ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 体育館
    • 髪クシャ

    体育祭も近くなり体育の授業が増える毎日


    私が今密かに気になっている男子__川崎の方を見る


    __トクン


    バスケが上手い彼は何本もシュートを決める


    凄いなぁ、なんて見てたら男子の試合が終わってしまっていた


    水のみに行く男子たちに紛れて川崎がこっちに来た


    「俺のこと、見てくれてた?」


    なんて、ニコッとしながら私を見る


    か、顔が熱い……


    「川崎ー!助っ人入ってー!」


    「了解ー!」


    なんて、男子から頼まれて「行ってくるわ」と言う彼


    私はほんの少しだけ勇気を振り絞り、彼のTシャツの裾を掴む


    「あ、の………頑張、れ……」


    顔は赤いし、声は震えるし、こんなの好きって伝えてるようなものじゃない!


    恥ずかしい…っ



    「ふは、ありがと」



    彼は私の髪をクシャッと撫でて子供みたいなに無邪気な笑顔を見せてコートに走っていった

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 地下鉄の中で
    • 守ってくれた

    大学までは最寄りの駅から地下鉄に乗って20分。

     朝一以外の時間はそんなに混んでいないことが多いけれど、朝一の時は首都圏でもないのにギュウギュウだ。

     今日も混んでる。

     滅多に開かないドアの方へどんどん押されて、ドアの窓に映る自分とおはようございます。こんなに自分の顔を近くで見ることってメイクする時以外ないんじゃないかな。

     ああ、自分の顔が近い。いや、近いどころじゃなくて、もがっ。

     押しつぶされた!
     と思ったら、あれ? なんか少しスペースが出来た。

     私の顔の横に手があった。細いけれど大きくて、関節がしっかりとした男性らしい手だった。

     なんていい人!

     そろそろと目線を上げて、窓に映るその人の顔を見た。

    「!
    松永……」
    「おう、おはよう。大丈夫か?」

     さりげなく言うところがカッコいい。

    「大丈夫」

     同じ学科の同級生の松永にときめく自分がいた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 俺以外のノート見るな

    私は数学が苦手。

     私の気になってる瀬戸君は数学が得意。
     いつも数学の宿題を見せてもらってる。見せてくれるということは、私のこと嫌ってはないよね?

     その日も私は瀬戸君を探していた。

    「瀬戸君~? 」
    「瀬戸、今日熱発して家で休んでるみたいだぜ?」

     瀬戸君の友人の西川君が教えてくれた。
    ついでに数学の宿題も西川君に見せてもらえた。

     次の日。瀬戸君の機嫌が悪い。

    「瀬戸君具合はもういいの?」
    「ああ。もういい。
    ……橋本さ」
    「な、なに?」
    「……じゃねーよ」
    「え?」

     私は聞こえなくて聞き返す。

    「他の奴に数学、きいてんじゃねーよ」
    「だ、だって、瀬戸君、風邪だったから……」
    「それでも、だよ」
    瀬戸君の拗ねた顔。なんだか可愛いと思った。

    「とにかく、俺のノート以外、見んな」

     瀬戸君の声少し震えてる? なんとなく瀬戸君の耳が赤いような気がしてドキッとした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

花舞う街のリトル・クラウン (神立まお/著)

  • 続きが読みたいと思いました。続編希望します。

    小笠原美香   2018/10/16 03:53

    読んでくださってありがとうございます!楽しんでいただけたようで何よりです*

    今のところ続編を書く予定はないのですが、もし続編を書くことになったら、必ず何かの形でお知らせしますね!

    作者からの返信 2018/10/16 10:04

  • 花言葉が一つ一つが印象的でした。
    花の分だけ人の物語もありきってこの小説を読んでで思いました。
    今度、身近な花の花言葉でも調べてみたいと思いました。
    世界観もちゃんとしていて、とても読みやすかったです。
    お互いに離れていても思い合っていたところに二人の絆の強さが伺えてとても良かったです。

    Sencami    2018/07/29 23:22

    ご感想ありがとうございます!

    この花の国ダンディオーネでの生活には必ず花が寄り添っている、ということから、ここの住人達は花言葉をよく知っているんだと思いました。花の国の日常として描いた部分を感じ取っていただけて、もう本当に嬉しいです!
    この物語をきっかけに花言葉に興味を持っていただけるなんてこんなに嬉しいことがあるでしょうか…!ぜひぜひ調べてみてください!きっと面白いと思います*

    花言葉が出てくる物語を書きたい!と思ったのは2,3年は前のことで、そこからずっとずっと温め続けていました。実は物語には登場していない部分まで細かく考えていたので、そういうところが世界観に繋がっているのかな、なんて思います…!
    また読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけているので、読みやすかったと言っていただけて良かったです!

    この物語のテーマのひとつに「運命の恋」というのがありました。どれだけ離れても、悲しくても、傷ついても、絶対に諦められない。お互いにはお互いしかあり得ない。そんな2人の運命と呼ぶべき恋が成就するまでをこの物語で描きました。たった一度だけの小さな出会いから始まった2人ですが、その中にある互いを求める心や絆について目を向けていただけて本当に幸せです!

    深くこの物語を読み取っていただけて、本当に本当に嬉しかったです!嬉しさのあまり、つい長文になってしまいました…。

    読んでくださって、ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/07/30 14:33

  • 可愛すぎるストーリー…!
    どうやったらこんな可愛い物語が思い浮かぶのか。と思うくらいいい作品でした!

    個人的にはメアが一番好きです。笑

    何度も読み返したくなるほど素敵な物語をありがとうございました!
    もう一回読んできます。笑

    出口あゆ   2018/07/24 17:52

    ご感想ありがとうございます!

    本当はもっと話の展開を凝ったものにしようかと思っていたのですが、花の国のシンデレラストーリーということで、シンプルに可愛らしさを大切にしていました。なので可愛いと言っていただけて嬉しいです*

    メア!ツンデレで素直になれないけど、言いたいことははっきり言う元気な女の子を目指しました。彼女のいいところや可愛さが伝わるように頑張っていたので、好きになっていただけたならもう嬉しさのあまり天にも昇る気持ちです!
    彼女が王都に来た理由、マドレーヌさんとの出会いや、アーディとのことなど、メアを主人公にしても一本書けそうなくらいです。想像するだけでも面白そうなのでいつか書いてみたいです!

    たくさんある作品の中から選んでくださった上に、何度も読み返したいなんて言っていただけて本当に嬉しいです!私こそこんなにこの物語を好きになっていただけたあゆさんからコメントいただけて幸せです!
    何度でも彼らに出会ってあげてください*

    素敵なレビューもありがとうございました!とっても嬉しかったです!

    作者からの返信 2018/07/24 19:40

  • ファンメールからこの作品を読みました!

    とっても話の展開が可愛くて面白いです!

    更新楽しみに待ってます!

    Caho   2017/11/20 21:07

    ファンメールからということは、ファン登録してくださっているのですね!ありがとうございます!

    可愛いと言っていただけて嬉しいです!リルはかなり序盤から事件に巻き込まれていますが、これからも色んなことに巻き込まれてしまう予定です。どうかリルの物語を最後まで見守っていただければ嬉しいです*

    ありがとうございます、その言葉だけで頑張れます(;_;) 更新頻度はまちまちですがなるべく早く完結できるように頑張ります!

    コメントありがとうございました!

    作者からの返信 2017/11/20 23:21