ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • バレンタイン

    「用務員のお兄さんだけど、これ見て」
    「落とし物?」

    美友と彼は赤包を見て、持主を探した。

    「大好きな●●さんへ 桜田美友よりって、私の名だ?」

    汚れた宛名を読んでいると、声がした。

    「何やってんだよ」
    「いかがしました?」
    「ねえ、調子どう?」

    三人男の前で彼女は首を傾げていた時、放送が流れた。

    『エアラブ放送局です!美友さん!僕、チョコ待ってます!』

    「は?」
    「公私混同とはこの事ですね」
    「やるな?」
    「おい。お兄さんもまだだぞ」

    「ふわ?眠い……何してんの」

    生徒会の先輩まで現れた校庭隅で、男子達が騒ぎ出した時、頭上から声がした。

    「おーい。貴様ら。それワシの!返せ」

    「理事長爺さんか」

    これを知った五人は勝手に食べてしまった。

    「あの皆さん……お味は?」

    最高!の言葉に彼女は恥ずかしそうにうなづいた。
    うらら学園のバレンタインはこうして甘く幕を閉じた。

    開く閉じる

    • 羽生君
    • VD2020【お題】
    • スケートリンク
    • 愛の儀式

    羽生君は踊る。
    moonと一緒に、黒いタキシードで…
    羽生君は舞う。
    sunと一緒に、白いタキシードで…


    「嗚呼、羽生君」
    ご結婚おめでとうと私は夢想した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2020【お題】

    待ちに待ったバレンタインデー。何度も練習してから作ったマカロンは、友達にも好評だった。
    放課後。私は下駄箱で立ち尽くしていた。鞄の中に一つだけ、残ったマカロン。
    これを田中くんの靴箱に入れるか入れないか、それが問題。
    「ああ~どうしよ…」
    直接渡す度胸がなくて、下駄箱に入れるなんて卑怯かな。迷惑かな。
    でもせっかく作ったから、食べてもらいたいな。よし、入れよう。
    ふー、と深呼吸をして、田中くんの靴箱を開け、マカロンを入れるーー「あれ、早瀬?」
    「たたた田中くん!?」
    「何してんの?」
    尋ねる田中君は笑顔で、私は固まった。まだマカロン手に持ったままだーーよし、このまま逃げよう。
    「何でもないよ!じゃあね!」
    くるりと振り向いて走り出した。
    が、後ろから手を引っ張られつんのめる。
    「待って」
    私の手を握る田中くんは、真剣な面持ちだった。
    「それ、俺用だよね…欲しいんだけど」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ケータイ小説サイト五年目を迎えて新人の方々へ (高山/著)

感想どうぞ。

  • 初めまして。

    プッシュ通知で、高山さまの他作品を読みに来たのですが、タイトルが気になってまずこちらを読ませていただきました。

    私は野いちごさんではド新人です。

    それ故に読まれないことは当たり前、なんですよね。

    誰かに読んで欲しい気持ちはありますが
    それよりも

    書きたいから書いている。
    読みたいから読んでいる。

    大切なことを思い出させてくださってありがとうございました。

    須藤柚依   2017/07/09 23:14

    初めまして須藤柚依さん最初は読まれませんよ。

    僕は今でもPV低いですよ。

    だけど、何故入会したのかですよね。

    書きたいからですね。


    それなら書いてまた自分自身に合いそうなのを読んで見ることだと思います。

    僕の初期は色々中傷もされたけど今はそういうのがないですね。

    無理せず書きたいのを書いて下さいね。

    最初は誰でもコツコツ書いてたと言いますからね。

    頑張ってくださいね(^-^)ありがとうございます。

    作者からの返信 2017/07/09 23:46

  • 高山様

    初めまして。
    今年からこちらのサイトでお世話になってる桜野といいます。高山様のお名前は何度か拝見してたので、気になってこちらをまず読ませていただきました。

    私も、レビューとか感想は常々思っていました。読んでくれるから、無理して読み返す。でも、そういう営業レビュー的なモノは正直好きではなく、本当に面白いと思ってもらえた人だけコメントやレビューくだされば良いや、的な考えです。でも、中には見返りを求めての人も中にはいるワケで、なかなか難しいですよね(;_;)

    私も好きな作家様はとことん追います、追い続けます(笑)見返りなんて求めていません、その人の作品が好きだから読んでます(笑)
    もう、それでいいかなって思います(*^^*)笑

    根気強く書き続け、少しでもこの人の作品いいなって思えたらそれでいいかなって思ってます(*^^*)
    高山様の5年通してからのお話はとても為になり、これからも頑張ろうと思えました(*^^*)


    他作品、読ませていただきます!
    これからも応援しております!
    無理せず、高山様ワールドを書き綴って行ってください(*^^*)

    桜野夢花   2017/06/03 14:28

    初めまして桜野夢花さんありがとうございます(^-^)

    見返りは求めないですね。自然に交流が生まれる時も有りますけどね。


    五年も居たら色々思います。感想ありがとうございます(^-^)楽しいサイト生活をしてくださいね。

    作者からの返信 2017/06/03 17:11

  • 英蝶眠さんここでうけるかうけないか考えたら僕はうけませんよ。

    ここの主流が恋愛ものになってますからね。だけど恋愛ものでも良いのも有ればえー!ってのも有りますよね。

    黙々と非常にレベルの高いのを書いてる人がかなりいますよ。

    人気が有るのにも良いのも有れば悪いのもあるですね。


    これはあくまで僕の主観ですけどね。

    しかし、時間が経てばある程度評価されてきます。

    それで僕は良いかななんですよね。

    おー!コンビニ砦ありがとうございます。

    とにかく自分自身の信じたのを書けば良いのではですね。

    お名前はけっこう前から見ててプロフには何度かいってますよ(*^^*)感想ありがとうございます。

    高山   2017/01/05 15:48

  • 高山 様


    まさか高山さんが私の名前を見知っておられたとは…恥ずかしいやら嬉しいやら恐縮です。

    実は「コンビニ砦~」とかは好きな作品で、更新通知が来る度ひっそり読んでました。

    あの着想力は私に到底真似出来ない世界観なので、ファンとして楽しく読ませていただいておりました。

    私個人は事実や資料に忠実に書くしか出来ないタイプなので、ほとんど調べ物に費やしてしまいます。

    だから作品の少ないこと(苦笑)

    おまけにフィクションだと我ながらアラが見えてしまって、発表前にチェックして終わらせたら、ほとんど読み返さないので、レビューや感想の返事が遅くなるという欠点も…

    ここの噺で書かれている意見は、私は間違いではないと直感的ですが思います。

    作品の評価は主観的ですから、毀誉褒貶は仕方のない所とも思いますし、PVや読者だけが評価ではないと思います。

    感想やレビューがない作品でも良い作品は見かけます。

    とにかく書くにせよ読むにせよ、こなしてゆくのが基本なのかなとも思います。

    ご返信、ありがとうございました。



    英 蝶 眠   2017/01/04 22:05

  • お!英蝶眠さんそちらのお名前は何度か見てました。


    基本は作品だと思うけど、ここの好みに合うかでしょうね。


    これは、直ぐに結果を求めたがる人が多すぎるから書いたんですよね。


    好きだから入ってる好きだから書いてる。


    僕は今では流石に中傷されませんが初期は中傷もされました。

    だけどPVとかファン数よりも大事なのは自分自身が楽しんで書いてるかですよね。

    この当たり前の事を自分自身もついつい忘れがちですよ。

    好きだからサイトに入ったのでしょうとのメッセージですね。

    素敵なレビューまでありがとうございます(^-^ゞ


    高山   2017/01/03 21:50