ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 教室

    いつからこうなっちゃったんだろう。

    自分の席に座り、少し首を横に向ける。
    視界に入ったのは、またあの子と楽しそうに話すキミ。

    私とキミは、学祭で仲良くなって、その日から沢山話すようになった。
    いつの間にか好きになっていて、キミに思わず伝えてしまったこの気持ち。
    キミは、笑って「俺もだよ」って言ってくれたね。
    でも、付き合わなかった。
    付き合った瞬間、終わる日が来るんじゃないかって怖くて。

    そうしていつからか、キミと話すことが減った。
    学祭の頃に私に沢山話しかけてくれたように、今度はあの子にその笑顔を向けているんだね。

    もうキミを忘れようと思う。
    苦しくて辛いこの毎日から早く逃げたくて。

    「茉奈」

    声がした方を見るとキミがいた。

    「泣きそうな顔してるよ。大丈夫?」

    ほら、忘れようとすると、キミが優しさを見せる。


    だから恋って苦しくて、悲しくて、辛い。
    神様は意地悪だ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 寝言

    「むぅ……」



    びくぅううう!!


    「せ、先輩…?」




    「すぅー…すぅー…」


    びっくりした…


    隣で寝ている彼女、みゆ先輩が熱を出した



    「す、すごい汗…」


    先輩の前髪を分けようとおでこに
    手を近づけた瞬間……




    「えへへ…… かいくん、だぁーいすき」





    笑いながら俺の名前を呼ぶ先輩


    驚いて声をかけるも応答なし



    「寝言かよ……」




    いつもはツンツンな先輩が甘えを出すとき
    俺はおかしくなる



    「…先輩。俺は愛してる。」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「ねぇねぇ、今日はいい夫婦の日らしいよ」



    「へぇ…興味ねぇな」




    「え~、こんな日に結婚とかしたらなんか素敵じゃない?」



    まったく興味なさげに机に突っ伏している大和の顔を覗き混む。




    「何?」



    パチッと整った顔と目が合う。



    「反応薄いから」




    「ふっ」




    私の言葉にイタズラそうにけど嬉しそうに笑うと





    「じゃあ、俺らも数年後の今日結婚式する?」




    と言って大和の顔を覗き混んでいる私の頭を優しく撫でた




    まさかの返しに硬直していると




    今度は私のほっぺをプニッと引っ張って




    「無視かよ」




    「え、ちがっ」





    私の言葉を遮るように大和は優しくキスをした





    私も言葉で言えなかった答えを返すように大和の首に手を回し、




    誰もいない教室で、数年後の誓いを交わす。



    今日はいい夫婦の日。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ハウトゥ・シナプス (颯希/著)

  • ▼楓 十色 さま

    はじめまして。あのような拙いレビューからこの作品を目にとめていただけて光栄です (*‘ω‘*)
    ほんとうですか……!梓のことはかわいくないな~~と思いながら書いたのでそう言っていただけてなんだか嬉しいです(笑)
    喜一は最初の乱暴口調からだんだん弱気になっていく落差をたのしんでいただけていたならよかったです!そりゃ「は?」ですよね、そりゃそうだ!
    ラストは少し悩んだので、気に入っていただけて嬉しいです。よかった。
    数ある作品の中から見つけて感想をくださってありがとうございました!

    颯希   2016/05/26 22:41

  • こんばんは。初めまして。僕の短編にレビューを下さった方のことが気になって覗いてみると、素敵な小説に出会いました。会話のテンポが心地よかったです。
    梓ちゃんの性格はツボる男性も多そう。ぽろっぽろっと彼女の口から零れる新事実に「は?」を繰り返す喜一の反応も楽しかったです。まあそりゃそーゆー反応になるよな(笑)と思いながら読みました。
    ラストがいいですね。
    余韻を残した幕引きって好きです。

    楓 十色   2016/05/20 16:16

  • ▼藤枝 恵 様


    めめめめめぐちゃんだーーー!!!!覚えてるよもちろん忘れるわけないよえっ、めぐちゃんだ……めぐちゃんだぁぁぁ 。゚(゚´ω`゚)゚。 おかえりさないぃぃ……!!!( இ﹏இ )

    裏の裏まで楽しんでもらえてよかったです!そう思ってもらえたらいいなと思いながら書き進めてたから、このコメントにすごく安心しましただよ~~よかった…… (*ˊᵕˋ*) おっしゃる通り、喜一は自尊心が高いのです(笑)かわいがってもらえて嬉しい!生意気な子だけどよろしくおねがいします(笑)

    驚いたよ嬉しかったよリアルに泣きそうだよめぐちゃん……何年ぶりだろう ( ´•ω•` ) わたしはもう大学生になってしまったよ……(笑)だから屋上での青春感がちゃんと出せていたなら本網だ!ありがとう!
    たまにめぐちゃん元気かなあ……と本棚を見て思ってたからほんとにうれしいよ、ほんと語りすぎちゃいそうだあ……めぐちゃんの文章もまた待ってるからね、読みたいからね、顔だしてくれて、素敵なレビューとメッセージをくれて本当にどうもありがとう……!(>_<)

    復活を待ってます!またね!!('ω'*)

    颯希   2016/05/14 22:11

  • ▼氷川真紗兎 様

    素敵な感想とレビューありがとうございます……!諸事情により感想ノートを一瞬とじていたので、氷川さまの拍手コメントにてお礼を送らせていただきました!

    颯希   2016/05/14 21:59



  • やあ、颯希ちゃん。久しぶりです。笑

    お元気ですか?藤枝です、覚えてますか?笑

    久しぶりにベリーズに来たら颯希ちゃんからのメールがあって、タイトルに引き寄せられるように来てしまいました!

    梓ちゃんが敬語なのは別れたのにのこのこ会いに来た後ろめたさからだと思いながら読み進めたら、裏があって、そのまた裏があって、一言すごく楽しかったです☆

    喜一くんの乱暴で自尊心の高い感じがかわいいなーとか思ってしまう年齢になってしまったなあと思ったり。笑

    屋上だけで繰り広げられているのも学生らしさが出てて私は好きでした!

    いきなり現れて驚かせたかな。笑 私も何か書き始めようかな~。ぼんやりと書きたい設定は沢山あるんですけどね!颯希ちゃんの話を読んだら改めて執筆意欲が出て来てしまいました。笑

    久しぶりすぎて延々と語ってしまいそうなので、このへんで!また突然顔を出すかも~。笑

    藤枝 恵   2016/05/09 08:47