ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 部活中
    • 教室

    「今日はここまで。片付け始めてー」

    そうみんなに向けて言ったのは部長で。

    真面目にみえて実は、話せばユーモアでいっぱいの彼が少し気になっていた。

    伸びをするフリをしながら盗み見る。

    ーああ、カッコいいなぁ。

    だらしのない表情を惜しげもなく見せていると隣から一発頭にもらう。

    「いっ…だぁ」

    隣の彼は幼なじみの早瀬だ。

    「あの人、彼女いるから」

    「へっ?」

    驚きの発言に眉ひとつ動かせない。

    「ほっ本当?」

    「うん、うそー」

    「………」

    ーうん、サラリとうそをつかれたね。

    しかし、彼の発言はこれだけでは終わらず。

    「よし、部活も終わったことだし。ちょっと遊びに行こっか〜、かなっ」

    いきなり皆に聞こえるような音量で早瀬は言った。

    「っ!ちょっと…」

    そこで最初に聞いた声がここまでの形勢を変える。

    「かなちゃん、嫌がってるみたいだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生

    管野雨愛(かんのうみ)高校三年生

    雨愛が産まれた日は大雨……

    みんな雨を嫌がる人が多いが雨でも愛されるようにと親がつけてくれた名前


    三ツ矢晴輝(みつやはるき)高校三年生

    晴輝が産まれた日は快晴

    晴れの日に輝けるようにと付けられた名前

    高校二年の時晴輝の父親が亡くなった

    雨愛の家はお寺で晴輝の父親のお墓がある

    二人は両思いになったが晴輝が自立できるまで付き合うのは待ってほしいと言われる

    雨愛はそれを承諾するがそれから一年が過ぎる

    ある日晴輝の元カノが現れる

    つきあってないなら私は積極的にいくと宣言され不安になる雨愛

    つきまとう元カノに晴輝はどう答えるのか

    泣き虫な雨愛は笑顔になれるのか

    はっきりしない晴輝に雨愛は勝手だよと……言ってしまう

    自分の勝手で動く晴輝は友人に気付かされる

    雨愛が好き

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 後ろからギュッ

    「おはよ、舞川」
    「水野くん、おはよう」
    「!」
    水野くんは顔を真っ赤にした。
    「どうしたの?」
    ギュッ
    「可愛すぎだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ママ交換所 (reY/著)

  • 初めまして!Rinです。
    私は今2歳の息子がいるんですがイヤイヤ期ですごく手がかっています。他の子よりも活発すぎて、大変で…本当にイライラしちゃうことの方が多い日々です。
    今日もお友達をおしたり蹴りそうになったり…悩んでいました。
    これを読んで涙が止まりませんでした。
    最近、怒ってばかりだなって…
    そのせいで、ストレスがたまっているのかも。
    明日は笑顔で接したいなと思います。
    気づかせてくれてありがとうございました(இдஇ

    R  i  n   2016/09/08 00:10

  • 涙が止まりませんでした!m(_ _)m

    いい話ですね!

    うちも怒られてばっかりやけど、愛情のある怒りだったんだってわかりました!

    ありがとうございます!!

    これからも頑張ってください!

    応援してます!

    なかじん   2016/02/20 17:28

  • 凄く申し訳ない事に最近メルマガをずっと読めていなくて、先程最新のメルマガを先程読ませて頂き(本当に申し訳ありません。。)とても遅くなりましたが、読ませて頂きました。

    読んでいて、私も子供の頃太郎くんと同じような事を思っていたなぁと。。
    読ませて頂いている時は子供に戻ったような気持ちで、太郎くんの目線になって読ませて頂いていました。
    読み終えた後はお母さん目線の気持ちというか、自分もこうして母からたくさんの愛情をもらいながら、育ててもらってきたんだなと、母に対する感謝が溢れてきました。
    子供の頃ももちろんそうですが、大人になっても母親という存在はあまりにも近くて。。
    とても大切過ぎる、かけがえのない存在なのに、近くにいる存在だからこそ、その存在の大きさや大切さを、時に忘れてしまったり、気持ちがすれ違ってしまう事もあるけど。。
    たった一人の大切な存在だから、そういう存在だからこそ、母を大切にしたい、愛していきたいなと読ませて頂き、強く感じました。。

    親と子の間ももちろんそうですが、人生の中で出逢った大切な人とも、やっぱり大切な存在だからこそ、同じようにすれ違ってしまったり、いろいろな気持ちが見えなくなってしまう事が時にあるけど、その人一人しかいないんだという当たり前だけど、とても大切にしたいなとも強く思いました。

    明日はクリスマスイブ。
    (日付的にはもう今日ですが。)
    読ませて頂くのが遅くなってしまい、とても申し訳ないと想いながらも、凄く温かく優しいお話を読ませて頂き、いろいろな事を感じさせて頂き、感謝しています。。
    ありがとうございました

    また凄く長々と失礼しました。

    スパンク   2015/12/24 01:42

  • 初めまして。
    米本美生と申します。

    本当に大事なものは、失ってからや離れてからわかるのでしょうね。
    もっと早く気が付けたら良いのでしょうが…。

    太郎くん、気が付けて良かったと思います。
    普段絵本ぽいのは読まないのですが、感動出来る素敵な話でした!!

    これからも頑張ってください!
    (*^_^*)

    米本美生   2015/12/10 15:40

  • 私もメルマガから来ました。

    もう涙が止まりません~。どうしてくれるんですか~(笑)。
    うちの二人目と同じ感じです。年も一緒で。

    二人目だから楽だと思ったら、上の子より大きかったから生まれてくるときすんごく痛かったし、上の子より手がかかるし。

    でも、好きなんですよね。そして子どもも好きでいてくれてるんですよね。

    もう少し心に余裕を持ってやさしくしたい、と思いました。

    っていうか、まだ涙止まらないんですよ~!!

    ひらび久美   2015/12/03 11:54