ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 空き教室
    • キス

    「森野〜!この英文の意味は?」

    「へっ⁉︎わ、分かりません…」

    「お前、放課後居残り」

    「…はーい」


    「詩帆、ここは分かる?」

    「ふふ〜、先生かっこいい」

    大嫌いな英語も、この時間だけは好きになる。

    彼氏の先生と二人きりで勉強できるから。

    あ、そういえば今日バレンタインだ。

    「…しーほー、聞いてる?」

    「あ、聞いてません!それより〜、私は恋の勉強がしたいですね」

    「お前、留年するぞ」

    「はっ!それは嫌だ!…はい、勉強しますよ」

    「よしよし」


    「この問題、意味分かる?」

    「え?唐突ですね。んーと…あっ!“私は貴方のことを愛してい、」

    チュッ 唇に軽く触れるだけのキス。

    でも、とても温かった。

    「それが俺からのバレンタインね」

    「え⁉︎それって、」

    「会議行ってくるから、終わらせとけよ?」

    よし、結婚するためにも、高校卒業目指して頑張ります。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • マスク越しキス

    「調子どう?」
    「ダメです……」
    「どれ?顔を見せて」

    見学で高校にいた中3の美友は緊張で保健室で休んでいた。

    「ごめんなさい。先輩も忙しいのに」
    「お兄さんはボランティアだから遠慮しないで?」

    そんな彼は美友のベッドに腰掛けた。

    「あの、今日はバレンタインでしたけど、先輩は何個ですか」
    「トラック1台分かな」
    「ウフ。あ?」

    その時、美友のお腹がグー!と鳴った。


    「……恥ずかしい。そうだ!私もチョコが」

    店の割引チョコを買った美友に海棠は食べたらと言った。
    そして二人で食べていると足音がした。

    「怒られる!?あ、先輩、これ」
    「おっと?むぐぐ」

    先生が入室すると二人はマスク姿だった。
    美友が元気なので海棠が送ると言い二人は退室した。

    「俺まだ口に入っている」
    「私も」
    「ねえ……美友ちゃん」
    「え?ウフ!」

    マスク越しの冗談キスの二人は爆笑しながら帰って行った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    今日は私の誕生日。
    よりによって2月14日バレンタイン。
    昌「おい!由美。俺に渡す物ない?」
    由美「ないよ〜、逆に私、今日誕生日なんだけど。」
    昌は幼なじみの昌宏。私は大好きけど、昌はどう思っているのか
    わからない。何回も言おうかと思ったけど、今の関係が壊れるのが怖い。実は意識してからチョコを作っているけど、結局渡せず、自分で食べるのが恒例だ。
    昌「由美!」
    由美「なに」
    昌「俺たち素直になろう!」
    由美「変な物でも食べた?」
    昌「俺はお前。由美が大好きだ。」
    由美「いやいや、冗談を…」
    昌は私を抱きしめ、キスをした。
    昌「これで信じた?」
    由美「うん!私も大好き!」
    昌「知ってた。だって。由美はわかりやすいから…」
    昌はカバンから、かわいい箱をだした。
    箱の中身を開けるとおそろいのブレスレット。
    昌「お前を大切にする由美付き合おう!」
    私たちの本の1ページが始まった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

君の消えた青空にも、いつかきっと銀の雨 (岩長咲耶/著)

  • 変身嬉しいです。
    これからもいわながさんの作品多久さん読みたいです。

    井口彰宏   2019/12/19 17:31

  • 暖かい返信うれしいです。人間かんけい例えちが繋がっていてもいなくても一人の人間ですね。
    よい人間関係を築きたいですね。

    井口彰宏   2019/12/16 20:36

    えぇ、本当にそうですよね。
    そういった努力のできる人間でありたいなぁと思っています。

    作者からの返信 2019/12/18 22:15

  • 入江さんの自殺ありさの複雑な家庭いろいろ考えさせれ増した。人間関係は難しいですね。
    ありさのような強い人になりたい。

    井口彰宏   2019/11/30 23:50

    井口彰宏さま

    拙作を読んでくださってありがとうございます!
    返信が遅くなりまして申し訳ありませんでした!

    人間関係って本当に難しいです。
    突き詰めると自分以外の人間って、たとえ血の繋がった家族であっても全員『他人』ということになるんですよね…
    決して冷たい意味の他人ではなくて、単純に『自分ではない人間』という意味で、ですけれども。
    だから人間関係において、色々とトラブルが発生してしまうのも当然なんでしょうね。

    自分に関わる人、自分に親愛の情を与えてくれる人は大切にしたいです。
    だって友達でも、たとえ親兄弟でも、『他人』が愛情を注いでくれるって、とてもありがたいことだと思います。
    決して当たり前なんかじゃない。書いて字の通り、それは有り難いこと。
    縁あって巡り会えた大切な人達に感謝しながら、私も日々を過ごしていきたいです。

    感想、本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/12/02 01:37

  • 奏が負け犬と言われるシーンは
    少し辛かったです。
    好きという気持ちがどのくらいと言われても、そんなの自分でもよくわからないと思います。

    ゆみJupiter   2019/10/28 20:26

    ゆみJupiterさま

    拙作を読んでくださってありがとうございます!
    返信が遅れてしまいまして申し訳ありません!

    人を好きになる気持ちって、よくわかんないですよね。
    好きって感情は単純なようで本当は複雑だし。
    みんなが迷ったり悩んだり、傷ついたり落ち込んだりします。

    自分の中の純粋な気持ちを、自分以外の誰かとお互いに擦り合わせることによって生まれてしまう痛み。
    でもその痛みって、受ける価値がある痛みだと思います。
    やっぱり恋って素敵ですから、痛くても時に悲しくても、誰かを好きだと思える自分の気持ちを誇りに思って大切にしたいです。

    感想ありがとうございました!
    もしも機会がありましたら、また岩長の作品を読んでみてくださいませ!

    作者からの返信 2019/10/30 21:52

  • とっても考えさせられる物語でした。子供の力ではどうしようもないことが起きる世の中に諦めていた自分もいたのですが、これを読んだら黙っていられないと思いました。色々なことに気づかしていただきありがとうございました。これからも頑張ってください!

    Ohana chan   2019/10/22 23:55

    Ohana chanさま

    返信が遅れてしまい大変失礼しました。
    感想ありがとうございます!
    この作品を読んでくださって本当に嬉しく思います!

    Ohana chanさまは、お幾つでいらっしゃるのでしょうか?
    実は私はもういい大人なのですが、いまだに自分の無力さに嘆いてばかり (笑
    Ohana chanさまと一緒なのです。

    世の中は理不尽だと思うことや、悲しいことや、怒りを感じることがたくさんあります。
    そういう問題って、簡単には解決できないような難しい事態が多いですよね。

    でも、スッパリ解決までにはいかなくとも、大事なのは、『これじゃいけない』『なんとかできたらいいな』『もしかしたら、なんとかなるかも?』って感情を持ち続けることだと思います。
    そういう心を無くしてしまったら、ダメなんじゃないかな?って

    拙作が、小さなきっかけになれて恐縮です。
    未熟者ですが、これからもチマチマとマイペースで作品を執筆していきたいです。
    なかなか時間が取れない難しい現状なのですが、書きたい!と思う気持ちが大事ですよね。
    とてもグッドなタイミングで応援してくださって、本当にありがとうございました!
    私も頑張ります!


    作者からの返信 2019/10/23 23:14