ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    「なんでっ!なんで…………ひっくっ」

    幼小中とずっと同じで離れたことがなかった幼なじみが都会の高校に行くことになった。
    私たちが住んでいるところは田舎で高校は少し街になったところに行く。それなのにまさか都会に行くなんて。

    「ごめんな、美玖(みく)。俺は美容師になる夢を捨てきれないんだ」

    流星(りゅうせい)の夢は昔から美容師で叶えたいと言っていた。そう話す流星が好きだったし、私も勇気を貰っていた。

    「いいよ。頑張ってね」

    ここでひとつ。私は流星に言ってないことがある。

    私は大学は流星がこれから行くところの近所を志望してるということ。

    少しの別れだけど大丈夫!
    悲しいけど悲しくない。これからは泣かない。

    大学生になったら流星を迎えに行くんだから!


    そして、好きって伝えるわ!

    開く閉じる

    • 切ない【お題】

    「ごめんなさい……」

    いつものように、わたしは彼に謝った。

    「謝るなって。お前は悪くないんだよ」

    「ありがとう……」

    わたしはベッドの上にいる。
    病気で、3ヶ月前に余命宣告をされた。

    ……余命3ヶ月。

    今月、わたしはこの世のものじゃなくなる。
    いや、今日かもしれない。

    意識が薄れてきた。

    「大丈夫だ、俺は一生お前を愛しているから」

    「……あ……り……が……とう……」

    彼は、わたしの手を握った。
    彼の温もりを感じながら、わたしは目を閉じる。

    「お前は故人じゃない。俺の恋人だ」

    それだけが聞こえた。


    もう一度、ありがとうと言いたかった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 切ない【お題】

    私には今付き合っている人がいる。付き合って1週間しか経っていない。

    (教室に忘れ物しちゃったよ〜)

    教室に取りに入ろうとした時、話し声が聞こえた。

    「お前って今付き合ってる彼女とどれぐらい経った?」
    「1週間。そろそろ別れてもいいかなって思ってるけどな」
    「マジかよ笑。今回は早いな」

    入るタイミングをなくした私は盗み聞きをしていた。だって聞き覚えのある声だったもん。

    「だってあいつ、地味だし、どこかに行くって言っても図書館とかだしさ。つまらないんだよなぁ」
    「デートに図書館とか笑」
    「だよな。デートで図書館はねーわ笑」

    気がつくと私は泣いていた。
    あれ?おかしいな。私の事本気で好きになる人なんていないって知ってたはずなのに。なんでかな。
    その場にいる事が辛くなった私は、走って逃げたのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

とある犯罪者たちの雑談 (ひい。/著)

愛しいキミへ お元気ですか? キミと会えなくなり、もう半年が過ぎてしまいましたね。ボクはキミに会いたくて仕方がありません。キミもきっとそうでしょう。ですが、悲しまないで下さい。朗報です。もうすぐボクはキミの願いを叶えます。そのあとはここを出て、キミに会いに行きます。もうしばらくの辛抱だから、どうか待っていて下さい。ボクはキミに会える日を楽しみにしています。

  • 水槽スウィッチさん* レビューお礼

    お久しぶり!
    『とある犯罪者たちの雑談』を読んでもらえて嬉しいよー!
    そしてなにより、こうしてまた野いちごで交流することができて、幸せです。

    タイトルだけだと少し緩め、表紙もそこまで特徴なし。
    読んだら詐欺だなと思っていたけど、いい意味に捉えてもらえて安心しました。よかった……。

    素敵なレビューありがとうございました!

    ひい。   2016/02/11 18:19

  • 米本さん*

    はじめまして。
    『とある犯罪者たちの雑談』を読んでいただき、嬉しく思います。

    実はお兄さんは特定の人物でした。
    考えながら読んでいただけたようで嬉しいです。
    読者の方が自分に語りかけられているように感じた方がこわいかな、と意識していた部分なのでよかったです。
    会話文だけなので小説を読んとはまた違うかなと思っていましたが、米本さんが褒めて下さったので満足いきました。

    そうですよね、思えばボクの演技力がすごい。笑
    好いていただけて嬉しいです。

    素敵な感想ありがとうございました!

    ひい。   2016/02/11 18:12

  • 明紫さん*

    はじめまして。
    『とある犯罪者たちの雑談』を読んでいただき、嬉しく思います。
    まさに私が目指していたとおりの反応をしてくださり、思わずにやにやしてしまいました!

    ホラーとは少し違う、ぞっとする感覚を楽しんでいただけていたら幸いです。
    素敵な感想ありがとうございました!

    ひい。   2016/02/11 18:04

  • 初めまして。
    米本美生と申します。

    お兄さんって誰かなぁと思いながら読んでいたら、最後にまさかの結末が待っていて、面白かったです!
    最初はお兄さんは読者をさしているのかと思っていたので!
    会話文だけで上手く繋げているのに変な感じはしなかったので、凄いと思いました!

    最初から犯人だとわかっていたのにそれを見せないボクはなかなかの演技派で、個人的に好みです笑

    これからも作者さんのペースで頑張ってください!
    (*^^*)

    米本美生   2016/02/04 11:11

  • 初めまして、明紫と申します。拝読しました!最初は気軽によんでいたのですが、途中からゾッとして、最後はぎゃあぎゃあ言ってました。絶妙な気色悪さがあり、楽しませて頂きました~。

    明紫   2016/02/03 10:16