さようなら、きんいろ。

恋愛(ピュア)

ひい。/著
さようなら、きんいろ。
作品番号
1336819
最終更新
2020/03/22
総文字数
14,668
ページ数
31ページ
ステータス
完結
PV数
1,443
いいね数
0



しおからい海の香り
あついぬくもりの小麦色の肌
太陽に染められたきんいろに輝く茶髪

それがきょうちゃんで、あたしのすべてだった。







天宮 真波(あまみや まな)
まっすぐ女子高生

×

風間 恭介(かざま きょうすけ)
島を出た大学生







ねぇ、きょうちゃん。

東京なんかに行かないで、
ずっと海のそばで、
あの日のまま輝いていて欲しかったよ。






*表紙作成…20160613
*執筆開始…20160607
*執筆終了…20160624
*作品公開…20200622




海の色もまともに知らん女なんて、
どうして連れて帰って来たの?


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop