ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    「なんでっ!なんで…………ひっくっ」

    幼小中とずっと同じで離れたことがなかった幼なじみが都会の高校に行くことになった。
    私たちが住んでいるところは田舎で高校は少し街になったところに行く。それなのにまさか都会に行くなんて。

    「ごめんな、美玖(みく)。俺は美容師になる夢を捨てきれないんだ」

    流星(りゅうせい)の夢は昔から美容師で叶えたいと言っていた。そう話す流星が好きだったし、私も勇気を貰っていた。

    「いいよ。頑張ってね」

    ここでひとつ。私は流星に言ってないことがある。

    私は大学は流星がこれから行くところの近所を志望してるということ。

    少しの別れだけど大丈夫!
    悲しいけど悲しくない。これからは泣かない。

    大学生になったら流星を迎えに行くんだから!


    そして、好きって伝えるわ!

    開く閉じる

    • 切ない【お題】

    「ごめんなさい……」

    いつものように、わたしは彼に謝った。

    「謝るなって。お前は悪くないんだよ」

    「ありがとう……」

    わたしはベッドの上にいる。
    病気で、3ヶ月前に余命宣告をされた。

    ……余命3ヶ月。

    今月、わたしはこの世のものじゃなくなる。
    いや、今日かもしれない。

    意識が薄れてきた。

    「大丈夫だ、俺は一生お前を愛しているから」

    「……あ……り……が……とう……」

    彼は、わたしの手を握った。
    彼の温もりを感じながら、わたしは目を閉じる。

    「お前は故人じゃない。俺の恋人だ」

    それだけが聞こえた。


    もう一度、ありがとうと言いたかった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    私には今付き合っている人がいる。付き合って1週間しか経っていない。

    (教室に忘れ物しちゃったよ〜)

    教室に取りに入ろうとした時、話し声が聞こえた。

    「お前って今付き合ってる彼女とどれぐらい経った?」
    「1週間。そろそろ別れてもいいかなって思ってるけどな」
    「マジかよ笑。今回は早いな」

    入るタイミングをなくした私は盗み聞きをしていた。だって聞き覚えのある声だったもん。

    「だってあいつ、地味だし、どこかに行くって言っても図書館とかだしさ。つまらないんだよなぁ」
    「デートに図書館とか笑」
    「だよな。デートで図書館はねーわ笑」

    気がつくと私は泣いていた。
    あれ?おかしいな。私の事本気で好きになる人なんていないって知ってたはずなのに。なんでかな。
    その場にいる事が辛くなった私は、走って逃げたのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

君の消えた青空にも、いつかきっと銀の雨 (岩長咲耶/著)

  • 感動しました。
    この物語から、色々学べました
    ありがとうございます
    おもしろかったです

    Hana☆*。   2018/03/27 20:28

    佐藤はなさま

    この作品を読んでくださって、ありがとうございます。
    こちらこそ、作品から佐藤さまがいろいろ感じ取ってくださって嬉しいです。

    少しでも人の心に響く小説を書きたいと願って、自分なりに精いっぱいの思いを込めました。
    私自身が日頃から感じていること、大切に思っていること。
    こんな未熟な私の筆で、読者様方に伝わるかどうかとても不安でした。
    『おもしろかった』と言ってくださって、その思いが報われた気がします。
    本当に嬉しいです!

    感想を寄せてくださって、本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2018/03/27 21:35

  • さーやん☆さま

    こちらの作品も、読んでくださってありがとうございます!

    はい、そうなんです。実にリアルで、シビアな話でしょう?(笑)

    実はこの作品は、とある作家様が出版なさった本への感想を、某所で読んだことがきっかけで書いたんです。

    『お決まりの展開の、少女漫画みたいな内容だと思ったら、これってケータイ小説らしい。やっぱりなーww』

    みたいな。

    で、ムカッときて、『じゃあ、シビアな話を書いてみようか。ケータイ小説で』って書いたんですよ(笑)

    人は、大なり小なり心の中にいろんな事情を秘めて、それを笑顔で包み込んで生きている。

    どうにもならない『現実』は、ドラマみたいに都合よく解決なんかしやしない。

    それを受け入れるしかなくて、とても辛いし苦しいし、難しいけれど……

    それでも痛みを堪えて飲み込んで、なんとか生きてみようよ。踏ん張ってみようよ。みんなでさ。

    ってテーマを書きたかったんです。

    結果、暗い話になりました(笑)

    それでも最後の一筋の光を感じ取ってくださって、ありがとうございます!
    えへへ、嬉しいです!

    感想、本当にありがとうございました!

    岩長咲耶   2016/11/05 18:20

  • こんばんは。なんだか、いろいろ考えさせられますね…。
    正直、前半は入江ちゃんがあまり好きじゃなくって…。でも日記読んでから同情しちゃいました。でも、最初からずっと、亜里沙ちゃんが正論言ってると思うんですよね。死を選んだのは入江ちゃん自身なんだから。っていう。で、奏ちゃんは悲劇のヒロインに浸ってる。亜里沙ちゃんの言う通りだなって。
    で、そしたら亜里沙ちゃん衝撃の事実がー!
    もう、(;゚ロ゚)←リアルにこんな顔…
    いやー、本当に、実に暗い話…。
    最後はまぁ奏ちゃんも吹っ切れたみたいで良かった(?)です。
    暗い話はもうお腹いっぱいで、当分いいですわ…笑

    さーやん☆   2016/11/04 23:27