ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 独占欲【お題】

    私は今、ものすごく困っているのです!!

    私のヒロくんは見ての通りちょーー笑顔が素敵なのです

    そんなヒロくんを独り占めしたい衝動が抑えきれないんです

    「なに? 顔になんかついてる?」

    そんなことを思っているとじっと見つめてしまっていた

    「なぁ」

    「は、はい!!!」

    突然話しかけられて物凄い勢いで返事をしてしまった

    「ふっ、どうしたの?」

    「い、いやなんにもないです
    それより続きを話してください」

    「今、俺物凄いお前を独り占めしたい」

    私と考えてること一緒だったなんて…

    と感心しているとたくさんのキスがふってきて

    彼をもっと好きになった最高の日でした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 独占欲【お題】

    「逃げるな! ふざけるな!」


    私の足はおぼつかない様子で、何度もよろけながら走っていく。

    それはもう走っているというものではなく、膝をがくがくと震わせ、何度も階段に手をつきながら前に進んでいくものだった。

    当然、すぐに追いつかれてしまい、私の腕を掴み、勢いよく抱きしめてくる。

    二人して屋上の地面に倒れこむ。

    先輩は私を下に押し倒すと、力ずくで抑え込み、くちづける。

    無理やり口を開かせ、舌を絡め取り、犯してゆく。

    唇が離れたとき、彼は熱を持った瞳で私を見下ろしていた。


    「逃がさねーよ。お前は誰にも渡さねー」

    「先、輩……」

    「お前は黙って俺に愛されていればいい。他の男は見なくていい」


    熱い。

    あまりの激情に私は胸が苦しくなって、泣きそうになる。

    先輩の愛は重たいほどにいとおしかった。

    私も彼を独占したい。

    そう思い、私は先輩にまたキスをするのであった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 独占欲【お題】

    「遥ちゃんに聞いて欲しい話があるんだけどさぁ。」

    「うん?」

    押し付けられた日誌を書きながら、あたしを待ってくれている祐介の言葉に耳を傾けた。
    あたしの前の席に座って、日誌書いている机に肘をつきながらダルそうに口を開く彼。

    「どっかの完璧な彼氏様を差し置いて、遊びに行こうとする女がいるんだってよ。」

    「…。」

    「それも男がいんだよなぁ。」

    「…あの。」

    「焼肉だとよォ。」

    「ネチネチネチネチうっさいな!!」

    思わず怒鳴るとポキンッとシャー芯が折れた。祐介はジッとあたしを見つめたまま動かない。

    「たかが打ち上げでしょ。」

    「口ごたえか?」

    「祐介は嫉妬?」

    祐介はあたしの顔を両手で挟むとグッと顔を近づけた。

    「悪ぃかよ。」

    「…ちょっとウザイ。」

    「ンだと?」

    「心配なら、祐介来れば?」

    「お前が行かなきゃいーだろが。」

    「無茶言わないでよ。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

さよならのキスの代わりに (神立まお/著)

  • まは。さん

    読んでくださった上に感想まで教えてくださってありがとうございます!

    花をテーマにして書こうと思ったことから始まったこの物語から、大切なことを見つけてくださってとても嬉しいです。

    マイ、可愛かったですか!マイのような女の子は初めて書いたので、書いている自分はとても楽しかったのですが、読者の方にはどう思われたかなあと少し不安にも思っていました…!ですがまは。さんから可愛いと言っていただけてすごく嬉しいです*
    彼女が可愛くてしかたがなくて溺愛している男の子も初めて書いたのですが、ちゃんとマイへの愛が伝わってよかったです!笑 「もしほかの可愛い女の子が先輩に近寄ってきたらどうしよう」など、先輩が海外にいる間、マイはいろいろ心配しそうですが、どれも杞憂で済みそうです!

    本当は別の花にしようと思っていたのですが、花の写真や花言葉を見て、ブルースターにしようと即決でした!花言葉も素敵な花ですよね* お花自体もとてもかわいいので、私自身ぜひ見たいと思います!

    結局カップルがただイチャイチャするだけの物語となってしまいましたが、二人の想いを温かく見守っていただけてとても嬉しいです!

    こちらこそ、たくさんの物語の中からこの物語を見つけ出してくださって本当にありがとうございました!

    神立まお   2016/10/30 21:39

  • 初めて感想を書かせていただきます!
    この作品、読ませてもらいました。
    短編は久しぶりに読んだんですが、ぎゅっと大切なことが詰まっていてとても素敵でした。
    短いながらもマイちゃんのかわいさや先輩の愛が伝わってきて、優しさに包まれた温かい世界観だなって思いました(*^^*)
    花言葉も分かってすっきりしました!笑
    2人の想い合う気持ちに思わず頬が緩んじゃいました!
    素敵な作品をありがとうございました!!

    まは。   2016/10/28 19:44