作者からの返信 2019/04/15 11:44

  • とっても面白かったです‼︎
    気持ちが伝えられなかったり焦れったい所も含めて良かったです。幼馴染み憧れますわ〜(笑)
    たまに、テツの意地悪にイラっとくるけど、鈍感な澪ちゃんを周りのみんなが支えてくれていて良いなぁと思いました(๑>◡<๑)‼︎
    反塚先輩(?)や桃子ちゃん、麗さんたちやオネェカフェの人たちも気になります☺︎テツは何の仕事をしてるんですか?バレーはやってるんですか?気になります☺︎番外編、続編是非読みたいです(๑>◡<๑)
    とても良い作品でした‼︎‼︎‼︎

    chi.suke   2019/04/14 00:51

    ご感想ありがとうございます!
    もちろん主人公は澪とテツですが、その周りの人たちにもそれぞれの物語があるのでそちらも書いていけたらななんて思ってます😃
    テツの意地悪は花梨野もたまーに「うおいっ!そこはいじめるなや!」ってなることはありました(笑)

    続編希望のお声をたくさんいただいてとても嬉しいです😭
    ご期待に添えるような続編書いていきたいと思います!
    すてきなレビューまでありがとうございました😊

    作者からの返信 2019/04/14 21:46

  • とっても良い作品でした!!
    澪ちゃんは、バレーできなくても、テツのサポートをして支えているところが、さすが!だと思いました!そばにいるからこそ、支え合える2人が素敵なところで、また読みたくなる作品だな、と思いました!
    私は、付き合ったことがないけれど、恋をするとなると、傷つくのは当たり前なんだな、と感じました。思いもしっかり伝え合っていくことも大事なんだと思いました。
    “俺の嫁”最高です!!言われてみたい笑

    ハッピ〜   2019/04/08 19:01

    ご感想ありがとうございます!!
    澪の行動は、バレーを知らなくても知らないなりにテツを支える方法があるのを花梨野なりに考えた結果です😃
    花梨野自身も恋愛の経験は乏しいですが、きっと幸せなことだけじゃないはずだと思ってます。きっと悲しいことだってあるはず。
    それを乗り越えてこそほんとの愛になるのではと☺️

    花梨野もテツみたいに俺の嫁といつか本物の旦那さんに言われたい……(笑)
    素敵なご感想ありがとうございました😃

    作者からの返信 2019/04/09 22:27

  • この作品が今までで1番面白かったし、読んでてドキドキするし、バレーの事も知れて、最高でした!!!!笑
    澪ちゃんとテツくんが可愛いしかっこよすぎて、、。とにかく最高でした!幼馴染っていう関係がもう良すぎて!!
    何回でも読み直せる作品です!!

    番外編とか、続編も読みたいです。。。

    さやごろう   2019/04/06 18:10

    ご感想ありがとうございます!!
    今までで一番って……嬉しすぎます😭😭
    幼なじみだからこそ分かることもあるし分からないこともある、実際花梨野には幼なじみはいないのですがきっとそうなのかなと思いました😃
    バレーは実は未経験でして、某アニメやネットをつかって頑張りました(笑)

    続編もう少しお待ちください💦
    今の作品を完結させて書きたいと思います😊
    ほんとにありがとうございます!

    作者からの返信 2019/04/06 18:22