ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    「先生、お久しぶりですっ!」


    「久しぶり。相変わらず元気だね。…で、先生に何か用?」



    先生に会いに来て、わざわざ図書室まで来たのは、チョコを渡すためだ。
    手作りの本命チョコ。



    「これ…チョコです。どうせ、先生今年も彼女いませんよね。」


    「うるせー、余計なお世話だ。」



    そんなことを言いつつ、先生はチョコを受け取ってくれた。
    …言うなら、今、だよね。




    「先生っ、私っ…」



    ずっと好きです、そう言おうとした。
    でも…。



    ーぎゅっ。



    「…俺から言わせて。」



    耳元で聞こえる、低くて耳心地のいい柔らかな声。
    …心臓が、やばい。



    「…俺、飛田さんのことが好きだ。」


    「私も…です。」


    「…じゃあ…今日から、俺の彼女な、…結桜。」



    ニヤリと笑う先生。
    対して私は…急な下の名前呼びに顔を赤くしていた…。

    開く閉じる

    • 先生
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 告白

    「どうしたんだ?合田(あいだ)。」

    私、合田ひな。高校3年生。受験が一足早く終わり、今日は高校最後のバレンタインデー。
    私が高1から好きだった浜野(はまの)先生に告白します。絶対無理で付き合えたとしても許されないことだって分かってる。でも、このままお別れなんて嫌だ。だから、どうしても伝えたくて
    「私、浜野先生のことが好きでした。これ、受け取ってください」
    それは、夜中までかけて作った手作りお菓子。どうしても食べてもらいたかった
    「合田。ありがとな。嬉しいよ」
    「振られるのわかってたけどやっぱり辛いな」
    「え?」
    「え??私、振られたんじゃ」
    その時先生が私をハグした。
    「え、先生?」
    「いけないことだってわかってる。先生と生徒が付き合うのは。だけど、毎日明るく接せるお前のことが日に日に好きになってたんだ。オレと付き合って欲しい」
    「はい!」

    周囲の目は痛いですが今、先生は旦那さんです!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Repair of the world~フルート吹きの魔法使い2~ (藤崎摩夜/著)

  • ☆みゅうらん☆さま
    お返事が遅くなりました(;´Д`)感想ありがとうございます!
    一番好きなシリーズと言って頂けてとても幸せです!

    楽器をテーマにした作品をまた書きたいと思っておりますので、その時はまたお付き合い頂けたら嬉しいです。

    これからもよろしくお願いします(´ω`)

    藤崎摩夜   2016/12/31 23:03

  • C-eluさま

    お返事が遅くなりました、ごめんなさい(´;ω;`)
    そして感想ありがとうございます!

    まさかそんなに繰り返して読んで頂けるとは・・・。嬉しすぎて涙がっ・・・!!

    このお話は楽器に重点を置いて書いている作品なので、楽器を経験していない方には少し理解し難い部分があったかもしれません。大変申し訳ございません。
    もう少し文才があれば、とその部分については反省しまくりです。楽器を知らない読者様にも魅力の伝わる文章を・・・、これは今後の課題ですね(;^_^A

    ただの私の趣味と妄想のお話を楽しんで頂けて、かつ大好き!と言って頂けて、本当にこのお話を書いて、完結出来て良かったと思いました。

    また楽器をテーマに書きたいと思っていますので、その時もしお時間がありましたらお付き合いして頂けると幸いです。


    これからも面白いと言われるような作品作りを頑張りますので、今後とも何卒宜しくお願い致します(^^)/

    藤崎摩夜   2016/09/09 01:44

  • 感想の方失礼します。完結おめでとうございます。
    全く楽器のことはわからず‥‥ですが"フルート吹きの魔法使い"からタイトルが気になり三度読み返し、続編を見つけ、続編も二度読み返させて頂きました!
    まさかルリが亡くなったあとこんな事になってしまうとは‥‥‥!!とドキドキしながら読ませて頂きましたが、やっぱり最後はどちらの作品も感動の涙でした。
    本っっっっ当にこの作品が大好きです!このような作品を書いてくださり感謝しております!ありがとうございます。

    C-elu   2016/09/05 03:40

  • うみほたる。さま。

    最後までお読み頂いて本当にありがとうございます!
    あと長い間書けない時期でも、待っていただいて本当に嬉しかったです。

    そのお陰で最後まで書けました。

    うみほたる。さんのお言葉がなければ、ここまで書けなかったかもしれません。本当に感謝しても感謝しきれません。


    私自身も長らく吹奏楽の世界にいた人間なもので、楽器好き故にこの作品を書いた次第です^^
    これから新入生が入り、夏のコンクールに向けて熱い活動が始まりますね!
    全国目指して頑張ってください!

    また楽器をテーマにした作品を書く事があると思いますので、その際はぜひお付き合い頂ければ幸いです。

    今後ともよろしくお願いします。

    藤崎摩夜   2016/03/09 22:45

  • 完結おめでとうございます٩(*´︶`*)۶
    最後ルリの手をとってしまった時はどうなることかと思いましたが、きちんと自分の気持ちを伝えてウェインのところに戻れて良かったです。
    私がリオンちゃんならどんな選択をするでしょうか…
    感情輸入がとてもしやすかったです
    1人で不安なのにここまで頑張ったリオンちゃんはすごいと思います。ウェインと幸せになって欲しいです^^*
    とても読みやすかったです。私自身吹奏楽部に入っていることもあり、なるほどなと思う部分もいくつかありました。最高の小説だと思います!
    これからも応援しています、頑張ってください!

    うみほたる。   2016/03/09 20:25